外交官の需要・現状と将来性

外交官の現状

現代社会では、政治・経済・物流・文化などあらゆる面でのグローバル化が急激に進んでいます。

そのため、現在国同士の横断的な仕組みづくり、世界的なルール整備など、新たな取り組みがどんどん行われています。

また、今後生み出されるテクノロジーや仕組みの活用や規制の際には、世界基準で調整することも増えていくでしょう。

このような現状において、外交官の担う役割はますます大きくなっています。

また、海外出張や海外旅行など、国民の個人レベルでも、海外は大変身近な存在となっています。

渡航者が増えるということは、彼らの安全を守る外交官の責務や業務も増えるということです。

グローバル化社会において、現在外交官の担う役割は大変重要となっているといえるでしょう。

外交官の需要

その職務の専門性と魅力に加え、国家公務員であるというポイントもあり、外交官は大変人気の職業のひとつです。

毎年、外交の最前線で働くことを夢見て、多くの若者が受験しています。

そのため、外交官となるためには狭き門をくぐる必要があると言わざるを得ないでしょう。

一方、国際社会において外交官の担う役割はどんどん拡大しています。

そのため、外交官の需要は減ることはない、むしろ拡大していくという見方もあります。

国際社会の情勢を冷静に客観的に洞察し、専門性を持って外交に当たる人材は、大変貴重で重要であるからです。

外交官の将来性

今後の社会において外交官の重要性は増していくと考えられます。

社会の国際化は止まることなく進み続け、外交官の仕事も多様になっていくと考えられます。

かつ、外交官は国家公務員です。

そのため、景気や社会情勢によってその立場が脅かされることはありませんし、収入も安定しています。

何より社会的信頼が非常に高いことも外交官の魅力です。

しっかりと業務を遂行し、実績を積めば、出世・昇給を期待することもできます。

また、業務を通して得た高い語学力と、国際情勢に関する高い知見を生かし、民間企業に転職し、さらにキャリアを伸ばすという方法もあります。

海外に既に拠点のある企業だけではなく、海外進出を狙っている新興の企業に好待遇で迎えられることも可能でしょう。

いずれにしても、外交官としてしっかりとキャリアを積んでいれば、長い目で見ても高い将来性があるといえます。

外交官の今後の活躍の場

ワールドカップや世界選手権などのスポーツの世界的大会、学会などが日本で開かれる折は、外交官には、日本の文化を海外に伝えるチャンスがあるでしょう。

そのような大会の時は、海外の人たちが、日本の言語や食文化、ファッション、伝統芸能などに興味を持つ機会も圧倒的に増えることになります。

そのため、世界的なイベントが日本で開かれる時は、日本のインバウンド政策において大変重要な意味を持つことになります。

外交官はもともと、赴任地で日本の文化を広めるための活動もしています。

スポーツの国際試合や、さまざまな国際的イベントが日本で開かれるたび、外交官はそれまで以上に、世界各地に日本の素晴らしさを広めるチャンスを得られる可能性が広がっています。

日本に対する関心が高まるこの時期は、従来の業務だけでなく、様々な場において、外交的な手腕がためされることになるといえるでしょう。