「出版・報道」系の職業・仕事

編集者 
書籍、雑誌、漫画の内容を企画し、記事を編集して作品として世に生み出していく

編集者とは書籍ができあがるまでの一連の作業に携わる人のことをいいます。編集者としてどこまでの作業を任されるかは、企業によって異なりますが、一般的には、企画だし→予算取り→取材or外部に依頼→記事の編集→印刷確認という流れで進みます。編集者になるためには、1.出版社に就職する、2.編集プロダクションに就職する、3.アルバイトとして働くなどの方法があります。経験者が求められる仕事のため、まずはどこかで編集の仕事を始めるということが大切です。基本的に編集者の仕事は激務です。締切まで働き続け、締切が終わったあとに次の締め切りまでの間ちょっと一息いれるという感覚です。大手は別として、待遇も厳しいものと考えておいたほうがよいでしょう。

ライター 
作品の企画・コンセプトに基づき、紙媒体やWeb上に掲載される記事を取材・執筆する

ライターとは、取材や資料の収集をして記事を書く仕事です。主に雑誌の編集者からの依頼を受けて仕事をします。雑誌や書籍だけではなく、近年はWebやメルマガなどの電子媒体の仕事も増えています。また、現場取材をして写真撮影をしたり、記事対象のインタビューで対談を行うこともあるため、ある程度の対話能力や写真の撮影能力が必要となることもあります。ライターになるための決まった方法はなく、誰でもライターを名乗ることができます。安定して仕事を得るためには、出版社や編集プロダクションにおいて、編集アシスタントとしての勤務経験を一定期間経て、人脈をつくったのちに独立するとよいでしょう。はじめのうちは、低い単価であっても実績をつくっていくことが必要となります。

コピーライター 
企業や商品の宣伝、ブランディングを目的としたコピー(文言)を考え、形にする

コピーライターは、クライアント企業からの依頼を受けて、テレビ、雑誌、インターネット、ポスター、商品パッケージなどにおける、広告のキャッチコピーを考える仕事です。通常は、コピーライターだけでなく、営業やアートディレクター、グラフィックデザイナーなどとチームを組んで仕事を進めていきます。広告代理店や広告制作会社での勤務となりますが、フリーで働く人もいれば、ライターと兼業をしている人もいます。コピーライターになるための決まった道はありませんが、広告代理店や広告制作会社に就職し、広告について学び、経験を重ねたのちに、コピーライターとしての業務を担当するという流れが一般的です。納期との戦いになることが多く、勤務時間は長くなりがちです。

小説家 
小さなアイデアの種から物語のイメージを膨らませ、書き下ろしなどの作品として発表する

小説家とは、物語を創作し、小説として発表をしている人のことです。純文学、推理小説、SF小説、歴史小説、ライトノベルなどのジャンルがあります。小説家になるための方法はさまざまですが、出版社が主催するコンクールに応募をし、入賞をすることができれば、小説家としてデビューできます。近年は、携帯小説やWEB上の小説などで人気のものが出版されることもあります。小説家の主な収入源は原稿料と印税です。原稿料は月刊誌の連載や新聞連載、単発の執筆などで発生します。印税は、出版された本が一冊売れる度に入るものです。印税のパーセンテージは出版社によっても異なりますが、おおよそ十パーセントほどです。

絵本作家 
絵本づくり専門の作家。ストーリーを考えてセリフや絵を仕上げ、作品として発表する

絵本作家は、ストーリーを考え、絵を描き、絵本を制作する仕事です。ストーリーと絵の両方を一人でする人もいれば、ストーリーと絵を別の人が担当して制作することもあります。絵本作家は、まず伝えたいテーマを考え、全体の構成と話の流れを考えます。次にセリフや全体の配置などを決めて下書きを書いていきます。下書きに色をつけ、仕上げをして一冊の絵本が完成します。絵本作家になるための決まったルートはありません。一般的なデビューまでの道筋は、1.自ら出版社に作品を持ち込み、編集者に認めてもらう、2.コンクールで入賞をするの2パターンです。絵本作家を専業としている人はわずかで、多くの絵本作家はイラストレーターや作家などと兼業しています。

