「運輸・乗り物」系の職業・仕事

パイロット 航空管制官の指示の下に専門技術を駆使して航空機を操縦し、安全なフライトを実現する

パイロットは、航空機を操縦する仕事です。出発前のミーティングで、気象データや空港の状態、航空機の整備状況や飛行高度、燃料などについて確認をし、航空機の点検なども行います。フライト中は、計器類やレーダーをチェックしたり、管制官と連絡を取りながら、安全に航行できるよう航路を定めます。勤務先は、航空会社のほか、航空機を保有している新聞社やテレビ局、消防や警察などです。航空会社のパイロットになるには、航空会社の自社養成パイロット採用試験に合格することが必要です。航空大学校の卒業生は、パイロットへの就職率が非常に高いですが、入試の難易度もかなり高いものとなっています。高収入の仕事ですが、機長になるまでには長い時間がかかります。

客室乗務員 パイロットと協力し合い、旅客機内での保安管理と乗客への機内サービスを行う

客室乗務員(CA、キャビンアテンダント、フライトアテンダント)とは、旅客機に搭乗し、乗客の搭乗から到着までのさまざまな業務を行う仕事です。機内食や新聞、雑誌、毛布の配布と回収、免税品の販売などを行う「機内サービス」と、急病人への救急処置、天候の悪化時の機内の安全確保などを行う「保安管理」の役割を担います。客室乗務員は、大学卒のほか、エアラインスクールからの採用もあります。身長制限があるほか、語学力も必要です。採用試験に合格しても、最初は契約社員としての採用となり、のちに正社員に切り替わる雇用体系が一般的です。長時間のフライトでの立ち仕事に加え、国際線の場合、時差にも対応しなければならないため、華やかな仕事ではありますが、体力も求められます。

航空整備士 膨大な部品から成り立つ航空機の整備・点検を行い、フライト中の事故を未然に防ぐ

航空整備士は、航空機の整備や点検を行う仕事です。航空機は非常に複雑な仕組みであり、最先端の機器の集合体であるため、整備は専門のチームに分かれて、分担して作業を行います。一般的な勤務先は航空会社の系列の航空整備会社になりますが、航空機やヘリコプターを保有する新聞社やテレビ局、警察や消防などでも活躍しています。航空整備会社で働く人の多くは、航空の専門学校か大学の工学部を卒業しています。航空整備士の資格は複数あり、大型の旅客機の場合には専用の資格試験もあるため、就職後も継続して勉強していくことが必要になります。航空整備は24時間体制で行われるため、勤務体系はシフト制です。深夜の作業も多く、不規則な生活スタイルになります。

航空管制官 地上から航空機へ安全な飛行ルートや気象情報に関する指示を出し、空の交通整理を行う

航空管制官は、航空機が安全に離着陸し、他の航空機にぶつからずに空を飛べるように指示や情報をパイロットに伝える仕事です。レーダーや無線を用いて刻々と変わる状況を把握し、事故が起こらないように細心の注意を払って航空機に指示を与えます。勤務地には全国の空港と札幌・東京・福岡・那覇にある航空交通管制部になりますが、国土交通相に所属する国家公務員となるため転勤があります。航空管制官になるには、国土交通省が行う航空管制官採用試験に合格することが必要です。語学力が求められる試験で、競争率も高く、簡単には合格することはできません。公務員なので待遇は安定していますが、勤務地によっては24時間体制となるため、シフト制での勤務となることもあります。

ディスパッチャー 航空機が安全に空を飛べるよう、気象状況などの情報を集めてフライトプランを作成する

ディスパッチャー(運航管理者)は、航空機がフライトを行う前に、気象情報や機体の整備状態、乗客や搭載貨物の重量などあらゆる情報をまとめ、航空機が安全に目的地へたどり着けるための「フライトプラン」を作る仕事です。主な活躍の場は航空会社の運航管理部門、あるいは運航管理業務を専門に行う航空会社の関連会社であり、国家資格である「運航管理者技能検定」を取得することで、一人前のディスパッチャーとして働けるようになります。正社員で働く場合の平均年収は、300万〜500万円がボリュームゾーンで、経験に応じて収入はアップします。気象や航空法、航空機の仕組みなど、航空に関するあらゆる情報に精通し、フライト中は地上から無線を通じて機長のサポートを行うことから、「地上のキャプテン」とも呼ばれます。

