国税専門官の志望動機と例文・採用面接で気をつけるべきことは?

国税専門官を目指すきっかけで多いものは?

国税専門官の仕事は、税金をきちんと徴収するために確定申告の書類作成の準備をしたり、実際に正しい納税が行われているかを調査したり、滞納があれば徴収したりなど多義に渡ります。

どの仕事も国がきちんと機能するための税収を得ることを目標に働くので、不正を許さないという責任感が強い人に向いている仕事です。

とくに「マルサの女」などの映画で国税専門官という仕事を知り、国のための税金をきちんと徴収するために働くことがかっこいいと思ったことが、国税専門官を目指すきっかけになった人も多いといいます。

また、国家公務員なので給料は安定していますし、休暇などの待遇が良いのも国税専門官の魅力です。

国税専門官の志望動機の考え方

国税専門官の一人ひとりの考えや思いは諸々あるでしょうが、配属された国税専門官たちは、あくまでも国税庁の定める業務方針に従って、日々淡々と業務を遂行しています。

そのため、組織のルールを守ってきちんと動ける人材であることをアピールすると、好印象です。

しかしながら、そうした規則に縛られた業務のなかでも、納税者と直接関わり生の声を聞くことで、できる限り適正かつスムーズに納税が行われるよう日々工夫や改善を凝らすことも大切になってきます。

ですから、面接の際には、「税のシステムは問題があるので自分が現場から改善したい」というような動機を伝えるのではなく、「自分の持つ税や法の知識を現場で生かし、必要とされたい」という前向きな気持ちを自分の言葉で伝えるとよいでしょう。

国税専門官の志望動機の例文

例文その1

「私が国税専門官になりたいと考えたきっかけは、納税者にとって分かりにくい税制について丁寧に伝えるなどして、確定申告で納税者が正しく申告できるようにフォローがしたいと考えたからです。

税制は一般の方々にとって分かりにくく感じられる面もあり、確定申告を面倒だと感じて、きちんとやらないという人も少なくないようです。

しかし、皆さんに正しい税の知識を持ってもらい、正しい申告を行ってもらうことは、日本経済を支えるためにも非常に重要なことだと思います。

だからこそ、私は人々にできるだけ寄り添いながら、税に関する手助けができる国税専門官を目指したいと考えています。

学生時代のリーダー経験で培った責任感を生かし、国の大切な税金を正確に徴収するために努力してまいります。」

例文その2

「私は、国税専門官として、将来的には納税を正しくできていない企業を捜査する仕事をしたいと考えております。

ニュースでたびたび取り上げられる大きな脱税問題に触れたことで、私はこの仕事に興味を持ちました。

学生時代には経済学統計学を専門に学び、データから物事を読み取る力や、細かな数字に目を向ける力が養われたと感じております。

企業が不正をしていないかを調査する際には、持ち前の集中力を発揮し、さまざまなデータから検証して、正しい税金収入ができるように働きかけていけるよう努力いたします。」

国税専門官の面接で聞かれること・注意点

人事院・国税庁が発表している平成29年度の国税専門官採用試験の受験案内を見てみると、筆記と面接の配点比率は筆記が「7/9」なのに対して、面接が「2/9」となっています。

国税専門官は高度な専門知識が必要な職業であるため、やはり筆記試験が重視されているのは納得できますが、面接の比重も決して小さくはありません。

国税専門官採用試験の面接では、税や法に関する知識を細かく答えさせるというよりも、実際に納税者と対面したときの対応の仕方を見たり、そもそも国税専門官を志望した理由を聞いたりといったことが中心になるようです。

もちろんその際に税の知識があやふやであったりすると、面接官によっては減点対象とするケースもあるため、気を抜かず勉強を重ねておくことが大切です。

国税専門官の自己PRのポイント

国税専門官の面接では、どの仕事に就く場合も問われる「志望動機」のほか、「ストレス耐性」のチェックがなされることが多いです。

この仕事では大きなプレッシャーやストレスがかかるような場にもしばしば出くわすため、面接でも「ストレスを感じやすいほうですか?」や「自分なりのストレスの解消法は?」といった質問がなされることがしばしばあります。

ストレスがまったく溜まらないという人はめったにいませんが、面接官は溜まったストレスをどう解消するのかを知りたいと考えています。

国税専門官にとっては、その日の仕事で抱えたストレスをずっと溜め込まず、しっかり気持ちを切り替えて翌日に出社できるかどうかということが、仕事を続けていくうえでのポイントとなります。

そうした面でも適性があるということを、面接で伝えられるように考えておきましょう。

国税専門官の履歴書で気をつけるべきことは?

筆記の第1次試験に合格すると、合格通知一緒に「面接カード」が同封されてきて、こちらの必要事項を記入したカードを参考にしながら面接が進められる形となります。

この面接カードは民間企業の就職活動でいうところの履歴書とエントリーシートに当たるもので、志望動機、自己アピールなどの志望者の人物像を面接官が判断する際の材料となります。

国税専門官は書類と睨み合うデスクワークであると思われがちですが、実際には納税者と直接面談する機会が非常に多いです。

特に国税徴収官や国税査察官として働く場合、悪質な税金滞納者や脱税容疑者と向き合うことも多いため、一筋縄ではいかないケースも多々見られます。

そうした際に、場を混乱させることなく冷静に、なおかつ問題を解決させる方向に話し合いを持っていくための技量が国税専門官には求められます。

そうした意味で、この面接カードにはコミュニケーションスキルがあることや、それを裏付けるエピソードなどを書けると印象がよいでしょう。