検察事務官の1日のスケジュール・生活スタイル

検察事務官の業務スケジュール

検察事務官は検察庁に務める国家公務員として、刑事司法の一翼を担い、社会秩序の維持に貢献することを使命としています。

勤務時間は国家公務員法により1日7時間45分と決められており、週休二日制となっています。

職場となるのは大きく分けて「捜査・公判部門」「検務部門」「事務局部門」の3部門で、それぞれの分門で仕事内容も働き方も大きく変わります。

捜査・公判部門の仕事内容

検察官と二人三脚で事件捜査にあたる立会事務、起訴・不起訴を決めるための取り調べを行う捜査事務、公判立会に対し公判手続きの確保などを行う公判事務などの業務を行います。

検察事務官の中でも一番忙しいといわれる職場です。

検務部門の仕事内容

捜査機関から送られてくる事件の受理手続きを行う事件事務、証拠品の受け入れや保管などを行う証拠品事務、裁判終了後の刑罰執行手続きを行う執行事務など、主に事務仕事を役割とする部門です。

事務局部門の仕事内容

総務事務や会計事務といった役割があり、一般企業の総務部にあたる部門です。

福利厚生や人事・給与管理、庁舎の維持管理なども行い、比較的規則正しい働き方ができる部門といえるでしょう。

検察事務官の1日

検察事務官は捜査・公判部門のように検察官の補佐がメインとなる場合と、事務局部門のように事務仕事がメインとなる場合があります。

それぞれのある一日を紹介していきます。

捜査・公判部門で働く検察事務官の1日

8:30 出勤
午前中に行う担当事件の調査資料の読み込みや検察官に渡す資料準備を行う。
10:00 取り調べ
本日1回目の取り調べを行う。
12:00 ランチ
弁当持参や外食など人それぞれですが、今日はタッグを組む検察官と近所の定食屋へ。
13:00 事務処理
午前中に取り調べを行った事件の調査書類を作成する。
15:00 取り調べ
本日2回目の取り調べ。
17:00 事務処理
過去に行った事件記録の整理整頓を行う。
20:00 明日の準備後、帰宅
翌日の取り調べ準備を行い帰宅。

事務局部門の検察事務官の1日

8:30 出勤
出勤後はメールの確認を行い、帰宅前に着手していた事務処理を終わらせる。
10:00 会議
検察庁内の運営に関わる会議に参加する。
12:00 ランチ
同僚と一緒にランチを楽しむ。
13:00 会計業務
捜査などで使われた経費の精算を行う。
16:00 備品整理
不備・不足のあった備品設備の確認を行い、必要なものを発注。
18:00 事務処理
本日分の業務が終わったため、未了の事務処理をを進め帰宅。

検察事務官の勤務時間・休日・仕事は激務?