「 その他」の職業・仕事

コンサルタント

企業が抱える課題を把握し、経営状態等を分析したうえで、有効な解決策を提案する。

コンサルタントは、民間企業や官公庁から依頼を受け、経営状態や今後の方向性に対して分析を行った上でアドバイスや指導をする専門家です。

経営のアドバイスをする「経営コンサルタント」、ITシステムの構築などを行う「ITコンサルタント」、建設技術の調査や設計を行う「建設コンサルタント」など、企業の業種や仕事内容によって、さまざまな種類のコンサルタントが活躍しています。

おもな活躍の場はコンサルティング業務を専門に行う法人や民間企業で活躍ですが、経験を積み、独立して個人で働いている人もいます。

コンサルタントの世界は徹底した実力主義であり、外資系企業では20代で年収1000万円を稼ぐ人も珍しくはありません。

グローバル化する社会において、多くの企業では課題が山積みとなっており、それらを第三者の立場から分析し、解決策を提示できる専門家として、コンサルタントのニーズはますます高まっています。

経営コンサルタント

クライアント企業の経営状況や問題点を分析し、経営改善のアドバイスをするスペシャリスト。

経営コンサルタントは、企業の経営のアドバイスをするスペシャリストです。

高い情報処理能力やコミュニケーション能力を生かしてクライアントの経営の課題を的確に分析し、最適な解決策を提示するのが仕事になります。

取引先は大企業から個人事業主までさまざまですが、企業によって「戦略系」「財務系」「人事系」「マネジメント系」と力を入れている専門分野は異なります。

採用の際に大卒の学歴を条件にしている企業もあるので、四年制の大学の経済学部や商学部で専門知識を身につけておくとよいでしょう。

年収は一般的に500万円~1000万円ほどになることが多く高収入といわれる業界です。

多くの企業が生き残りをかけて厳しい競争にさらされている現代社会で、ますます活躍が期待される職業です。

人事コンサルタント

「人材」や「組織」に関するプロとして、クライアント企業にアドバイスや提案を行う仕事。

人事コンサルタントは、おもに企業の人事制度や人事評価制度の設計を支援する仕事です。

クライアントとなる企業から依頼を受け、企業において不可欠な「人材」や「組織」についてプロフェッショナルの視点でアドバイスや助言を行っていきます。

コンサルティングファームやコンサルティング会社を中心に活躍できますが、経験者が優先して採用される傾向にあります。

個人の経験や能力が重視されやすい仕事であり、実力があれば若くして高額な収入を得ることもできるでしょう。

コンサルティング業界は成熟期に入っており、競争がより厳しくなっているため、さまざまな案件に携わって実績を残すことが、この仕事で長く成功を続ける重要な要素であるといえるでしょう。

社会起業家

医療問題や環境問題などの社会問題を、自ら立ち上げた事業を通じて解決することを目指す人。

社会に関するあらゆる問題を事業を通じて解決しようとする社会起業家。

その目的は社会貢献であり、利益は二の次です。常に新しい事業展開の構想を練り、息の長い企業にしていくことが持続的な社会貢献につながります。

社会への問題意識、それを変えたいと願う情熱があれば誰もが目指すことのできる職業です。

最近では社会的企業に関する基礎を教育機関で学べるようにもなってきています。

収入に関しては低い水準であることも多いですが、社会に貢献しているという自負が彼らを支えています。

もちろん、一般企業顔負けの利益を上げ、より良い社会貢献につなげている成功者もいます。

まだ歴史の浅い職業ですが目覚ましい活躍をしている先駆者が多数おり、盛り上がりのある業界であるといえます。

マジシャン

ショーなどで多様なマジック(奇術・手品)を披露し、お客さまに驚きと楽しみを与える。

マジック(奇術・手品)のプロフェッショナルであるマジシャン。

マジックを通して驚きや感動を与え、お客さんに夢のような時間をお届けするのが仕事です。

ホテルやレストランからお年寄り向けの施設や病院、さらにはマジックバーなど、さまざまな場所で活躍しています。

一度の公演ごとに報酬が決まっていることが多く収入としては少し不安定な傾向にありますが、他の人には真似できないオリジナルのマジックを追求するおもしろさや、お客さんに笑顔になってもらえる喜びが大きなやりがいとなります。

