警察官に向いている人・適性・必要なスキル

警察官に向いている性格・適性

正義感がある人

警察官に何よりも必要なのは、それぞれの地域で暮らす人々を守りたいという正義感です。

警察官の仕事は非常にハードであり、ときに自分のプライベートを多少犠牲にしてでも、長時間に及ぶ事務対応や事故処理、犯罪捜査などを行わないといけないときもあります。

社会の秩序を大切に思い、犯罪のない世の中をつくっていきたいという高潔な意思がないと、厳しい業務をこなせるだけの高いモチベーションを維持することは困難です。

協調性のある人

警察は、さまざまな役割・専門性を持った人が、チームを組んで業務に臨みます。

日々起こり続ける難解な事件や大規模な事故に対応するためには、一致団結して、組織としての強みを生かすことが不可欠です。

警察学校においても、訓練だけでなく食事や入浴など、あらゆる状況で集団行動することが求められ、警察官に必要な協調性を身につけるよう指導を受けます。

チームの和を乱すような身勝手な行動は、警察官として最も避けるべきご法度であり、厳罰の対象になります。

警察官には、自分ではなく周囲を尊重できる、協調性のある人が向いているでしょう。

モラルの高い人

近年、警察官の不祥事やスキャンダルなどのニュースが目立っています。

本来、悪を許さない存在であるはずの警察官が、このような問題行動を取ることで、警察官に対する世間の目は非常に厳しくなっています。

もちろん、ほとんどの警察官は日々真面目に業務に取り組んでいますが、ごく僅かな一部の警察官の過ちが、警察組織全体のイメージを悪化させてしまっています。

警察官として軽はずみな行動をとることは絶対に許されないため、これから警察官を目指す人にも、倫理観のある人材が求められます。

警察官になるには

警察官に必要なスキル・能力

体力

警察官の業務はさまざまであり、デスクワーク中心の部署もありますが、基礎的な体力は警察官として必須の能力といえます。

とくに新人や若手のうちは、ろくに休憩も取れず24時間の当番勤務にあたったり、何日間も帰宅できないまま事件の捜査を行ったり、炎天下の下で何時間も立ちっぱなしで警備にあたらないといけないこともあります。

採用されるためにそこまで突出した体力が求められるわけではありませんが、警察官を目指すなら、学生のうちから積極的に体力づくりに励んでおくとよいでしょう。

柔道・剣道などの武術スキル

体力と同様、日々犯罪者などと対峙しなければならない業務特性上、いざというときに相手を組み伏せられるだけの武力は警察官として備えておかなければなりません。

警察学校でも柔道や剣道の授業がありますが、警察官として働きだしたあとも、警察内のクラブなどに所属して、継続的に武術の鍛錬に励む人は多いようです。

パソコンスキル

警察官の仕事は報告書や調書を作成したり、各種手続きに必要な書類を取りまとめるといった事務作業も多数発生しますので、基礎的なパソコンスキルはサラリーマンなどと同じように必要です。

とくに近年では、世間全体でIT化が急速に進展し、それに伴ってスマートフォンなどの情報端末が捜査における重要な手がかりになることも増えていますので、IT知識があれば重宝されやすいでしょう。

警察官に向いていないのはどんな人?

短気な人

警察官は、犯罪者はもちろん、非行少年や交通違反者、暴力団関係者、あるいは泥酔者など、世の中の治安を乱す恐れのある人と日常的に接しなければなりません。

そうした人のなかには、警察官に対して敵対的な人も多く、罵詈雑言を浴びせられたり、ときには暴力を振るわれることもあるかもしれません。

しかし、そこですぐに頭に血がのぼってしまうようでは、より事を荒立てて事態を悪化させることになります。

相手の挑発に乗ったりせず、どんなときも冷静さを保って落ち着いて対処することが必要ですので、短気な人は警察官に向いていないでしょう。

旅行好きな人

人々の生活を脅かすような事件や事故は、24時間365日起こる可能性があり、誰にも予測することはできません。

このため、警察官はたとえ自身の出勤日ではない非番のときであっても、緊急時には呼び出しがかかり、業務を命じられるケースがあります。

いつでもすぐ駆け付けられるように待機しておく必要があるため、旅行などで遠方に出かける際は、あらかじめ上司へ届け出なければなりません。

もちろん警察官であっても旅行することは可能ですが、年に何度も海外に出かけるような旅行好きの人は、あまり警察官に向いていないかもしれません。