航海士 作成した航海計画に基づき、気象や潮流の状況を踏まえて船を操縦し、船員の指揮をとる

航海士は、船に乗り、船の操縦や指揮、荷物の管理を行う仕事です。肉眼やGPS、太陽や星の計測などによって、現在地を把握し、気象状況や潮流を考慮しながら、安全に航海できるよう指揮をします。また、出入港の指示なども行います。航海士になるためには、商船大学や海上技術短期大学校などで学び、海技士国家試験に合格したのち、船舶会社や商船会社の海上職採用試験に合格することが必要です。航海士の勤務体系は、2ヶ月乗船して20日休みなど、長期勤務と長期休暇を繰り返すことが特徴です。コスト削減の流れを受け、外国航路の船舶は、人件費が安い東南アジア人の航海士が中心となっており、日本人航海士は国内航路がメインになってきています。

電車運転士 高度な技術で電車を動かす。車内の点検や整備にも責任を持ち、安全な運行を実現する

電車運転士は、列車の運転をする仕事ですが、簡単な仕事ではなく、運転は職人技とも言われています。安全に運転をし、電車を正確に到着させるために、天候や線路の状態、乗客数などを考慮して、加速やブレーキを調整しています。また、出発前の点検作業や到着後の報告、事故の対応なども行います。電車運転士になるためには、鉄道会社に就職することが必要です。学歴は特に問われませんが、工業高校や商業高校の卒業生の採用実績が多くなっています。入社後は駅員や車掌を数年経験し、適正が認められれば電車運転士の道に進むことができます。待遇は安定していますが、都市部の大手鉄道会社と地方の鉄道会社とでは、給料に開きがあります。

車掌 駅のホーム上や電車の車内で適切な案内を行い、電車運転士と協力して乗客の命を守る

車掌は、電車運転士と協力し、乗客を目的地まで安全に届ける仕事です。電車出発・到着時の確認や車内放送、事故の対応などを行います。車掌になるためには、鉄道会社に入社することが必要です学歴は特に問われませんが、大卒は事務員としての採用が中心となり、乗務員の採用は工業高校や商業高校の卒業生が多くなっています。入社すると、まずは駅員から勤務がスタートします。車掌になりたいという希望が通り、車掌の訓練を受け、試験に合格すると車掌として働くことができるようになります。なお、車掌として2年ほど勤務すると、電車運転士を志願することができるようになります。勤務時間はシフト制となり、不規則な生活になりますが、一日の乗車時間は8時間ほどとなります。

運転手 タクシー、バス、トラックに乗務し、お客さまや貨物を目的地まで安全に送り届ける

運転手とは、タクシー、バス、トラックに乗り、お客さまや貨物を目的地まで安全かつ確実に届けるプロのドライバーのことを言います。多くの運転手は、タクシー会社やバス会社、運送会社に勤めています。運転手として働くためには、運転する車に応じた運転免許の取得が必要になるほか、地理に関する勉強をしたり社内の技術研修を受ける必要があります。業務内容にもよりますが、朝が早かったり夜遅い時間帯に働くこともあるため、体力を要します。また、常に時間通りの運行が求められることや、絶対に事故を起こしてはならないというプレッシャーもあります。どの業界も運転手の高齢化が課題となっているため、若手人材の活躍が望まれます。

タクシー運転手 普通自動車第二種運転免許を持ち、タクシーに乗ったお客さまを目的地まで安全に運ぶ

タクシー運転手は、タクシーにお客さまを乗せて目的地まで運ぶ仕事です。タクシーには大きく分けて「法人タクシー」と「個人タクシー」の2種類があり、前者では会社の社員として、後者では個人事業主として働くことになります。タクシー運転手として働くためには「普通自動車第二種運転免許」が必須となりますが、タクシー会社への入社時点では第一種運転免許のみ必要とされることがほとんどです。運転技術はもちろんのこと、地理や交通事情に関する知識、さらにサービス業として正しいマナーや接客態度なども身につける必要があります。給料は基本的に歩合制となっているため、その月によって収入は変動します。業界内での競争も厳しくなっているものの、稼げる運転手になれば大きな収入を得ることも夢ではありません。