成功のためには、マジックそのものの実力だけではなく、トークでショーを盛り上げることができるコミュニケーション能力や、仕事を広げるための営業能力も重要です。

探偵

組織や個人から依頼を受け、法律の範囲内において、さまざまな身辺調査や警戒業務を行う。

探偵とは組織や個人からの依頼に基づき、さまざまな調査や警戒業務を行う仕事です。

開業の際には公的機関への届出が必要です。

個人や企業組織などを対象として、隠蔽された事柄や不正行為、犯罪にも関係してくるトラブルなどを調査します。

時には人間関係の精算や修復にまで介入することがありますが、活動内容はあくまで法律の範囲内にとどまります。

また警察が現実の刑事事件を中心に追求するのに対し、探偵業は刑事的には犯罪とならないものも多く、依頼人の民事上の問題の解決に協力することが主です。

民間の業者であるのでその活動は営利目的が基本であり、調査の対価として金銭的な報酬を受け取ります。

傭兵

フリーランスの軍人。海外の軍隊や軍事組織、民事軍事会社に雇われて戦争行為をする。

傭兵とは、海外の軍隊、軍事組織、民間軍事会社に雇われて戦闘行為を行うフリーランスの軍人のことです。

勤務先は海外の軍隊関連の組織となり、海外で戦地に赴き戦闘をすることになります。

実際に戦闘をする傭兵のほかに、情報通信を行う傭兵や銃器の使い方の指導行う傭兵もいます。

給料は雇い主からの報酬で決まり、参加する戦争や参加している期間によって報酬が変わります。

常に命の危険と隣り合わせになる仕事ですので、戦闘に関する高い知識と技術力、強靭な肉体と精神力も必要になります。

日本国内には軍隊がありませんので、勤務先は海外のみになります。

傭兵としての実績、認知度にもよりますが、実績のある傭兵になると報酬も高額になります。

占い師

多様な占いの技法を駆使して、相談者の人生や日常生活上の悩みに対してアドバイスをする。

占い師とは単に占いをする人ではなく、相談者の人生に訪れるさまざまな悩みを占いの技と人生経験上のアドバイスでもって解決する存在です。

占い師のもとに持ち込まれる相談は恋愛、不倫、結婚、離婚、家庭問題、金銭問題、事業相談とさまざま。

中には法律的知識や心理カウンセリングが必要な相談もあります。

占い師に必要なのは日々精進すること。

相談者のためを思って誠実に対応することを忘れずにいなければならないと言われています。

占いが100%当たることはありませんから、中には顧客の「当たらなかった」という言葉に自信をなくす人もいます。

しかし、そこでくじけると占い師を続けるのが更に困難になってしまいます。

占い師に必要なのは、自分が占いで生計を立てていくという覚悟。

そして、相談者の言葉に惑わされない精神的な強さです。

冒険家

国内外の海、山、川、極地などを旅して、人類の新たな発見や過酷なチャレンジをする。

冒険家とは、日本全国や世界の海、山、川、極地などを旅して、チャレンジを続ける人のことをいいます。

人類未踏の場所へ出かけ、新たな発見をすることが冒険の主な目的です。

なるために特別な資格や学歴は必要とされませんが、冒険家は職業としては確立していない部分が大きく、スポンサーを付けない限りは自分でアルバイトなどをしてお金を貯めて冒険に出るしかありません。

危険とわかっていることにもあえてチャレンジするのも冒険家の特徴であり、冒険によって命を落とした冒険家も過去にはいます。

有名になれば書籍の執筆や講演活動などで収入を得ることも可能です。

冒険家は夢とロマンあふれる生き方ですが、冒険に関する知識や技術と、恐怖に打ち勝つ精神力、強い熱意がなければとても続けていけないことだといえるでしょう。

鍵師

専門的な技術と道具を駆使して、家や自動車の鍵を複製や、鍵の解錠を行う。

鍵屋は、お客さまから依頼を受けて、家や自動車などの鍵の複製をしたり、「鍵を無くしてしまってドアが開かない」といったトラブルの際に、特別な技術と道具を使って解錠をしたりする仕事です。

なるために絶対に必要とされる資格や学歴はありませんが、職人的要素の強い職業であり、また専門知識と技術が必要とされることから、一人前になるためには鍵師の学校で基礎を学んだりプロの鍵師の下で修業を積んだりするなど、それなりの時間がかかります。

鍵師は、実力さえ身に付ければ比較的独立開業しやすい仕事であるため、別の業界からの転職を考える人も増えているようです。

ただし、最近は鍵師や鍵屋の数が増えており競争も厳しくなっているため、安定して稼ぎ続けるためには技術力のみならず、営業力も必要とされます。

執事

邸宅に仕える使用人の筆頭として家政全般を取り仕切り、主人やその家族へ給仕を行う。

執事とは、お屋敷などに仕える使用人の筆頭として、主に家政全般を取り仕切ったり、主人およびその家族への給仕をしたりする人のことをいいます。

この仕事に就くために特別な資格は必要ありませんが、富裕層の方がお客さまとなるため、執事にも高いレベルでの一般常識やマナー、接遇能力、英語力などが求められます。

お客さま宅に常駐し、朝晩関係なくお客さまに付きっ切りで働くこともあるなど大変な仕事ですが、全幅の信頼を寄せられた執事は、年収1000万円を超えるような高額な収入を得ることも可能です。