新聞記者 
政治、経済、国際情勢など世の中の動きを取材し、わかりやすい記事にまとめる

新聞記者は取材をし、新聞記事を書く仕事です。本社勤務の場合は、政治、経済、国際、社会部などの各部に配属され、記者クラブを拠点にして、担当者からの発表等を記事にします。その際、担当者の発表の「ウラをとる」ことが重要になります。新聞記者になるには、新聞社の採用試験に合格する必要がありますが、そのためには4年制の大学学部または大学院を卒業していることが条件となります。近年は、政治学部や社会学部だけでなく、工学部などの専門知識を持った学生も採用されています。部署によって異なりますが、基本的にハードな仕事です。特に社会部、政治部などの場合は、政治家や社長の自宅に早朝や深夜に訪問するため、長時間労働は避けられません。

ジャーナリスト 
時事問題や事件の関係者にインタビューをしながら、自身の見解を加えた解説・批評を行う

ジャーナリストは、ニュース、話題を追いながら、それらの解説や背景、見通しなどを記事にする仕事です。ジャンルは幅広く、政治、経済、社会、スポーツ、芸能、文化などに専門化しています。既存のニュースソースを読み込むだけでなく、人に会って直接話を聞くことが、ジャーナリストの重要な仕事です。ジャーナリストになるためには、報道機関に入社することが第一歩となります。新聞記者、雑誌記者、報道記者などを経て、ジャーナリストになるというルートが一般的です。媒体の多様化によって、ジャーナリストのあり方も変わりつつあります。近年は、インターネットに寄稿したり、ホームページやブログを開いて、自分の見解、主張を展開するケースも多くみられるようになっています。

コラムニスト 
新聞、雑誌などのメディアに掲載される短い文章を、主観的な見解を交えて執筆する

コラムニストは、新聞や雑誌、Webサイトといった各メディア上に掲載される「コラム」を執筆する人のことをいいます。コラムとは、ニュース以外の評論やエッセイなどの短い文章で、客観的な事実をもとに主観的な見解を挟んだ囲み記事のことをいいます。なるために絶対に必要とされる学歴や資格等はなく、新聞社や出版社で記者および編集者として経験を積んだのち独立する人が多くなっていますが、実力や人脈さえあれば、この方法に限らずコラムニストになれる可能性はあります。出版不況や原稿料の下落など厳しい面もありますが、デジタルコンテンツが主流になりつつ今、コラムニストが活躍できる場も広がりを見せているといえます。

書店員 
本の陳列や整理、在庫管理、レジ、POP作成など、書店での販売業務と店舗運営に携わる

書店員の仕事は本を販売することですが、レジを担当するだけではなく、棚作り、本棚の整理、返品整理、在庫管理、出版社・著者などの来客対応、POP作成など、さまざまな業務を行います。本の積み方や見せ方などによって、本の売れ行きが変わってくるので、常に創意工夫が求められます。書店員になるためには書店に就職することが必要となりますが、一部の大手を除き、学歴や資格はあまり問われません。アルバイトや契約社員から正社員になる人も多いようです。書店は利益が出にくい構造であることもあり、待遇はあまり良くありません。年収400万円前後の人が多いようです。ネット書店や電子書籍が広がるにつれ、書店を取り巻く環境は厳しくなりつつあります。今後の書店員は、魅力的な売場づくりをする努力がいっそう求められるでしょう。

カメラマン 
広告、報道、スポーツなどの各分野で使用される写真を専門的に撮り、記録に残す

カメラマンは、報道、芸能、広告などの分野において、写真を撮影する仕事です。雑誌やポスターなどに掲載する広告用の写真を撮影する「広告カメラマン」や事故現場や政治家などの写真を撮影する「報道カメラマン」など、ほとんどのカメラマンは専門領域を持っています。カメラマンになるための決まったルートはありませんが、カメラマン養成スクールなどで、基本的な知識や技術を身につけ、写真スタジオでアシスタント業務からスタートするルートが一般的です。アシスタントとして何年も経験を重ね、自分ならではの写真が撮れるようになると独立への道が見えてきます。カメラマンとして生計を立てるためには、実力だけでなく、地道に営業をし、実績を重ねていくことが必要になります。