トラック運転手 大型自動車運転免許などを持ち、荷物を荷揚げ場所から荷卸し場所へと運んで物流を支える

トラック運転手は、さまざまな種類のトラックを運転し、荷物を荷揚げ場所から荷卸し場所へと運ぶ仕事です。小型、中型、大型、タンクローリー、トレーラーなど、運転するトラックの種類や運ぶものによって必要な免許や資格が異なります。高度な運転技術が必要とされる大型トラック運転手は経験者が優先的に採用されやすいですが、学歴はあまり重視されておらず、未経験者を積極的に採用して育成する運送会社も増えています。平均年収は300万円〜400万円程度といわれますが、歩合制によって、がんばるほどたくさん稼げる職場もあります。日本の物流を支えるために不可欠な職業であるものの、近年は運転手の高齢化による人材不足が課題となっており、各社では働きやすい職場づくりを行い、女性や若手人材の採用に取り組んでいます。

バス運転手 大型第二種自動車運転免許を持ち、路線バスや観光バスを目的地まで安全に運転する

バス運転手は、地域住民の足となる路線バスなどの「乗合バス」や、観光ツアーや修学旅行などに使われる「貸切バス」に人を乗せて、目的地へと運ぶ仕事です。バス運転手は大きく分けると、都道府県や市町村が運営する公営バスの運転手と、民間のバス会社に勤める運転手の2種類がいます。学歴はさほど重視されないものの、バスを運転するには大型第二種自動車運転免許の取得が必須となります。バス運転手にとって最も重要なのは安全運転をすることですが、加えてお客さまに対する心遣いやマナー、接客態度なども重視されます。最近では人材不足により、未経験者を積極的に採用するバス会社も増えているといわれます。しかし、バス会社は全国にたくさんあるため、会社によってだいぶ労働環境は異なるようです。

自動車整備士 専門技術を駆使して自動車の点検、整備、修理を行い、車のさまざまなトラブルを解決する

自動車整備士は、自動車の点検や整備、修理などを行う仕事です。自動車整備士の勤務先は、自動車整備工場やディーラー、カー用品専門店などです。自動車整備士として働くときに、法的には資格は必要ではありませんが、自動車整備士の資格を有していることが就職の条件となっていることがあります。自動車整備士を目指すのであれば、自動車整備の課程がある専門学校で学び、在学中に資格を取得しておいたほうがよいでしょう。自動車整備士の資格は4つありますが、学校によって取れる資格が異なるため、入学前に事前に調べておくことが必要です。夏は暑く、冬は寒い中での作業であり、待遇も恵まれているとは言えないため、自動車のことが好きでないと務まらない仕事です。

通関士 貿易業務に必要となる専門的な手続きを代行し、物のスムーズな輸出・輸入を支える

通関士は、物を輸出、輸入するときに必要な税関での手続きを代行する仕事です。通関士は、通関書類を作成し、通関手続きを商社やメーカーなどの輸出入業者に代わって行います。税関から許可が下りなかったりトラブルが生じた場合の交渉をするのも通関士の仕事です。通関士の勤務先は運送会社、海運会社、倉庫会社などの税関への手続きを代行する通関業者です。通関士になるためには、通関士試験に合格し、通関業者において、通関士として登録されると、通関士として働くことができるようになります。受験資格に年齢や学歴などの制限は特にありません。合格率は約10%です。実務経験がある方が有利なため、通関業者に就職してから、通関士の資格を取るケースもあります。

宇宙飛行士 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在し、研究や実験を行って宇宙開発の一端を担う

宇宙飛行士とは、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在し、ISSの運用や維持に携わりながら、宇宙開発の一端を担う仕事です。ロボットアームを使った実験装置の設置や修理、地上とは異なる環境を利用した実験、また宇宙服を着ての船外活動も行います。地上では、技術者や研究者たちと協力してISSで必要となる資料作成を行ったり、講演活動などを通して国民に宇宙開発の重要性や宇宙飛行士の役割を伝えています。宇宙飛行士になるには自然科学系の大学を出て3年以上の実務経験を積み、100倍を超える厳しい試験にパスする必要がありますが、その後も何年もかけて多くの訓練を重ね、初めて飛行するまでに10年近くかかることもあります。