日本には執事の仕事について専門的に学べる学校がないため、もし学校で学びたいと思った場合には、執事発祥の地であるイギリスをはじめ、世界各国の執事学校への留学を検討する必要があります。

カジノディーラー

カジノの接客役。場の雰囲気を演出しながらゲームを進行させ、ゲストをもてなす。

カジノディーラーとは、カジノにおける接客役として、場を演出しながらゲスト(プレーヤー)をもてなし、楽しませる仕事です。

ただ単にゲームを進行させるだけでなく、常にゲストの様子に気を配り、どんな人にもカジノでの時間を楽しんでもらえるように配慮します。

そのため、ゲームのルール等に熟知していることはもちろん、サービスマンとしての高いスキルも必要とされる仕事です。

カジノディーラーになる一般的な方法は、カジノディーラー養成学校に通うか、アミューズメントカジノでスタッフとして働きながら現場でスキルを磨くかの2種類がありますが、現在、日本ではカジノが合法化されていないため、本格的なカジノで働きたい場合には基本的に海外で就職先を探すことになります。

カジノ解禁に向けた議論は国会で引き続き進められており、もし日本でカジノが誕生することになれば、カジノディーラーの需要は一気に高まるものと考えられます。

ユーチューバー

ユーチューブに動画をアップロードして視聴数を増やし、その広告収入で生計を立てる。

ユーチューバーとは一般的に、ユーチューブ(YouTube)にさまざまな動画をアップロードし、その広告収入によって生活している人のことをいいます。

ユーチューブの「パートナープログラム」に参加して動画を投稿すると、視聴数に応じた「広告費」が手元に入るしくみになっており、ユーチューバーはオリジナルの動画を次々に撮影・編集し、多くの視聴者を集めることによって収益を上げています。

ユーチューバーになるために必要な資格等はありませんが、多くの人に見てもらえる動画を作るためには、日々面白いアイデアを考え続けるセンスと、動画編集のスキルが必要です。

月収は0円に近い人から、数万円、数百万円あるいはそれ以上という人までさまざまです。

高額な年収を得ているユーチューバーは一握りであり、ユーチューブに動画投稿をしているほとんどの人は、普通に生活できるだけの収入を得ることすら困難とされています。

市場が盛り上がる一方、ユーチューバー同士のさらなる競争の激化が予測されています。

アフィリエイター

ウェブサイトに商品などの広告を掲載し、そこから収入を得て生計を立てる人。

アフィリエイターとは、所有するウェブサイトから広告収入を得て生計を立てる人のことをいいます。

ウェブ広告代理店、または企業から依頼を受けて広告を掲載し、ウェブサイトの訪問者が広告をクリックしたり、広告の商品を購入したりするごとに報酬を得ます。

ITに関する知識や流行やトレンドを掴む力は不可欠ですが、基本的にフリーランスで活動することになるため、学歴や資格が求められることはほとんどありません。

なかには高額な年収を得ている人もいますが、アフィリエイトのみで生活に十分な収入を得ることは難しく、本業の仕事をしながら副業としてアフィリエイターをする人も多くいます。

マーケットは大きく、アフィリエイターとして活躍できる余地はまだあるものの、ウェブ業界は変化が激しく、今後は商品とのタイアップ企画やイベントなど、商品と一歩進んだ関わり方を考えていく姿勢が必要になっていくかもしれません。

プロブロガー

趣味や本人の詳しい分野に関する情報ブログを運営し、そこに載せた広告から収入を得る。

プロブロガーは、趣味や本人の詳しい分野に関しての情報ブログを運営し、そこに載せた広告から収入を得る職業です。

プロブロガーの広告手段は大きく「クリック型広告」と「アフィリエイト広告」の2種類に分けられます。

ウェブサイト作成や運営に関わる知識、技術は必要ですが、学歴や資格はとくに必要ありません。

何よりも、訪問者を惹きつけることができるコンテンツを作成することが重要です。

プロブロガーはフリーランスで働くため、収入は個人の力量に大きく左右され、年収1000万円以上を稼ぐ人もいれば、年収200万円~300万円程度にとどまっている人もいます。

ブログも乱立している今、成功するのは簡単なことではありませんが、有名プロブロガーになると書籍出版・セミナーなどの依頼が来るようになり、純粋なブログ収益にプラスして収入が入るようにもなるでしょう。

