労働基準監督官の仕事内容

労働者の権利を守る仕事 労働監督官は、自分の管轄内の事業所(企業)が、労働に関する法律の基準を守り、適切な労働環境の運営を行っているのかをチェックしています。また、労働者の権利を保護するための業務を行っています。 たとえ … 続きを読む

労働基準監督官の現状と将来性

労働基準監督官の現状 労働基準監督官は国家公務員であり、他の公務員と同様に比較的安定している職種であるといえるでしょう。 しかしながら、近年の経済不況の影響から、公務員数を削減すべきという流れの中に労働基準監督官も含まれ … 続きを読む

労働基準監督官の役割

労働基準監督官の業務 労働基準監督官は、以下の業務を行っています。 臨検監督 労働基準関係法令に基づいて、定期的な、または労働者からの相談によって、管轄する事業所に立ち入り調査を行います。 調査にあたっては、業務で使用す … 続きを読む

労働基準監督官の魅力

社会的意義が大きく、やりがいある仕事 社会で働くほとんどの人が、自分のためまたは家族のために安定した生活を送ることができるように、また自分の能力を活かしより良い環境の中で働きたいと考えるでしょう。 しかしながら現実には、 … 続きを読む

労働基準監督官の1日

労働基準監督署での1日の例 8:30 始業。メールのチェックと、1日のスケジュールを確認します。 臨検監督に行く場合は、事業所に関する資料や法令集を準備します。 9:00 事業所や工事現場に、臨検監督(定期的な調査、また … 続きを読む

労働基準監督官のやりがい

困っている労働者を助けることができる 経営状態が悪化したり、労働関連法令を遵守していない企業においては、 「法律で定められた最低賃金よりも低い給料で長時間働かされている」 「不当な解雇要求をされた」 「設備等の安全対策が … 続きを読む

労働基準監督官のつらいこと、大変なこと

協力的でない事業主との対峙 労働基準監督官は、最低賃金や勤務時間など、労働基準関連法令で定められた権利を労働者が受けられるように、労働者と事業者との間に立って問題の解決へと導きます。 労働者からの相談を受けると、労働基準 … 続きを読む