このサイトは税関職員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「税関職員」

仕事内容
税関職員は、全国の空港や港などで「税=税金の徴収」と「関=通関手続き」を行う国家公務員です。ものを輸出入する際に、関税や消費税等がきちんと支払われているかをチェックして許可を出したり、輸入貨物に危ないものがないか検査したり、薬物などの密輸を取り締まったりするほか、私たちが海外旅行をする際に旅客手荷物を検査するのも税関職員の仕事です。日本の納税制度や貿易の円滑化に貢献するほか、日本社会の治安維持のためにも重要な役目を担っています。
なるには
税関職員になるには、まず「国家公務員採用総合職試験」もしくは「国家公務員採用一般職試験」のいずれかを受験する必要があります。総合職はいわゆる「キャリア」と呼ばれる人たちで、財務省や他の省庁などに勤務する、将来の幹部候補としての採用です。一方、現場のエキスパートとして活躍するのは一般職の人たちです。この採用試験の合格者の中から各税関の採用面接に呼ばれ、それに合格することで職員として採用されます。
給料
税関職員の給料は、国家公務員の給与規定に基づいて支給されます。総合職として採用された大学学部卒者の初任給は約21万円で、40代になった頃の月給はおよそ38万円です。一般職として採用された場合は、配属先によっても異なりますが、初任給は17万円程度となるようです。総合職は財務省関税局をはじめとした全国各地の地方税関への転勤がありますが、転居による負担軽減のために公務員宿舎を利用できるなど、手厚い制度や手当が用意されています。
将来性
国家間の交通網の整備も進み、日本と海外の交流は、これからも増え続けていくものと考えられますが、人の往来はもちろん、貿易も盛んになる中で懸念されるのが密輸入や脱税の問題です。健全な取引を支え、日本社会を守るために、税関職員が果たすべき使命は非常に重要なものとなっています。国家公務員としての安定性もさることながら、2020年の東京五輪に向けての活躍も期待され、将来性も大きな職業の一つといえるでしょう。