皇宮護衛官の年収はいくら? 給料についてくわしく解説

国家公務員である皇宮護衛官の給料は、法律で定められた「俸給表」にもとづいて支給されます。

皇宮護衛官の俸給表は、職務の特殊性から、一般的な事務などを担当する職員の給料と比較し、やや高めの水準となっていることが特徴です。

この記事では、皇宮護衛官の給料・年収や手当、福利厚生などについて、各種データをもとに紹介しています。

皇宮護衛官の平均年収・給料の統計データ

皇宮護衛官の平均年収・月収・ボーナス

皇宮護衛官の給料は、国家公務員「公安職俸給表(一)」の給与体系が適用されます。

公安職俸給表(一)_2022

公安職俸給表(一)の平均給与は、41.4歳で月額379,615円となっています。これは毎月決まった給与(俸給)320,437円に手当の59,178円を加えたものです。

手当の内訳は、地域手当等31,608円、俸給の特別調整額6,062円、扶養手当12,922円、住居手当3,332円、その他5,254円となっています。

なお、ボーナスは「期末・勤勉手当」として6月・12月の年2回、合計して俸給等の4.3月分が支給されます。(令和4年4月13日現在)

そこから算出すると皇宮護衛官の平均ボーナス額は約1,632,344円、平均年収は約6,187,724円と想定されます。

職員数:21,989人
平均年齢:41.4歳
平均経験年数:20.1年
平均給与月額:379,615円
俸給:320,437円
手当計:59,178円
想定平均ボーナス:1,632,344円
想定平均年収:6,187,724円

出典:人事院「令和4年 国家公務員給与等実態調査」

※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

皇宮護衛官の初任給はどれくらい?

皇宮護衛官が該当する「公安職俸給表(一)」によると、経験年数が1年未満の人の平均俸給額は、大卒者が208,623円、高卒者が178,861円です。

なお、皇宮警察本部が公表している初任給(令和2年4月予定 ※東京で勤務する場合)は、下記の通りです。

  • 大卒程度試験で採用された者:250,320円
  • 高卒程度試験で採用された者:208,080円~238,800円(学歴によって異なる)

上記の金額とは別に、扶養・住居・通勤・ボーナス(年2回)などの各種手当が付きます。

なお、皇宮護衛官として採用された人は、皇宮警察学校で所定の研修を受けたのちに各現場に配属されますが、皇宮警察学校にいる間も給料が支給されます

→出典:皇宮警察本部 採用情報Q&A

皇宮護衛官(公安職)の経験年数階層別平均俸給額

公安職の経験年数ごとの月額俸給を表したグラフです。この額に諸手当が年齢や条件によって2~12万円ほど付与されます。

公安職俸給表(一)経験年数・学歴別平均俸給額_2022

皇宮護衛官(公安職)の級別平均俸給と経験年数

国家公務員の俸給は、各人の級によって変わります。それぞれの級の平均俸給を表したのが下記のグラフです。

公安職俸給表(ー)級別平均俸給額_2022

賃金構造基本統計調査より作成。本統計は調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

皇宮護衛官の給料・年収の特徴

皇宮護衛官の給料を定めた「公安職俸給表(一)」は、一般行政職の俸給表よりも、やや高めの水準となっています。

皇宮護衛官の仕事では夜間勤務もあり、不規則な勤務体系になることなどが、その理由のひとつだとされています。

実際の給料は、勤務地や階級、経験年数などによっても変わってきますが、40歳前後でボーナスを含めて年収600万円以上に達する人が増えると考えられます。

驚くほどの高収入を得るのは難しくても、毎年ボーナスが年に安定して2回支給されることや、国家公務員としての手厚い手当が用意されているのは皇宮護衛官の魅力です。

皇宮護衛官の福利厚生の特徴は?

国家公務員である皇宮護衛官は、各種休暇制度や福利厚生、待遇に関して、他の国家公務員と同様のものが適用されます。

休暇制度に関しては、年間20日間の年次休暇のほか、特別休暇(夏季・結婚・忌引・ボランティアなど)、介護休暇、病気休暇などがあります。

住居については、独身宿舎や家族宿舎が勤務地の近くに整備されており、そちらを利用することもできます。

皇宮警察学校卒業後は、階級が進むごとに巡査部長任用科、警部補任用科など昇任に応じた研修や、実務に即した鑑識専科、護衛専科、情報管理専科などの各種研修制度を受け、専門性を磨くことができます。

語学力・白バイ技能・騎馬技能・武道指導などの海外研修制度も用意されています。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

皇宮護衛官が収入を上げるためには?

皇宮護衛官の初任給は学歴によって差がありますが、その後の昇任に関しては学歴による制限はありません。

皇宮護衛官には「階級」が定められており、新任は「皇宮巡査」からスタートします。

大卒でも高卒でも、現在の階級で所定の年数勤務することで、誰でも次の階級に進むための昇任試験が受けられます。

年齢だけでなく、階級が上がることによっても給料は上がっていくため、経験を積み、昇任を目指すことで収入アップが見込めます。

海外勤務や警察庁・都府県警察への出向、国内・海外での各種研修なども用意されており、昇任のチャンスは誰にでもあります。