検察事務官の仕事内容

検事のサポートを行う仕事 検察事務官は、全国の検察庁に勤務する国家公務員です。その仕事内容は、検事(検察官)の指揮を受けて容疑者の逮捕や取り調べを行うことや、検察庁における総務や会計などの事務業務まで、多岐にわたります。 … 続きを読む

検察事務官の役割

検察事務官が働く検察庁 検察事務官の活躍の場となるのが、全国各地の「検察庁」。テレビドラマやニュースでよく出てくる「○○地検(地方検察庁の略)」といった名前は、みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 と … 続きを読む

検察事務官のやりがい

多彩なキャリアパス 検察事務官として採用されると、2〜3年ごとに「捜査・公判部門」「検務部門」「事務局部門」を異動することが一般的です。 検察庁におけるさまざまな業務を経験することで、幅広く専門知識やスキルを身に付けてい … 続きを読む

検察事務官の苦労、大変なこと

検事のサポート役になる苦労 検察事務官は検事(検察官)の補佐的な役割を担うため、どうしても「何でも屋」のようになってしまう面があります。 たとえば、コツコツと情報を集めて資料をまとめたり、検事に変わってパソコンで調書を作 … 続きを読む

検察事務官の1日

検察事務官の生活 検察事務官は、検察庁において基本的に平日(月〜金曜)の日中に勤務しますが、部署ごとにさまざまな仕事があるため、配属先によって生活スタイルは異なっているようです。 土日祝日は休みとされていますが、時には「 … 続きを読む

検事と検察事務官との違い

検事とは何か そもそも「検事」とはどんな仕事なのでしょうか? まず、検事は「検察官の役職の一つ」です。検察官は、上の立場から「検事総長」「次長検事」「検事長」「検事」「副検事」となっており、それぞれ職務や仕事内容が異なり … 続きを読む

検察事務官の現状と将来性

高まる検察事務官の人気 検察事務官は、国家公務員の中でも、ここ数年で人気が高まっている職業の一つです。 その背景には、長引く不況等による若者の安定志向、人気ドラマの登場人物に検察事務官が扱われたことなど、さまざまな理由が … 続きを読む