海上保安学校の難易度・合格率・倍率

海上保安学校とは

海上保安学校は海上保安庁の専門職員の育成を目的とした学校で、京都府舞鶴市にある校舎で寮生活をしながら共通科目のほかにそれぞれの専門課程に応じた科目を学びます。

学生であっても国家公務員として扱われるため給料が支給され、入学金や授業料なども一切不要です。

共通科目は筋力と持久力を高める「保健体育」、海上保安庁職員に必要な品位や規律の厳正を学ぶ「基本動作」、そして海上保安官として必要不可欠な「水泳」の修得や警備救難業務に必要な技能訓練を行います。

専門課程は船舶運航システム課程(2年)、航空課程(1年)、管制課程(2年)、情報システム課程(2年)、海洋科学課程(1年)の5つ設置されており採用試験時に選択します。

船舶運航システム課程(2年)

航海コース、機関コース、主計コースの3つに分かれており、コースを選択した上で試験を受けます。

海上保安官として必要な巡視船艇運航に関する知識や技能、海上犯罪取締に対する知識を学ぶのを基本に、コースごとに専門知識や技術を習得していきます。

航空課程(1年間)

航空機のパイロットに必要な基礎教養ならびに海上犯罪取締に対する知識習得を目的とした課程です。

航空業務に欠かせない通信技術や業務用基礎英語、航空機概論に航空関係法規といった科目を学びます。

卒業後はヘリコプタ-と飛行機に分かれ、宮城分校や海上自衛隊にて操縦技術などの習得を行い、パイロットの国家資格取得を目指します。

管制課程(2年)

船舶を安全に航行させるための運用管制官を育成する課程です。

「情報通信」では無線技術や機器保守などの技術と知識を習得し、「運航管理」では運用管制業務に関わる知識を学び、「海上交通」では海上交通法規をはじめ船舶航行の安全確保のための知識を習得、そして運用管制業務に必要となる「英語」、管制シミュレータ装置を使用し実務に近い訓練を行う「シミュレータ実習」といった専門科目を学びます。

情報システム課程(2年)

情報システム課程では航行を安全に運ぶための知識や技術、通信機器の運用や管理などを習得します。

専門科目としては無線機器の保守管理や電波伝搬などを学ぶ「基礎電子工学・情報通信」、巡視船や航空機などの通信に必要な技術を学ぶ「通信実技」、灯台をはじめとした航路標識の動作原理や運用について学ぶ「航行援助システム」、海上交通法規を中心に船舶を安全に航行させるための基礎知識を学ぶ「海上交通」があります。

海洋科学課程(1年)

航海をスムーズに進行させるために必要な海洋データを収集し活用する人員を育成する課程です。

「基礎科学」では海洋調査に必要な学問の基礎を修得し、「海象・気象」では海洋調査に関わる海象や気象の基礎と観測技術の修得、海図や水路図の基礎や編集技術を修得する「水路図誌、海図編集」などの専門科目を学びます。

海上保安官になるには

海上保安学校の受験資格

受験者資格は、4月1日時点で海上保安学校は高等学校または中等教育学校の卒業日の翌日から5年を経過していない人または、試験年度の3月までに高等学校または中等教育学校を卒業見込みの人と定められています。

上記条件の卒業または卒業見込みの人以外でも、人事院が同等の資格があると認めれば受験できます。

なお受験に関して年齢制限はありません。

詳しくは海上保安庁HPをご確認ください。

海上保安庁 海上保安学校採用試験

海上保安学校の難易度・勉強時間

最低でも高校卒業レベルの学力は必要で、公務員試験を突破するための勉強は必要でしょう。

ただし海上保安学校は全国から人が集まるため受験者数も多く、ほかの公務員試験よりも何度は高いといえるため、相当な勉強時間は必要かもしれません。

参考までに2018年度の各課程の倍率を記載すると、船舶運航システム課程は7倍、航空課程は5.6倍、情報システム課程は2.3倍、管制課程は4.4倍、海洋科学課程は4.7倍です。

海上保安学校学生採用試験の難易度・合格率

海上保安学校採用試験受験者数

海上保安学校採用試験の受験者数は、2012年度の受験者数は一気に倍増し7,708人でしたが、近年4,000人前後を推移しており、2018年度は3,650人となっております。

海上保安学校学生採用試験受験者数_2018

海上保安学校 船舶運航システム課程(特別)受験者数

船舶運航システム課程(特別)の受験者数は近年の水準から大幅に減少し、2018年度は5,970人となっております。

海上保安学校学生採用試験(船舶運航システム課程)受験者数_2018

海上保安学校試験採用倍率

2012年度は、受験者数が大幅に増加したため採用倍率も急上昇し、船舶運航システム課程の倍率は33.4倍となりましたが、2018年度の倍率は7.0倍に落ち着いています。

船舶運航システム課程の倍率は7.0倍、航空課程は5.6倍、情報システム課程は2.3倍、海洋科学課程は4.4倍、船舶運航システム課程(特別)は5.8倍となっています。

海上保安学校学生採用試験倍率_2018