労働基準監督官の1日のスケジュール・生活スタイル

労働基準監督官の業務スケジュール

労働基準監督官は国家公務員ですので、国家公務員法に定められているように1日の労働時間は7時間45分となり、基本的には8時半から17時が定時のようです。

ただし、業務スケジュールは勤務する課により異なります。

<監督課の業務>
臨検監督、申告処理、司法警察事務

<安全衛生課の業務>
機械・設備の設置等に関する届出審査、安全衛生指導

<労災課の業務>
労災補償事務、労働保険の適用や徴収

<業務課の業務>
庶務経理事務

以上が各課におけるおおまかな業務内容です。

例えば監督課の場合は臨検監督が業務であるため事業所を訪問するため外出も多いでしょうし、業務課の場合は事務業務がメインですので、1日中局内・署内での仕事が基本です。

ちなみに、労働基準監督官が勤務する労働基準監督署は労働に関することなら何でも相談できるわけではありません。

原則として労働基準法に明記されている事案に関してのみ相談を受けることができ、具体的には最低賃金、賃金ルール、上限労働時間、会社が与えるべき休日数や休憩時間などです。

それ以外の事案、例えばパワハラ問題、退職勧奨などに関する相談業務は、労働基準監督署は業務範囲外となるため、労働局の業務となります。

労働基準監督官の1日

勤務する課によって1日のスケジュールも変わりますが、ここでは労働基準監督官の最も代表的な仕事といえる「監督課」での業務スケジュール例を紹介します。

8:15 出社
メールの確認や本日のスケジュール確認を行う。
8:30 始業
朝礼後、午前中に行く臨検監督のため、事業所に関する資料や法令集の準備を行う。

また、本日の臨検監督は建設現場のため作業服に着替え、ヘルメットと安全靴の準備も行う。

9:30 臨検監督
該当事業所に入り事業主のヒアリング、帳簿の確認、従業員への事情聴取などを行う。

建設現場は常に危険が伴う場所であるため、法律違反がないかや現場で働く人の安全が確保されているか入念にチェックする。

今回の臨検監督は3時間で終わったが、半日を要することもある。

12:00 昼休憩
同僚と近くの定食屋でランチ。

仕事から離れ、リラックスした時間を過ごし午後の活力にする。

13:00 報告書作成
午前中に行った臨検監督の結果、法律違反はなかったが改善すべき点があったため指導票交付の準備を行う。

報告書は現場で見たことを忘れないうちに記録するため早めに仕上げる。

15:00 相談対応
電話や窓口で労働者の相談対応を行う。

残業代未払いや超過労働時間など、労働基準法に明記されている事案に関してのみ相談を受けるのが基本。

16:00 会議
監督官の会議に参加し、署内で抱えている案件の共有を行う。

また担当案件についての進捗報告を行うとともに、懸念点についての相談も行い、先輩方にアドバイスをもらう。

17:00 終業
区切りもよいので明日のスケジュールを確認し、本日は残業を行わず業務終了。

労働基準監督官の勤務時間・休日・仕事は激務?