ひよこ鑑定士

ニワトリのヒナの雄雌鑑別をする専門職。養鶏産業を陰で支えている。

ひよこ鑑定士は、ニワトリのヒナの雌雄鑑別をする仕事で、正式名称は「初生雛鑑別師」といいます。

早期からオスとメスで目的別のエサを与える必要があるため、養鶏産業にとって非常に重要な職業とされています。

この仕事に就くためには、まず初生雛鑑別師養成所の入所試験に合格する必要があります。

さらに3年ほど実務経験を積み、公益社団法人畜産技術協会の予備試験と高等考査に合格することで初生雛鑑別師資格が取得でき、それから大規模ふ化場などに就職して働く流れが一般的です。

就職先は決して多くないといわれますが、ひよこ鑑定士の高齢化が進み、若手の鑑定士を求めるところもあるようです。

給料はたいてい歩合制で、1羽につき4~5円、平均年収は500万円~600万円程度になるでしょう。

ヨーロッパでは需要が大きいため、海外での活躍を視野に入れて働く人もいるようです。

花火師

花火に使用する火薬を配合し、作り上げ、打ち上げる職人。熟練した技術が必要な仕事。

花火師とは、花火のための火薬を配合し、作り上げ、打ち上げる職人のことをいいます。

花火の製造作業は危険物である火薬類を扱うため、火薬類取締法における「製造作業に関する技術基準」と「保安管理技術」に基づいて行う必要があり、専門知識や技術を身につけて働く必要があります。

花火師の多くは煙火事業所に勤務していますが、その大半が小規模な組織であり、外部から従業員を新たに募集するケースはさほど多くないようです。

下積みを経てステップアップする職人の世界であるため、新人時代は月収10万円~15万円程度にとどまるでしょう。

さまざまな分野におけるIT化が進む現代社会ですが、花火製造に関しては機械化することが難しいとされており、専門知識や技術を身につけた職人の活躍が不可欠です。

実演販売士

家電量販店などの店頭に立ち、販売する商品を顧客に直接説明し、販促活動を行う。

実演販売士は、家電量販店、ホームセンターなどの店頭において販売する商品を店頭に並べ、顧客に商品の特長などを説明し、販促を行う仕事です。

最近ではTV通販による実演販売士の活躍も目立ち、タレントのような存在として認知される実演販売士もいます。

この仕事に就くうえで必要とされる資格はとくになく、実演販売士として登録できる会社に就職するのが最短ルートといえるでしょう。

別の業界からトークや販売力が認められて転身する人もいるようです。

給料は日給1万円~3万円程度とされますが、実力をつければフリーランスで活躍することもでき、実力が収入に大きく影響するといえるえしょう。

人気のある実演販売士はセールストークに優れていることから、企業の研修において講師として招かれるような場合もあるようです。

賞状書士

書道の師範免許などを持ち、賞状や卒業証書などに美しい文字を書く仕事。

賞状書士は、賞状や卒業証書などに美しい文字を書く仕事です。

各種賞状のほか、贈答品の表書きや各種宛名書き、感謝状や席札、名札、式次第、祝辞、ポスター、のし紙など多種多彩にある筆文字を手がけます。

特別な資格がなくても賞状書士になることはできますが、業務に関連する民間資格を取得したり、書道の師範免許や関連資格を持って仕事をする人が大半を占めています。

求人はあまり公開されておらず、資格を取得した民間団体に認定書士として登録され、紹介を受けることが必須になるでしょう。

収入は出来高制であり、賞状1枚につき2000円から5000円ほどが相場といわれます。

実力があれば多くの収入を得ることも可能ですが、現実としては主婦あるいは定年退職後の在宅ワークや、副業としてこの仕事を務める人が多くなっています。

登山家

山に登ることで生計を立てる人。登山ガイドや講演活動など多方面で活躍することも。

登山家は、山に登ることで生計を立てている人のことをいいます。

ただし、純粋に山に登るだけで収入を得ることは難しく、登山ガイドや執筆活動、講演活動などを生業としながら山に登る人が多くを占めています。

また、世界の山々に登り続けるためには莫大な費用がかかるため、登山家としての生活を続けるには企業とスポンサー契約を結ぶ必要があります。

日本では登山家そのものが職業として確立されているとはいえず、大規模なスポンサー契約が可能な登山家は日本に数十人程度しか存在しないといわれます。

登山家を目指すのは山を心から愛する人であるため、現実的には、山や登山に関連するビジネスをして日々生活し、その合間をぬって登山する人が大半を占めています。