「入国審査官」とは

入国審査官_画像

空港や港の地方入国管理局などに勤務し、日本に出入国する外国人の審査と管理を行う。

入国審査官は、出入国する人の審査や日本にいる外国人の管理をし、日本の安全を守る仕事です。

入国審査官の仕事は、日本に訪れる外国人の入国の可否を決定する「出入国の審査」、不法入国、不法滞在者を取り締まる「違反審査」、在留期間の変更を審査する「在留資格審査」などです。

入国審査官としての独自の採用試験はなく、まずは、各地方にある法務省入国管理局の採用試験に合格することが必要です。

法務省に所属する国家公務員であるため、国家公務員の試験に合格していなければなりません。

外国人を相手にした私事になるため、働く際には語学力が必要になります。

また、仕事量が多いので、事務処理能力も求められます。

「入国審査官」の仕事紹介

入国審査官の仕事内容

出入国する人を管理し、国内の治安を守る

入国審査官は、空港や港などにある地方入国管理局や出張所に勤務し、日本に出入国する外国人や出帰国する日本人の審査・管理を行う職業です。

入国時に、パスポートやビザ、入国目的、滞在日数などを確認する「入国審査」を行うことがおもな業務で、不法入国や犯罪者の入国、拳銃や麻薬の密輸などを事前に防ぎます。

また、入国後の外国人について、不法入国が発覚したり、滞在期間が許可日数を超過していた場合などは、入国警備官と共に容疑者を取り調べる「違反審査」を行います。

そのほか、日本に滞在する外国人に対して、在留できる期間を定めたり、滞在延長や滞在目的変更の申請があった際にそれらの審査を行うことも、入国審査官の仕事の一つです。

入国審査官の就職先・活躍の場

入国管理局や関係機関に勤める

入国審査官は、法務省入国管理局に所属する国家公務員という身分ですが、勤務先は法務省ではなく、地方の入国管理局や支局、出張所、入管管理センターなどです。

空港や港など、出入国審査が必要となる海外との玄関口は全国各地にありますので、入国審査官も、北は北海道から南は沖縄まで、日本中に転勤する可能性があります。

また、人材交流や育成のために、他の省庁に出向したり、海外にある在外公館に勤務するケースも珍しくないようです。

入国審査官の1日

空港や港ではシフト制で働く

入国審査官のスケジュールは勤務先によって大きく異なり、入国管理局の事務所で日勤する場合もあれば、空港などで24時間体制のシフト勤務をこなす場合もあります。

一例として、空港で働く夜勤職員の1日をご紹介します。

12:00 出勤
打ち合わせを行い、注意事項などを共有します。

12:30 審査
審査ブースにて、出入国審査業務を行います。

17:00 デスクワーク
事務室で報告書の作成などを行います。

22:00 片付け
フライトスケジュールが終了したら、片付けを行います。

0:00 仮眠

5:30 審査
空港が稼働したら、審査を再開します。

11:00 業務終了
引継ぎを行って、帰宅します。

入国審査官になるには

国家公務員試験を受けることが第一歩

入国審査官になるための独自試験は存在しておらず、まずは国家公務員一般職もしくは総合職の採用試験を受け、合格する必要があります。

試験に合格した後は、希望する地域の入国管理局へ「官庁訪問」を行い、面接を受けます。

面接の結果、いずれかの入国管理局で採用されると、「法務事務官」として働き始め、総務や会計といった審査以外の業務をこなします。

法務事務官として数年間の業務経験を積んだ後に、ようやく入国審査官になり、審査業務を担当できるようになります。

入国審査官の学校・学費

受験する試験区分に応じた学歴が必要

国家公務員一般職採用試験は大卒程度と高卒程度、総合職採用試験は院卒者と大卒程度の2区分ずつがあり、それぞれの区分に応じた学歴を有していることが条件になります。

大卒程度試験では、法律や政治、行政、経済、国際社会などに関する問題が出題されますので、法学部や政治経済学部などで学んでいると役に立つでしょう。

なお、国家公務員試験は非常に競争率の高い難関であるため、予備校に通って専門的に対策を立てる受験生も多いようです。

入国審査官の資格・試験の難易度

数度にわたる試験を突破しなければならない

国家公務員一般職の合格倍率は、大卒程度で4倍前後、高卒程度で6倍前後となっており、一時期に比べれば倍率はやや低くなっていますが、難関であることに変わりはありません。

また、試験に合格しても、官庁訪問における面接、さらにその後実施される人事院での面接で不採用となるケースもありますので、入国審査官となるための実質的な倍率はさらに高くなります。

国家公務員総合職試験については、例年入国管理局に採用される総合職の人数は5名前後と極めて少ないため、非常に厳しい競争を勝ち抜かなくてはならないでしょう。

入国審査官の給料・年収

待遇はかなり手厚い

入国審査官の給料は、国家公務員行政職俸給表(一)の給料が適用されます。

地域や勤続年数、採用区分などによって差がありますが、平均年収は600万円~700万円前後となるようです。

また、上級入国審査官、統括審査官、主席審査官、係長などの幹部職へ昇進すると、より高給となり、1000万円以上を得ることも可能です。

加えて、全国に用意されている公務員専用の宿舎が利用できるほか、一般の賃貸住宅に入居する場合は住居手当も支給されますので、経済的な不安はほぼないといえるでしょう。

入国審査官のやりがい、楽しさ

専門性を生かして日本の治安を守る

入国審査官は、外国人の不法入国を食い止め、犯罪を抑止して日本の治安を維持するという重い役割を担っています。

審査の結果、不正入国の外国人を発見したり、現地調査によって虚偽の申告を暴き、不正在留する外国人を退去させたときには、日本の治安維持に貢献できたというやりがいを得られるようです。

