海上保安大学校の難易度・合格率・倍率

海上保安大学校とは

海上保安大学校は海上保安庁の幹部候補の養成を目的とした学校です。

広島県呉市に校舎があり、入学者は全員寮生活を行いながら本科4年、専攻科6カ月、国際業務課程3カ月の4年9カ月間学びます。

本科の1~2年間は基礎教育科目(哲学文学歴史学法学、法学演習、憲法など)で幅広い教養を身に付け、4年間を通して専門基礎科目(行動科学、行政法、国際法、民事法、刑法など)や訓練科目(けん銃、武器、水泳、潜水、救急安全法など)、実習科目(小型船舶、通信実習)を学びます。

2年目からは海上保安制度論、国際紛争論、海上犯罪捜査、捜索救助といったことを学ぶ専門科目が用意されているほか、航海・機関・情報通信といった3つの専攻に分かれてより専門的な科目を学んでいきます。

4年学んだあとの専攻科6カ月は練習船「こじま」に乗船し世界一周遠洋航海実習を行うなど、実務で役立つ教育を受けます。

そして最後の3カ月は国際業務課程となり、実用英語能力や国際関係知識など海上保安庁の幹部として身に付けておくべき知識の習得を行います。

在学中に得られる資格は選択する専門科目によって変わってきますが、3級海技士(航海・機関)や航空無線通信士、1級小型船舶操縦士などがあります。

なお、入学すれば国家公務員として扱われるので毎月給料を支給されるほか、入学金や授業料なども一切不要です。

海上保安官になるには

海上保安大学校の受験資格

海上保安大学校の受験資格に年齢制限はありませんが、誰でも受験できるわけではありません。

受験者資格は、4月1日時点で高等学校または中等教育学校の卒業日の翌日から2年を経過していない人または、試験年度の3月までに高等学校または中等教育学校を卒業見込みの人と定められています。

また、高等学校または中等教育学校を卒業していなくても、人事院が卒業と同等の資格があると認めれば海上保安大学校を受験できます。

なお、年齢制限を満たしていれば、海上保安大学校と海上保安学校の採用試験は併願することが可能です。

海上保安学校の難易度・合格率・倍率

海上保安大学校の難易度・勉強時間

海上保安大学校は毎年500~600人前後の受験者に対して合格者は80人前後で、倍率は6~7倍となっています。

偏差値など難易度をはかる指標は公表されていませんが国立大学並みの学力が必要といわれており、難易度は高い方といえるでしょう。

勉強時間は完全に人によるため断言できませんが、難易度を鑑みれば相当な時間を費やさなければ合格するのは難しいかもしれません。

海上保安大学校の倍率・合格率

海上保安大学校採用試験受験者数

海上保安大学校採用試験の受験者数は、前年度一度増加しましたが2014年度より年々減少しており、2018年度試験の受験者数は504人となりました。

海上保安大学校学生採用試験受験者数_2018

海上保安大学校試験採用倍率

海上保安大学校採用試験採用倍率は、7倍〜11倍の間で推移しています。2018年度試験の採用倍率は6.2倍でした。なお、合格者数は81人、うち男性67人、女性14人で男女比は男性82.7%、女性17.3%した。

海上保安大学校学生採用試験倍率_2018

2019年度 海上保安大学校学生採用試験の概要

試験日 ・一次試験:2019年10月26日(土)、10月27日(日)
・二次試験:2019年12月13日(金)
試験地 全国各地
受験資格 (1) 2019年4月1日において高等学校又は中等教育学校を卒業した日の翌日から起算して2年を経過していない者及び2020年3月 までに高等学校又は中等教育学校を卒業する見込みの者
(2) 高等専門学校の第3学年の課程を修了した者であって、2019年4月1日において当該課程を修了した日の翌日から起算して2年 を経過していないもの等人事院が(1)に掲げる者と同等の資格があると認める者

次のいずれかに該当する者は不合格となります。
・身長が男子157cm、女子150cmに満たない者
・体重が男子48kg、女子41kgに満たない者
・視力(裸眼又は矯正)がどちらか1眼でも0.6 に満たない者
・色覚に異常のある者(職務遂行に支障のない程度の者は差し支えない。)
・どちらか片耳でも2,000 、1,000 、500 各ヘルツでの検査結果をもとに算出した聴力レベルデシベルが、40デシベル以上の音の失聴のある者
・四肢の運動機能に異常のある者

試験科目

一次試験

<基礎能力試験>
公務員として必要な基礎的な能力(知能及び知識)についての筆記試験
 ・知能分野(文章理解、課題処理、数的処理、資料解釈)
 ・知識分野(自然科学、人文科学、社会科学)

<学科試験>
次の1~3についての筆記試験
数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B(数列、ベクトルの分野に限る。)
2英語Ⅰ、英語Ⅱ
3次のイまたはロのうち1科目選択
イ、物理Ⅰ  ロ、化学

<作文試験>
文章による表現力、課題に対する理解力などについての筆記試験

二次試験

<人物試験>
人柄、対人的能力などについての個別面接(参考として性格検査を実施)

<身体検査>
主として胸部疾患(胸部エックス線撮影を含む。)、血圧、尿その他一般内科系検査

<身体測定>
身長、体重、視力、色覚、聴力についての測定

<体力検査>
・上体起こし(膝を曲げ、あおむきに寝た姿勢で30秒間のうちに何回上体を起こすことができるかを検査します。男子21回以上、女子13回以上を基準とします。)
・反復横跳び(100cm間隔に引かれた3本のライン上で、20秒間のうちに何回サイドステップをすることができるかを検査します。男子44回以上、女子37回以上を基準とします。)
・鉄棒両手ぶら下がり(水平に設置された直径約2.8cmの鉄棒を両手で握り、両足を床から離してぶら下がり、10秒以上耐えることができるかを検査します。)

合格発表 ・一次試験:2019年12月6日(金)
・二次試験:2020年1月16日(木)
詳細情報 人事院 海上保安大学校学生採用試験(PDF)