検事になるには・どんな資格が必要?

検事になるまでの道のり

検事を志す場合、一般的なルートは高校卒業後に4年制大学の法学部に入学します。

卒業後は法科大学院に進み3年間、法曹(弁護士、検事、裁判官)になるために必要な能力と学識を学びます。

法科大学院を修了することで司法試験の受験資格をようやく得ることができますが合格すれば検事になれるわけではありません。

難関である司法試験を突破した後は裁判所法で定められた司法修習を1年間受け、実際の現場で働いたり、修習所で法律の講義を受け法律のプロフェッショナルとしての知識を身に付けていきます。

その後、司法修習生考試(通称:二回試験)を受けて合格すればやっと検事や弁護士、裁判官になるための法曹資格を得られますが、あくまでも「資格を得た」だけで必ず検事なれるわけではありません。

司法修習生考試合格者で検事をする人は、検事採用面接が待っています。

検事の採用の判断基準は「能力・適性・人格・識見に優れた方を総合的に判断した上、採用されます」と定められています。

そうした基準に照らし合わせ、検事として適性があると判断されればやっと合格となります。

検事になるための資格を得るだけでも高校卒業後、最短でも約8年は要し、さらに検事として任官されるには検事採用面接を合格しなければいけません。

検事の資格・難易度

検事になるには法曹資格を得て、採用面接に合格しなければいけません。

法曹資格は司法試験に合格したあとに、約1年間の司法修習を修了し、司法修習生考試(通称:二回試験)に合格することでやっと得ることができます。

第一関門となる司法試験の合格率は30~35%程度となっており、受験学生の学歴を考えると非常に難易度は高いといえるでしょう。

司法試験には受験制限があり、法科大学院修了後または予備試験合格後、5年以内がリミットです。

司法試験は年一回行われているのでチャンスは5回しかないということです。

そして最終関門となる司法修習生考試(二回試験)は毎年受験者数の3%程度が不合格になっているようです。

司法試験同様、受験回数に制限があり、司法修習生考試(二回試験)の受験回数は3回までと制限されています。

合格すれば法曹資格を得られ、その後に採用面接が待っていますが、司法修習生考試に合格すればよほどのことがない限り不合格にはならないようです。

検事になるための学校の種類

検事になるためには、前記してきた通り司法試験の合格が大前提です。

司法試験は法科大学院の修了または予備試験の合格によって受験資格が得られます。

法科大学院への進学を希望する場合、4年生大学の法学部で学ぶのが一般的で、予備試験を突破して司法試験にチャレンジする場合は予備試験対策を講じている予備校や専門学校で学ぶのが一般的です。

司法試験に強い大学としては中央大学、慶應義塾大学、東京大学、早稲田大学、京都大学あたりが有名で毎年100名以上の合格者を出しています。

中でも中央大学は名門として有名で、司法試験へのサポートは充実しているため法曹を目指す多くの学生が集まります。

検事になるためにはどんな大学・学部にいけばいい? 学歴は必要?

検事に向いている人

正義感のある人

正義感を持つのは検事の職務を果たすための大前提かと思います。

被疑者に対し適切な刑罰を求め更生を促す心、そもそも安心して暮らせる社会を実現するため、犯罪を許さない正義感は検事の仕事をこなす上でのモチベーションになるでしょう。

心のコントロールができる人

検事は公訴権を持つ唯一の職業であり、それだけ大きな権力を持った職業といえます。

影響力の大きな仕事であるため、どのような状況においても感情的な判断をせず、冷静かつ理性的に対処できなくてはいけません。

判断力のある人

捜査や取り調べは限られた期間内に行わなければならず、起訴するか否かの判断も常に迫られます。

裁判中もあらゆる事態に対応しなければならず、被疑者に刑罰を与えるためにも正しい判断力が求められるでしょう。

タフな人

検事の仕事は激務である上に、自分の判断で人の人生を左右するため責任も重大です。

毎日そのような状況で仕事をするため、肉体的にも精神的にもタフであることが求められるでしょう。

検事に向いている人・適性・必要なスキル

検事のキャリアプラン・キャリアパス

検事のキャリアは、新任検事、新任明け検事、A庁検事、三席検事、次席検事、検事正、検事長、検事総長とステップアップしていきます。

A庁検事を終えるまでの期間が5年ほどとなっており、ここまでが検事の指導・育成期間と位置付けられています。

つまり5年目以降から一人前の検事として認められたと同時に、法律を扱うスペシャリストとして認められたと言っても過言ではないでしょう。

検事を目指せる年齢は?

検事になるための年齢制限はありません。

ただし、司法試験を受験資格は法科大学院修了後または予備試験合格後、5年以内が限度と決められています。

さらに司法修習生考試(二回試験)にも制限があり、受験回数は3回までと定められています。

年齢制限はありませんが、検事になるための試験には回数制限があることを留めておきましょう。

検事は高卒から目指せる?

結論から言うと、高卒でも検事になれます。

検事になるにはまず司法試験を突破しなければいけませんが、代表的なルートは4年制大学の法学部を卒業し、法科大学院を経由し司法試験の受験資格を得るのが一般的です。

ほかにも予備試験に合格するというルートがあり、予備試験には受験資格に制限がないため高卒でもチャレンジできます。

ちなみに予備試験の試験科目は短答式試験、論文式試験、口述試験の3科目が行われます。

検事は女性でもなれる?

当然ながら女性でも検事になれますし、年々女性検事の任官数も増えています。

2018年の検事任官者は69人ですが、その内女性任官者は21人で男女比でいうと30%となり、検察官全体でみると、2018年で2000人弱いる検察官の内女性比率は約25%となっています。

20年前にあたる1998年は、女性割合がわずか8%だったのに比べると格段に女性検事が増えているのがわかります。

検察庁としても女性が活躍しやすい環境整備を進めていますので、今後はますます、女性検事が増えていくと考えられています。

女性の検事のキャリアパス・結婚後の生活