新聞社社員 
紙面で世の中の動きを伝える新聞社に勤める人。取材して記事を作り、読者に届ける。

新聞社の使命は、早くて正確な情報を届けられる良質な新聞を作り上げることです。取材や記事の執筆を担当する「記者」、レイアウトや見出しを決める「整理」、用語の使い方や誤字脱字をチェックする「校閲」などの編集職に加え、新聞の販売を伸ばすために地域販売店をまわる「営業」や新聞社主催のイベントを行う「事業」、電子新聞の開発などを行う「技術」など、さまざまな職種の人たちが連携して新聞を支えています。就職は大卒以上の学歴が必要となることが多く、試験は狭き門となります。一般企業に比べると給料が高いことでも知られており、とくに全国紙の記者は高給になります。その一方で、近年では新聞の発行部数が減ってきているという現状もあり、これからの時代に新聞が生き残っていくためには、新たな戦略が必要となるでしょう。

出版社社員 
書籍、雑誌、漫画などを企画・編集する出版社に勤める人。自社の本を広める営業職も活躍。

出版社の社員には編集者や営業などさまざまな職種があり、協力しながら仕事を進めていきます。企画に始まり、制作、印刷といった流れを経て、完成した出版物は書店などへ出荷され、読者のもとに届きます。書店への営業や広告宣伝も出版社の仕事です。出版社へ新卒での入社を希望する場合は、大学で学ぶに越したことはないでしょう。転職での入社の場合は、中小の出版社で経験を積み実力が認められた人なら、高卒であっても大手に転職できる可能性は十分にあります。大手の場合、正社員の平均年収は1300万円以上。中小出版社を含めた出版社全般の平均年収は550万円〜600万円ほどで、大手だけと比べると平均値がぐんと下がります。書籍離れが深刻化する中、出版業界各社は生き残りをかけた再編へと動き出しています。元気な会社を見極めて選べば、将来性を確保できるでしょう。

印刷会社社員 
書籍、チラシ、特殊印刷など、あらゆる印刷物の企画・制作を行い、顧客へ納品する。

印刷会社とは、顧客から依頼を受けて、あらゆる印刷物の企画や制作を専門的に行い、印刷して顧客へ納品する会社のことをいいます。「印刷物」といってもその種類はさまざまで、印刷会社は書籍や雑誌、企業で使う会社案内のパンフレットや社内報、名刺、挨拶状、封筒、販促用のチラシやDM、ポスター、カレンダー、あるいはカタログやマニュアル、商品のパッケージ、さらには金属・ガラス・プラスチックなどにプリントする「特殊印刷」といわれるものまで、ありとあらゆる印刷物の製造を手掛けています。印刷会社の仕事は、大きく分けて、営業や事務、企画などの「事務系」あるいは研究開発や技術開発などの「技術系」があります。昨今はITの進歩などの理由によって業界そのものが縮小傾向にあり、印刷会社を取り巻く環境は厳しさを増していますが、大手印刷会社を中心に半導体や液晶カラーフィルタ、太陽光電池部材など、従来の「印刷」事業を超えた新しいビジネスに手を広げる企業が増えており、さらなる成長も期待できます。

エッセイスト(随筆家) 
筆者が体験したことや得た知識をもとに、想いや考えを文章にした「エッセイ」を書く人。

エッセイスト(随筆家)は、筆者が体験したことや得た知識をもとに、想いや考えを文章にした「エッセイ」を書く人のことをいいます。エッセイは、文学の中では「散文」の手法にあたり、形式にとらわれず、読みやすく理解しやすい普通の文章で書かれているのが特徴です。なるうえで特別な資格は必要なく、誰でもエッセイストになることができますが、この仕事における収入の中心は出版による「印税」となるため、売れる書籍を出せなければ生計を立てていくのは不可能です。こうした厳しさもあり、多くの人は別の仕事をしながら、コンテストに応募するなどをしてエッセイストとして大きく活躍できる道を模索しているようです。雑誌の連載が続けば安定した収入を得ることも可能になってくるでしょう。