また、さまざまな国籍の外国人を相手にしなければならないため、英語をはじめ、中国語やスペイン語など、複数の語学が必要になります。

学生時代などに培った語学力や海外経験を、日本を守るために生かせるという点も入国審査官の大きな魅力です。

入国審査官のつらいこと、大変なこと

業務の難易度が増している

近年は、観光だけでなく、日本企業への就労、業務研修、国際結婚、留学など、外国人が入国する目的は多様化する傾向にあります。

このため、不法入国しようとする外国人や、テロリストなどの犯罪者を的確に見抜くことは、以前よりもさらに困難になっているといえます。

犯罪を水際で食い止める入国審査官には、冷静な判断力、豊富な経験、さまざまな法律知識、多言語を操れる語学力など、多くのスキルを高いレベルで兼ね備えていることが必要になっています。

入国審査官に向いている人・適性

外国人に後れを取らない度胸のある人

在留している外国人の中には、定められた期間を超過していたり、不法目的で滞在している人もいます。

外国人在留者を直接取り締まるのは入国警備官の仕事ですが、入国審査官もそれらの在留者に対して、違法であるかどうかを審査する役割を負っています。

不法滞在者に対しては、ひるむことなく掘り下げた質問をしなくてはなりませんし、危険人物と判断した場合は、関係各所に引き渡すなど然るべき処置を取らなくてはなりません。

入国審査官には、有事の際には毅然とした態度で相手に接することができる、物怖じしない人が向いているでしょう。

入国審査官志望動機・目指すきっかけ

専門性を生かしたい人が多い

入国審査官は、入国管理法や難民認定法などの法律知識と、英語や中国語など複数の言語を使いこなせる高い語学力が必要になる専門性の高い仕事です。

学生時代に法律や語学を学んだ経験があり、それらのスキルを仕事に生かせる職業として、入国審査官を志望する人が多いようです。

また、入国審査官は日常的に外国人と接する機会があるため、海外留学などでグローバルコミュニケーションの楽しさを知った人が目指すケースも珍しくありません。

入国審査官の雇用形態・働き方

入国審査官の労働環境は悪化している

近年は外国人観光客が急増していることもあり、入国する外国人が多い年末年始や連休の時期は、空港の審査ブースに長蛇の列ができてしまうことも珍しくありません。

厳格に入国審査をしつつも、お客さまを長く待たせないよう迅速に処理しなくてはならないため、ろくに休憩も取れないまま長時間勤務にあたるケースもあり、入国審査官の負担は重くなっています。

ただ、入国審査にかかる時間を短縮するため、顔認証システムによって入出国時のスタンプなどを省略する「スマートゲート」を導入している空港もあり、一部ではありますが改善の兆しもみられます。

入国審査官の勤務時間・休日・生活

空港などでは早朝勤務や当直もある

入国審査官は国家公務員であり、勤務時間は1週間あたり38時間45分と定められていますが、勤務体系は職場によって大きく異なります。

入国管理局などでデスクワークを行う場合、8:30~17:00前後の日勤となることが一般的ですが、国際空港などでは24時間飛行機が離発着するため、早朝勤務や夜勤を含めたシフト制になります。

休日についても、基本的に週休二日制であり、シフト制の場合は4週間に8日と定められていますが、交代で休みを取得することになるため、どうしても不規則になりがちです。

入国審査官の求人・就職状況・需要

空港勤務の需要は大きく増えている

日本経済や文化の発展のために政府は「観光立国」を掲げており、今後もより多くの外国人観光客が日本を訪れることが予想されます。

こうした状況に対応するため、出入国の多い7つの空港(新千歳、羽田、成田、中部、関西)を中心に、入国審査官の大幅増員が計画されています。

国家公務員試験を突破した後に行われる官庁訪問では、それらの空港を管轄する札幌入国管理局や東京入国管理局、名古屋入国管理局、大阪入国管理局を志望すると、チャンスが大きいかもしれません。

入国審査官の転職状況・未経験採用

40歳までは入国審査官になる道がある

国家公務員試験は、大卒程度区分、高卒程度区分とも、学歴要件に加えて30歳未満という年齢制限がありますが、それらを満たしていれば会社員などであっても受験することは可能です。

また、30歳以上の人でも、40歳未満であれば国家公務員一般職試験の「社会人区分」を受験する資格がありますので、民間企業などから入国審査官に転職することもできます。

ただし、社会人区分の採用人数は他の区分と比べて圧倒的に少なく、合格率は1%に満たない非常に狭き門となっていますので、20代のうちに転職することが望ましいでしょう。

入国審査官の現状と将来性・今後の見通し

入国審査官の仕事は今後も増え続ける

グローバル化が進展する社会は一長一短があり、観光面などで経済的メリットが得られる一方、外国人の不法滞在やテロなどで治安が悪化する恐れもあります。

しかし、少子高齢化が進む日本においては、労働力確保のためにより一層の外国人労働者を受け入れる必要があることは間違いなく、今後も外国人の入国は増え続ける見通しです。

空港や港などの玄関口で不法入国や犯罪を食い止める入国審査官の役割は、ますます重要性を増してくると思われます。