自衛隊の寮の雰囲気は? 残留の日は何をして過ごしている?

自衛隊の寮生活

若手自衛官や独身者は指定された場所に住む

自衛官は、自衛隊法によって指定された場所に住み、生活をしなくてはなりません。

若手の自衛官は、基本的には「基地」や「駐屯地」といわれる、自衛隊の拠点となるエリア内で居住することになります。

幹部自衛官になったり、結婚することになればこの限りではありませんが、基本的に若い自衛官は基地や駐屯地で、寮生活を送ることになります。

寮では先輩と一緒の部屋割りとなる

基地や駐屯地の外を「営外」と呼ぶように、その内部はは「営内(えいない)」と呼ばれています。

そして営内で暮らす隊員達の各居室は営内班といいます。

この営内班は、陸上自衛隊であればだいたい3~4人、多くても5人で一部屋になります。

普通は一期上(一年先輩)・二期上・三期上の先輩たちと一緒といったように、各期1人ずつで3~4人の部屋割になります。

そして毎年、階級が上がる、任期満了で退官する、または新しく新隊員が入ってくるなどの理由によって部屋の人数にばらつきも出ますので、毎年春先になると新たに部屋割が発表されます。

ただ、すべての部屋で入れ替えがあるわけでもなく、その部屋から退官する人がいなければ次の1年も同じ顔ぶれで過ごすことになることもあります。

部屋の掃除は、基本は全員ですることになっていますが、ゴミ出しは一番下の隊員の仕事と決まっています。

普段の過ごし方

大きな訓練や演習が始まれば少しバタバタした雰囲気が続きますが、普段の営内は落ち着いた雰囲気です。

その日の仕事が終わればそれぞれがランニングなどのトレーニングをしたり、部屋でテレビを見たりゲームをしたりして過ごしています。

テレビやゲームなどの持ち込みも、部隊に配属されてから2~3ヵ月経てば許可されます。

入浴や消灯の時間は決められているため、規則正しい生活を送ることになります。

各部屋の雰囲気に関してですが、こればかりは部屋の一番上の先輩で決まってしまいます。

厳しい先輩と同室になってしまえばいろいろと大変ですし、逆に穏やかな先輩と一緒になればそれほど気を使うことなく過ごすことができます。

ただ、他の部屋にも出入りはできますので、同期の部屋がのんびりとした雰囲気であれば、自然と一番下の隊員達はその部屋に集まりがちになります。

営内には娯楽施設がある

駐屯地に住む自衛官は基地外に自由に出ることはできませんが、その代わり、営内には売店、食堂、喫茶店、床屋など、さまざまな施設があります。

基本的に営内で日常生活に必要なものも揃えることができますし、所定の福利厚生施設であればお酒を飲むことも可能です。

寮生活は、自衛隊特有の集団生活に慣れるまでは少々戸惑うかもしれませんが、こうした娯楽施設を利用しながら、オフの時間にしっかりとリフレッシュをすることは可能です。

残留の日の過ごし方

残留とは?

陸上自衛隊には「残留」という制度があります。

これは戦争や災害などの緊急事態が起きた時のために、先遣隊要員として一定数の隊員を基地・駐屯地に残しておく制度です。

営内に居住する自衛官の外出や外泊は、階級や経験、翌日の勤務状況などを考慮して基準を定めて許可されていますが、残留の日は営内に残らなくてはなりません。

残留をするのは営内に居住している若手の隊員が対象で、交代制になっています。

営内にも相当な隊員が住んでいますので、実際は自分が残留になるのは月に多くても1週間程度です。

しかも平日も含み、平日であれば理由もなければとくに外出もしないので、実質は月に1日か2日ほど日に外出できないという感覚です。

休日の残留はのんびり過ごす

休日に残留となってしまった日は、外出はできませんが、基本的には仕事もなくのんびり休むことになります。

ただし、いつでも対応が取れるように基本は部屋にいなければいけません。

もしランニングなど体力作りがしたい時は当直(日替わりで隊員の管理や雑務をする仕事)に一言伝える程度で大丈夫です。

ですので、ほとんどの人は駐屯地内で走ってるか、もしくは部屋で本を読んだりテレビを見たりしながら1日を過ごしています。

しかし、たまに休日の残留でも仕事がある日があります。

たとえば冬に雪が降った日や、秋に落葉がたくさんあったりした日などに掃除をしたり片づけをしたりなどの雑用をしなければなりません。

ほかにも大きな訓練が前後にあるとちょっとした準備や片づけもしますが、これらはあくまで例外で基本は休日として過ごします。

いつでも動ける準備は必要

自衛隊は、何かあればいつでもすぐに対応できる準備が必要になります。

そのため、残留の日や休日でも、すぐに出動できるように個人個人できちんと準備はしておく必要があります。

基本的な装備は決まってますので、それらを背嚢(自衛隊のリュック)に詰めてロッカーにしまっておき、いざというときは先遣隊として動けるようにしておかなければなりません。

これら物心両面の準備さえしておけば、残留の日は外出しないでゆっくり休むという雰囲気になります。