エディトリアルデザイナー 
雑誌や書籍、カタログなど複数のページから成る冊子の編集とデザインを行う仕事。

エディトリアルデザイナーは、雑誌や書籍を中心に、ページ数の多いカタログやマニュアルなども含めた本の編集とデザインを行う仕事です。編集者やアートディレクターなどの指示を受けて、美しさだけではなく、読者にとっての読みやすさ、理解しやすさまで考慮しながら、バランスよく誌面のデザインを行います。実務経験なしでこの仕事に就くことは難しく、出版社やデザイン事務所、編集プロダクションなどにアシスタントとして就職し、下積みを経てエディトリアルデザイナーになる道が一般的です。年収は見習いのうちは200万円程度ですが、実力と経験にしたがってアップするでしょう。出版業界の電子化が進みつつある今、紙の書籍だけに固執せず、時期が来たら電子書籍も手がけようという柔軟な姿勢と、そのためのスキルを磨く努力を惜しまない人が、将来的にも有望であるといえそうです。

ブックデザイナー(装丁家) 
ブックカバーや表紙、扉、帯など、手に取りたいと思わせる本の外観をデザインする仕事。

ブックデザイナー(装丁家)は、ブックカバーや表紙、扉、帯など、本の外観をデザインする仕事です。編集者や著者から依頼を受けて打ち合わせを行い、テーマやコンセプトに合う魅力的なデザインを企画して形にしていきます。勤務先は出版社やデザイン事務所が中心となりますが、「グラフィックデザイナー」や「イラストレーター」「エディトリアルデザイナー」がこの仕事を兼務することもよくあります。平均年収はデザイン事務所であれば300万円~400万円程度となっているようです。装丁は本の売り上げに大きく関わるため、有名なブックデザイナーに仕事の依頼が集中する傾向が強く、成功するためには地道に実績を重ねていく必要があるといえるでしょう。

校正者 
書籍や雑誌、広告などの原稿と校正刷り(ゲラ)を照らし合わせ、内容のチェックをする。

校正者は、書籍や雑誌、広告などの原稿と校正刷り(ゲラ)を照らし合わせて、間違いがないかチェックをする仕事です。文字の大きさ、書体、組方を含めた誤植などの文字校正を担当します。勤務先は出版社、新聞社、印刷会社などが中心ですが、フリーランスで仕事を請け負う人も少なくありません。仕事に就くために、スクールに通って校正の技術を学んだり、アルバイトから現場経験を積んで一人前を目指したりする人が多いようです。会社勤めの場合の給料は一般的な会社員の給料とさほど変わりませんが、フリーランスは出来高払いとなるため、受注数が多ければ収入もアップします。最近では、文章の事実確認や内容の整合性を確認する「校閲」の作業ほうが需要が高くなっているため、多種多様な文章に的確かつ迅速に対応できる校正者が求められるものと考えられます。

詩人 
言葉に趣きを与え、詩的に表現することで読む人に感動を与える「詩」を書く人。

詩人は、詩を作って世の中に発表する人のことをいいます。さまざまな手法で言葉に趣きを与え、詩的に表現することで読む人に感動を与えたり、考えさせたりします。詩人になるために資格や学歴は一切必要なく、自分自身の中から湧き出たものを言葉にしていくことになります。活動内容は、詩集の出版、ブログでの発表する、朗読会、雑誌に投稿、コンテストへの応募などさまざまで、これらの活動から収入を得ることも可能ですが、詩を作るだけで生計を立てることは非常に難しいと言わざるを得ません。実際には趣味で活動する人や兼業の人ばかりとなっており、詩人として活動したいのであれば、自分なりの活動の仕方をよく考えていく必要があるといえるでしょう。

速記者 
特殊な符号を用いて発言を素早く記録し、誰もが読むことのできる原稿に仕上げる仕事。

速記者は、略化された符号を用いて発言をありのまま素早く記録する「速記」を駆使して、誰もが読むことのできる原稿に仕上げる「反訳(はんやく)」を行う仕事です。速記の知識や技術は専門学校やスクール、通信教育で学ぶことができ、出版社・新聞社、速記会社に勤務するか、フリーランスの速記者として一般企業や速記会社と契約して仕事を請け負います。会社員となる場合の平均年収は400万円程度、フリーランスの場合は案件量によって収入が変動しますが、1時間の文字起こしで5,000円から2~3万円程度を得ている人が多いようです。国会速記者の廃止や裁判所速記官の新規採用および養成の停止、地方議会速記者の減少など、今、速記者をとりまく状況は大きく変化しています。デジタル時代に即した新たな速記者の姿が模索されています。