海上保安官の潜水士になるには

潜水士は水中作業に従事するための国家資格

簡単にいうと潜水士とは海中などで何かしらの仕事に携わるための資格を有している人を指します。

例えば、建設会社で水中掘削を担当する人、海洋調査員、ダイビングインストラクター、水族館の水槽メンテナスなど、業種は問わず水中で業務を行える人たちはすべて潜水士です。

そのために必要な資格が潜水士資格です。

潜水士資格は国家資格ですが受験資格は特になく、受験科目は「潜水業務」「送気、潜降及び浮上」「高気圧障害」「関係法令」の4科目の筆記試験のみであり、合格率も80%前後と比較的高いようです。

水中作業に関わるあらゆる職種に必要な資格というだけで、海上保安庁で潜水士として活躍したい場合は、まず海上保安官にならなければいけません。

海上保安官としての潜水士の仕事

海上保安官の潜水士の仕事は、実際の海難現場で救助活動を行います。

かつて、映画の「海猿」でも話題になりましたが、ノンフィクションの世界では想像の何倍も過酷な現場が待っています。

海上保安庁の潜水士は全国に22隻存在している潜水指定を受けた巡視船艇で業務を行っており、具体的な仕事内容は、転覆や沈没した船舶に取り残された人を救出したり、海上で行方不明になった人の捜索が主な任務です。

そうした状況下での救助活動は困難を極めるのはもちろん、大きな危険も伴うため潜水士は高度な救助スキルが要求されます。

ほかにもヘリコプターでの吊り上げ救助も行いますし、主計科職員として隊員の食事を用意することもあります。

海上保安官の潜水士は巡視船艇乗組員を一定期間経験したあとに本人の希望や適性などを見て選抜されるので、海上保安官になったとしてもすぐに潜水士になれませんし、海上保安官の1%程度しか潜水士はいないためとても狭き門といえます。

ちなみに「海猿」は、潜水士からさらに選抜された海難救助のスペシャリストである特殊救難隊がモデルです。

海上保安官の潜水士になるには

海上保安庁で潜水士になるには、海上保安大学校や海上保安学校を卒業し海上保安官になるのが大前提です。

海上保安官として任官されたあとに、巡視船艇乗組員として一定期間勤務を行い経験を積み、本人の希望や適性、水泳能力(一呼吸により約23mの水平素潜りができ、約300mの水泳ができること)、健康状態を見極めた上で、潜水研修の研修生として年2回選抜されます。

ちなみに年齢制限が設けられており、研修実施年度の4月1日時点で30歳以下でないと潜水士には選抜されません。

研修生に選抜されたあとは約2カ月間、潜水研修が行われます。

潜水研修は海上保安大学校で寮生活をしながら行われ、潜水学や潜水医学といった座学、潜水実習に取り組みます。

特に潜水実習は厳しく、プールでは基本的な潜水技術を修得し、転覆船内実習では水中にある模型船で捜査・救助の実習を行い、ここまでの研修が終われば潜水技術・知識・適性を見極める潜水能力検定が実施されます。

さらに実習が進めば実際の海に出て、機器の取扱いや夜間訓練、実践的な海洋実習で技術を習得していきます。

こうした潜水研修を修了し、潜水士資格を無事取得すると潜水指定船に配属され、やっと潜水士として任命されます。