白バイ隊員になるには? 仕事内容は?

白バイ隊員の仕事内容

白バイ隊員は、スピード違反や駐禁などの交通違反を取り締まり、交通事故を減らすことがおもな役割です。

ドライバーのなかには、「ちょっとぐらいならいいだろう」と交通ルールを軽視してしまう人も残念ながら一定数いますが、ほんの些細なミス、心の油断が、取り返しのつかない大事故につながることもあります。

このため、白バイ隊員は、ただ単純に交通違反者に対する事務手続きを行うだけでなく、交通違反がどれだけ危険なのかを理解してもらうことも大事な仕事です。

白バイ隊員は、ときにドライバーに煙たがられることがあっても、粘り強く交通ルールの重要性を説き、交通違反者を改心させ、交通事故を未然に防ぐ努力をすることが大切です。

また、交通違反を取り締まる以外にも、その機動力を生かして、事件発生時の緊急配備や犯人の追跡などを行うこともあります。

白バイ隊員になるには

白バイ隊員になるまで

白バイ隊員になるには、まず警察官採用試験を受けて警察官になることがスタートです。

交番勤務などを一生懸命にこなしてキャリアを積みながら、自費で「大型二輪免許」を取得し、上司に白バイ隊員になることを志願します。

そこで上司からの推薦状を得られれば、各警察署の養成所で行われる基本訓練に参加することができます。

訓練において、体力や運転技術、心理的適性などが認められると、白バイ隊員として各都道府県警察の警察本部に置かれている「交通機動隊」に配属され、白バイ隊員として働くことができます。

各警察本部における白バイ隊員の数はおおむね30名~50名程度と決して多くはありませんので、志願者の数を考えると、白バイ隊員になるには非常に厳しい競争に勝ち抜かなければならないといえます。

なお、近年では女性の白バイ隊員も増加傾向にあり、全国で100名を超える女性隊員が活躍しています。

白バイ隊員になったあと

新しく白バイ隊員になった人は、3ヶ月~4か月ほどかけて、専用コースや岩場での特殊訓練を受け、手足と同じように白バイを扱えるようになるまで、徹底的に技術の習得に励みます。

一通りの教習を終えた後は、先輩隊員とともに現場に出て、違反の見極め方や違反者への対応など、実務や心構えを学びます。

取り締まりを単独でこなせる一人前の白バイ隊員になるには約3年ほどかかるといわれており、運転技術や道路交通法などについての知識、とっさの判断力など、長い時間をかけて養っていくことが必要です。

白バイ隊員の仕事はハード?

颯爽と大型バイクにまたがって、違反者を猛スピードで追走したり、あるいは駅伝を先導したりする姿を見て、白バイ隊員に憧れる人は少なくありません。

しかし、そうした華やかな面ばかりに目を向けるのではなく、実際の業務は気力・体力ともに酷使する地味な側面も強いということも認識しておかなくてはなりません。

ときには日中から夜中まで110当番対応に追われ続け、1日に200キロ以上走行しないといけないケースも頻繁にありますし、事件が発生した場合は、長時間に及ぶ残業をこなさないといけないときもあります。

真夏の炎天下や、真冬の寒さのなかでも、あるいは豪雨のなかでも、もちろん休むことはできません。

ただ、それでも「白バイ隊員になりたい」という警察官が大勢いるのは、それだけ白バイ隊員の業務に大きな社会的意義があり、やりがいに溢れた仕事であるからに他なりません。

これから白バイ隊員を目指して警察官になりたいという人は、学生のうちから、厳しい業務に耐えられるだけの体力づくりに励んでおくとよいでしょう。