入国警備官の仕事内容

外国人を管理し、日本の安全を守る 入国警備官は、海外から日本を訪れる外国人や日本国内に在留する外国人を管理し、日本の安全を守る仕事です。法務省入国管理局に所属する国家公務員となります。 外国人が観光・留学・駐在などの目的 … 続きを読む

入国警備官の活躍の場

活躍の場はさまざま 海外から入国する外国人を管理するために、各国それぞれの法律に基づいた入国管理体制が敷かれています。日本の場合、入国管理体制のトップにある組織が「法務省 入国管理局」です。 入国管理局の下には「地方入国 … 続きを読む

入国警備官の1日

仕事は分業で行われる 入国警備官の業務は「違反調査」「摘発」「収容」「送還」の4つに分けることができますが、1人の警備官が一度に全ての業務に関わるわけではありません。違反調査担当なら違反調査、摘発担当なら摘発…と、各人が … 続きを読む

新人1年目の入国警備官

入国警備官としての任命後 入国警備官として採用、任命されると、まずは全員「初任科研修」を受け、入国警備官として必要な知識と技能を身につけていきます。 具体的な研修内容としては、「入管法」や「外国人登録法」など入国警備官の … 続きを読む

入国警備官と入国審査官の違い

どちらも国家公務員 入国警備官と入国審査官は、どちらも法務省に属する国家公務員です。また、両者とも日本に入国する外国人の管理をする仕事ですが、いくつかの違いがあります。 まず仕事内容に関しては、入国警備官はすでに日本国内 … 続きを読む

入国警備官の現状と将来性

国際化に伴い入国警備官への期待は高まる 国際化が進むと共に、ビジネスや留学、観光目的で来日する外国人の数は増えています。しかしそれに伴って、入管法に違反して在留する外国人や、母国よりも良い環境の日本で不法就労を続けようと … 続きを読む

入国警備官のやりがい

違反者を無事に送還できたとき 入国警備官はそれぞれが分担して各業務に当たっていますが、一連の業務の集大成ともいえるのは「送還」です。調査を進め、摘発した違反者を母国などに無事送り還すことができた時は、何ともいえない安堵感 … 続きを読む

入国警備官の苦労、大変なこと

外国人を相手にする苦労 入国警備官が相手にするのは外国人です。どんな仕事であっても人を相手にするのは苦労する面がありますが、この仕事ではそれに加えて言語や文化等の壁も出てくるため、必ずしもスムーズに業務が進むとは限りませ … 続きを読む