国家公務員の給料・年収

国家公務員の平均年収・給料の統計データ

国家公務員の平均年収・月収・ボーナス

国家公務員給与実態調査

国家公務員の給料は、法令によって「行政職」「税務職」「公安職」などの職種(俸給表)ごとに詳細が定められています。

「平成31年国家公務員給与等実態調査報告書」によると、給与法等の適用を受ける国家公務員全体の平均給与月額は、417,683円(平均年齢43.1歳、平均経験年数21.3年)となっています。

これは「俸給」といういわゆる基本給に、地域手当や寒冷地手当、本府省業務調整手当等を加えた額です。

また、最も多くの人が該当する「行政職俸給表(一)」の俸給表の平均給与月額は、411,123円(平均年齢43.4歳、平均経験年数21.6年)となっています。

出典:人事院給与局「平成31年 国家公務員給与等実態調査報告書」

国家公務員の手取りの平均月収・年収・ボーナスは

給与体系は民間の給与水準を基にして毎年更新されるため、基本的には不況が続けば引き下げられ、景気が良くなると引き上げられます。

国家公務員全体の平均年収は600万円~700万円前後で推移しており、民間企業の平均年収が420~430万円程度とされることを考えると、それよりもだいぶ高水準となっています。

公務員は年齢が上がると給料も増えるので、長く働くほど多くの収入が見込めるようになります。

もちろんボーナスの支給もあります。

公務員のボーナスは「勤勉手当」と「期末手当」の2種類から成り立っており、それぞれの手当が年に1回ずつ、合計で年に2回の支給があります。

ボーナスが何ヵ月分支給されるかは、民間企業(従業員数が50人以上いる事業所)の給与やボーナス状況を基に決められます。

平成30年度は月給の4.45カ月分となっており、平均支給額は勤勉手当が約71万円、期末手当が約65.5万円で、年間約136.5万円が支給されています。

国家公務員の初任給はどれくらい?

国家公務員の給料は「俸給表」によって定められており、初任給は学歴や採用区分によって違いがあります。

たとえば、平成31年度4月に採用された人の初任給(行政職俸給表(一))は、総合職(院卒)で213,000円、総合職(大卒)で186,700円、一般職(大卒)で182,000円、一般職(高卒)で150,600円となっています。

出典:人事院勧告「国家公務員の給与」

学歴が高く、難易度が高いとされる採用試験によって採用された人ほど、初任給は高めに設定されています。

国家公務員の福利厚生の特徴は?

国家公務員の福利厚生は充実しているといわれることが多くあります。

手当については、職務に関連するものから職員の生活を支えてくれるものなどまでさまざまなものがあります。

具体的には「扶養手当」「通勤手当」「住居手当」「単身赴任手当」「地域手当」「特殊勤務手当」などがあり、勤務地や職務などによって、該当する手当が基本給とは別に支給されます。

休暇制度は、大きく分けて「年次休暇」「病気休暇」「特別休暇」「介護休暇」があり、なかでも特別休暇はボランティア活動、選挙権等公民権の行使、官公署への出頭、子の看護など、さまざまな理由で取得できる休暇制度となっています。

その他、官舎・宿舎の利用、公務員の共済組合への加入、退職時には勤続年数や退職理由の別に応じた「退職金」の支給など、さまざまな福利厚生が整っています。

福利厚生の面で、大きな不安を感じることはほとんどないはずです。

国家公務員の給料・年収の特徴

年功序列の要素がある

国家公務員の給料は、基本的に民間の水準から大きく外れた設定になっているわけではありません。

しかしながら、年功序列の給与体系でもありますので、勤続年数が長くなってくると民間に勤務する会社員よりも高額な年収が得られるケースが多いことが特徴です。

国家公務員には退職金の支給もあり、定年退職の場合、平均で2000万円を超える支給がなされていますので、生涯所得は民間企業で働く人を大きく上回る場合が多いでしょう。

採用区分によって出世に大きく差が出る

国家公務員の特徴として、どの区分で採用されたかによって、その後の出世に大きな差が出ることが挙げられます。

たとえば同じ大卒の人であれば、総合職と一般職の初任給の差にはほとんど差はありませんが、総合職が若いうちからどんどん出世していくのに対し、一般職では出世スピードもやや遅めで、就ける役職にも限界があります。

国家公務員の給料は年齢だけでなく、階級や役職によっても決まってきますので、総合職の人の年収はとくに高くなりやすいです。

国家公務員が収入を上げるためには?

国家公務員は、専門性の高い仕事や特殊な職務に就いたり、役職が上がったり、勤続年数が長くなって40歳や50歳を超えてきたりすると、民間に勤務する会社員よりも高額な年収が得られるケースが多いです。

「官僚」や「キャリア」といわれる国家公務員総合職では、出世すると年収1000万円を超える人も出てきます。

高卒でキャリア官僚になるのはかなり厳しいとされるので、国家公務員として高収入を望むのであれば、難関大学へ進み、はじめから出世しやすい職種を選ぶほうがよいでしょう。

ただし、高い給料が期待できる立場になると、それだけ難易度が高く、責任の重い仕事を任される可能性があります。

楽に高い給料が得られるわけではありませんので、苦労や厳しいことも受け入れ、乗り越える覚悟が必要です。