入国審査官のやりがい・楽しさ・魅力

入国審査官のやりがい・楽しさ

日本の安全を守るという使命感

入国審査官は、「日本の安全・治安を守っている」という使命感を感じることができる職業の1つです。

外国からは、さまざまな人たちが、さまざまな目的で日本に入国しようとします。

入国審査官は、入国させることが日本の安全や発展を脅かす恐れのある人の入国を拒否することによって、日本の安全を守っているのです。

そうした使命感を強く持てる人であれば、大変だといわれている入国審査官の仕事も問題なくこなしていけるでしょう。

語学力や専門知識が生かせる

入国審査官の仕事は、今までに培ってきた「語学力」や「専門知識」を生かせる場でもあります。

入国審査官はさまざまな国の人と接するため、語学力の高さとコミュニケーションの経験が重要です。

また、入国審査にあたっては「入国管理法」や「難民認定法」といった法律の知識と対応力も求められます。

入国審査官として働く中でこれらの知識や実務の経験を培うことができ、より優れた職員として貢献できるようになります。

さまざまな人の人生に接することができる

入国審査官は、さまざまな人と接する仕事です。

諸外国から日本に入国しようとする人の中には、観光目的で訪れている人もいれば、故郷に仕送りするために仕事をしに来ている人、何か世界的な貢献につながる活動のために日本を訪れている人もいます。

入国審査官はそうした目的についても訪ねるため、言い換えれば「入国する人の人生に触れている」ともいえるのです。

そうした経験は、ときには入国審査官の考え方や生き方に大きく影響することもあるかもしれません。

入国審査官の仕事内容

入国審査官の魅力

有名な外国人と話せるチャンスも

入国審査官として働く中で、ひょっとしたら有名人と話せるチャンスが巡ってくるかもしれません。

いくら有名人でも入国時には入国審査を受けなければならず、入国審査官として働く中で年に何回かは有名人の審査に携わることもあるかもしれません。

もちろん、有名人だからといって審査を甘くすることはできませんので、使命感と責任感をもってしっかりと入国審査を進めなければなりません。

外国人にとっての「最初にコミュニケーションをとった日本人」になれる

有名人以外にも、さまざまな外国人と接する上で入国審査官は「その外国人と最初にコミュニケーションをとる日本人」になるかもしれません。

入国しようとする外国人の中には、今までに日本人と密にコミュニケーションをとった経験がない人もいるでしょう。

そうした人にとっては、入国審査時の入国審査官の態度が「日本人の印象」を強くあたえることになるのです。

入国審査官には冷静な判断力が求められますが、丁寧な受け答えを心がければ外国人に日本人の良いイメージを印象付けてもらえるかもしれません。

外務省に出向し、在外公館で働くチャンスも

入国審査官として働く中では、各省庁との人材交流の一環として「外務省への出向、および在外公館での勤務」を経験することもあるかもしれません。

さまざまな国の日本大使館で業務に携わり、実際に諸外国で生活することによって国際意識の強い入国審査官として経験を積むことができるのです。

将来的に外国で働いてみたいという人には、入国審査官の仕事は魅力に感じることでしょう。