海上保安官の勤務時間・休日

海上保安官の勤務体系の種類

海上保安官は配属場所によって勤務体系が大きく変わります。

海上勤務で巡視船に乗る場合などは24時間体制でシフトを組んでパトロールをする必要がありますし、業務時間以外でも船内にいるため実質的には海に出ている間、休みはないといってもいいでしょう。

航空基地配属でもシフトで対応するため勤務時間は不定期になりますし、事故や救助などの緊急時は休日でも出動する場合があります。

唯一、本庁などの陸上勤務の海上保安官は、9:00~18:00といったように比較的規則正しい勤務ができるでしょう。

海上保安官の勤務時間

労働時間は基本8時間という規則があるため、それに則した始業時間を設定しますが前記したように、業務の特性上、不定期になるケースが多くあります。

特に顕著なのが海上勤務の場合です。

巡視船に一度乗れば10日以上帰ってこられない勤務もある上に、24時間体制で対応するため船内乗組員で3~4交代でワッチと呼ばれる当直を担当し、レーダー監視や操舵、機関整備などそれぞれの業務を行い、ワッチ以外の時間は訓練を行ったり、食事や休憩時間にあてたりして過ごします。

海上保安官の仕事をワークライフバランスという観点で見るとシフトがあったり、緊急出動があったり、数日帰って来られなかったりとよいイメージはないかもしれません。

しかし、女性の海上保安官も増加している昨今、海上保安庁としてもワークライフバランスへ配慮する取り組みも始まっています。

海上保安官の休日

忙しく、厳しい現場が多い海上保安官ですがあくまでも国家公務員であるため、休日はしっかり取れます。

年次休暇や結婚や忌引き、出産による特別休暇、育児休暇も当然ありますので必要に応じて取得しています。

休日出勤は業務特性上ゼロではありませんが、休暇設定はしっかりされますので休む時はしっかり休み、家族サービスやリフレッシュを行い、次回勤務に備えるのも海上保安官としての役目といえるでしょう。

海上保安官の残業時間

決して楽とはいえない海上保安官の仕事ですから、当然残業はあります。

残業時間は配置場所によりさまざまな上に、残業に対する考え方もさまざまのようです。

海上勤務をしている期間は当直シフトを組みますが、24時間船内にいるため残業をしている意識は低いかもしれません。

また海難救助や不審船対応などの緊急時は残業時間は気にならないでしょう。

海上保安官に夜勤はある?

何度か記しているように、海上勤務や航空基地ではシフトで勤務するため当然ながら夜勤はあります。

海上勤務であれば当直(ワッチ)が3~4交代でまわってくるため、何回かに1回は夜勤を行うでしょう。

また救助や不審船対応は24時間いつ起きるかわかりませんので、発生時は夜通し対応することもあります。

海上保安官は忙しい? 激務?

陸上勤務の海上保安官は一般企業のような働き方に近いため、18:00に終業することも可能でしょう。

ただし、一度現場に戻ればそうはいかないようです。

ここまで説明してきた通り、シフトもあれば、夜勤もありますし、船に乗った場合は10日以上帰ってこられない勤務の時もあります。

残業もあるでしょうし、シフトによっては夜中に帰ってくることもあるでしょう。

人命に関わる業務も多く、体力的な忙しさはもちろんですが、精神的な負担も大きいため心身共にタフになる必要がありそうです。

海上保安官の休日の過ごし方

海上保安官といっても休日の過ごし方は一般の会社員などと変わりません。

国家公務員として、休み自体はしっかりと確保できるため、家族サービスを行ったり、知人・友人と食事に行ったりなど個人によってさまざまです。

海上保安官の1日のスケジュール・生活スタイル