検事と弁護士の違い

検事弁護士の仕事内容の違い

検事と弁護士は同じ法律のスペシャリストではありますが、仕事内容は正反対といっていいでしょう。

検事は事件の被疑者を起訴するか否かの権限を持つ国家公務員で依頼人は存在せず、当然事件ごとに金銭も発生しません。

対して弁護士は依頼人が存在し、依頼人の自由や財産などを守るために法律を駆使して問題解決にあたることで報酬を得ます。

また、検事が扱う事件は刑事事件が主なのに対し、弁護士は刑事事件はもちろん、交通事故や離婚問題、金銭トラブルなどの民事事件も多く扱います。

弁護士によって得意分野があり、自分で活躍するフィールドを選べるのも特長です。

会社などの組織に属する場合もあれば、個人事務所を開設して仕事を請ける場合など、働き方の自由度が高いも特長といえるでしょう。

弁護士の仕事

検事と弁護士、なる方法・資格・スキルの違い

検事と弁護士はともに4年制大学の法学部などを経て、司法試験を突破するのが第一関門です。

司法試験に合格した後は法律のプロを育成するための司法修習を1年間受けます。

司法修習は検事、弁護士、裁判官といった法曹になるために必ず受けなければいけない裁判所法で定められた教育で、高い倫理観と職業意識、実務で必要な知識や技法を学びます。

その後、二回試験と呼ばれる司法修習生考試を受け、合格することで検事や弁護士になる資格が得られます。

ここまでは検事も弁護士も同じですが、実際働く上では若干必要とするスキルは変わってくるでしょう。

検事は被疑者の犯罪の真相を追求し、罪に応じた刑罰を求めるのが職務ですので刑事訴訟法や刑法など刑事系法律の高度な知識に加え、調査能力も必要です。

対して弁護士は依頼人を守るのが第一の職務ですので、量刑を軽くするための弁護能力が問われる上に、刑事事件だけでなく、民事事件も取り扱うため、幅広い法律知識も求められるでしょう。

検事と弁護士の学校・学費の違い

弁護士と検事になるために通うべき学校は基本的に同じです。

一般的な方法は、4年制大学の法学部などを卒業し、その後、法科大学院に進みます。

法科大学院では3年間、法曹(弁護士、検事、裁判官)としての必要な能力と学識を養い、修了すれば新司法試験の受験資格と法務博士(専門職)の学位を得られます。

ほかの方法としては予備試験を突破し、司法試験に挑むケースがあります。

予備試験の場合は学歴による受験資格はありませんので、自分にあった方法で目指せますが予備試験の難易度を考えると独学では難しく、資格学校や予備校など何かしらの学校に通うのが現実的といえるでしょう。

学費は選択する方法によって大きく変わります、国公立大学に通えば約240万円、私立大学の場合は約430万円(いずれも4年間)が一般的な学費です。

その後、法科大学院に進みますが当然学費が発生し、国公立大学の場合は学費だけで約80万円、私立大学の場合は大学によりますが平均すると約140万円といわれています(いずれも1年間の学費)。

予備試験を選択する場合、仮に専門学校に通うとすれば2年間でおよそ220万円かかるといわれており、1年換算すれば私立大学と同額です。

検事と弁護士の給料・待遇の違い

検事の仕事は忙しいですが、国家公務員としての安定した待遇は魅力といえるでしょう。

新任検事の場合は年収300万円前後ですが、検事一号になれば年収1000万円を超え、東京高等検察庁検事長やその他検事長などになれば年収1500~1700万円にもなるといわれています。

弁護士の場合は民間企業や個人事務所であるため、自分の頑張り次第で大きく変わりそうです。

法務省から発表されてる資料によると、1年目の平均年収は330万円、5年目の平均年収は680万円、15年目の平均年収は1300万円と当然ながら経験年数を重ねれば上がっていく傾向にあります。

いずれにせよ一般的な会社員に比べれば年収が高い職種といえます。

検事と弁護士はどっちがおすすめ?

どちらがおすすめかは仕事に対する目標に左右されるため人それぞれです。

検事の場合は仕事柄正義感の強い人がおすすめではないでしょうか。

事件の真相を解明し、被疑者に適正な刑罰を与え、場合により更生を促すのは国民の社会生活を安全にすることであり、その目的を達成するのがやりがいといえるでしょう。

弁護士場合、扱う案件によって得意不得意があると思いますが、総じてコミュニケーション力や精神力が高い人は向いているでしょう。

依頼人との意思疎通はもちろん、相手方の検察や弁護士、裁判官に正当性を訴えるにはコミュケーション力が高くないと伝わりません。

また依頼人がいるということは対峙する相手が存在しているということです。

裁判で勝利すれば相手方は不幸になる可能性があるだけでなく、結果次第では依頼人の人生も左右することになります。

そうした大きなプレッシャーに負けない精神力を持っている人は弁護士に向いているでしょう。