「 葬祭・宗教」系の職業・仕事

僧侶(住職・坊さん) お寺に所属し、葬儀や法事の際の読経、説教をするほか、墓地の維持・管理に携わる

僧侶は主にお寺に所属し、葬儀や法事などでお経を唱えたり、説教をすることを仕事としています。お寺によっては寺院墓地を持っているところもあり、その墓地の維持、管理等も仕事になります。僧侶になるには、仏教系の大学や仏教系の学部のある大学に通い勉強をするのが一般的です。卒業後は、仏門に入り、僧侶になるために一定年数修行を行います。宗派によってもさまざまですが、基本的には2、3年間修業をするようです。修行を終えた後、お寺に弟子入りするなどして僧侶となります。仏教に対する考え方が希薄になっているため、特に若年層を中心に仏教に興味を持ってもらうための普及活動を行っている僧侶も多くなってきています。

神職・神主 神社に所属し、儀式の執行や参拝者の対応、施設の維持管理、事務処理まで幅広く携わる

神職・神主とは、神社で働く宗教職です。神主というのは一般的な呼び名で、正式には神職といいます。宗教家という色合いが濃い職業ですが、実際には神社において各種儀式の執り行いだけでなく施設の維持管理、事務処理までをこなし、業務の幅が広い職業です。神職に就くためには、特定の大学や神職養成所で神道について学ぶ必要があります。世襲で就職する人が多い職業ですが、一般募集をしていることもあります。収入や待遇についてはあまり恵まれている状況にはありません。神道は日本に古来から伝わる伝統的な宗教であり、文化です。神職には、その伝統を現在の人々に伝え、そして後世に引き継いでいくという社会的な意義が強いという一面もあります。

神父・牧師 カトリックやプロテスタントのキリスト教会に所属し、人々へ布教活動や礼拝、ミサを行う

神父・牧師とはキリスト教の教えを教えたり、礼拝、ミサを行ったりする聖職者のことです。それ以外にも、キリスト教信者の葬儀、教会での結婚式などの際に神父、牧師として参加することがあります。保育施設や社会福祉施設を運営しているケースも多く、そういった施設で働いている神父、牧師も多いです。キリスト教の中でも、カトリック教の方は神父、プロテスタントの方は牧師と呼びます。神父は結婚することが許されておらず、女性がなることもできません。一方、牧師は結婚もできますし、女性でも牧師になることが可能です。給料は低めで、収入源は信者の献金や冠婚葬祭での手当になります。神学校や大学の神学部に通って神父、牧師になる人が一般的です。

葬儀屋 亡くなった方の葬儀手配から式場準備、司会進行まで、葬儀に必要な一連の業務を担当する

葬儀屋とは、亡くなった方の葬式を始めから終わりまで管理・進行していく方のことを言います。葬儀の依頼を受けると、お通夜の手配、葬式の手配をし、式当日は分業して仕事を進めます。葬儀の規模や地域のしきたりなどにより仕事内容は若干変わります。葬儀屋は小規模の事業者が多く、求人は人づてで決まることも多いようです。ですが、葬儀について学ぶことのできる専門学校においては、学校が就職先を紹介してくれることもあります。基本的には、葬儀の連絡があり次第、対応をする必要があるため、生活は不規則になりがちです。葬儀屋の需要がなくなることは今後も考えられませんが、低価格のプランなど、葬儀に対するニーズが多様化しており、葬儀業界には変革が求められつつあります。

納棺師 遺体が火葬される前段階において、その状態を適切に管理しながらきれいな形で棺に納める

納棺師は、亡くなった人を棺に納めるために必要な作業を行う人のことをいいます。衣装を着せたり、場合によっては修復作業を施したりしながら遺体の状態を管理します。なるために特別に必要とされる資格等はなく、葬儀会社や納棺専門会社に就職して専門知識や技術を深めていくことが一番の近道となりますが、葬儀会社では多様な業務があるため、必ずしも納棺の仕事に携われるとは限りません。専門会社よりは葬儀会社のほうが給与水準は高い傾向にあり、大手葬儀会社の平均年収は500〜600万円程度とされています。高齢化社会が進み、納棺の儀に重きを置かれた葬儀を多数行う地域では納棺師の活躍の場が増える一方、都市部では葬儀を簡略化させる動きも見られます。