鑑識官になるには? 仕事内容は?

鑑識官の仕事内容

鑑識官は、事故現場や犯行現場において犯人が残していった証拠を採取して調べたり、現場の写真撮影を行ったり、目撃情報からモンタージュを作成したりして、犯人を特定したり犯行状況を明らかにする仕事です。

とくに、被害者が死亡していたり、重傷を負って意識がないようなケースでは、直接目撃情報などを得ることは非常に困難です。

そこで、鑑識官は、指紋や体液、毛髪、足跡、タイヤ痕、あるいは紙片や破片、植物片など、現場に残されたありとあらゆるものを採取・調査し、犯人を追うための重要な手掛かりを見つけ出します。

鑑識官が収集した証拠品のなかで専門的解析が必要なものについては、各都道府県の「科学捜査研究所」に送られて、筆跡鑑定や薬物鑑定、DNA鑑定など、さまざまな手法を用いて分析が行われます。

なお、鑑識に関する基礎的なスキルは、警察官であれば誰でも身につけていますので、たとえば空き巣被害に遭った家宅における指紋採取などは、鑑識官でなく、現場に駆け付けた警察官が行うことが一般的です。

鑑識官になるには

鑑識官は警察官の一種ですので、まず各都道府県が実施する警察官採用試験を受けて合格することが第一歩です。

その後、志願して任用試験を受けたり、あるいは適性が認められると、都道府県警察本部の刑事部門内にある「鑑識課」に配属され、研修を受けた後に鑑識官として働くことができます。

新人の警察官がいきなり刑事部門に配属されることはほぼありませんので、交番勤務などでキャリアを積みながら、異動のチャンスを待つことになります。

しかし、捜査一課をはじめとした刑事部門は、警察組織のなかでも非常に人気のある部署で、鑑識課についても、テレビドラマや「警察犬」の存在などから知名度は高く、志望者は大勢いますので、競争は熾烈です。

都道府県によって鑑識官の任命方法は若干異なるため、詳細については就職を希望する都道府県警察に問い合わせて確認するとよいでしょう。

科学捜査研究所で働くには?

遺留品などの化学的分析を手掛ける科学捜査研究所(科捜研)は、各都道府県警察本部のなかにある組織です。

しかし、しばしば勘違いされることですが、求められるスキルの違い、専門性の高さなどから、科捜研の職員については、警察官とは別枠で採用が実施されています。

つまり、科捜研で働くには、警察官採用試験を受けて警察官になるのではなく、各都道府県が実施する「科学捜査研究所職員採用試験」を受ける必要があります。

科捜研職員の採用については、法医部門、心理学部門、化学部門など、募集される職種に応じた高度な知識が必要になりますので、それらの学部学科を出ている大卒者や院卒者が対象となります。

ただ、募集は基本的に退職などで欠員が生じた際にのみ行われるため、まったく採用自体がない年も珍しくなく、年間の採用人数はあっても1人程度です。

このため、希望する都道府県の科捜研で働くには、辛抱強くタイミングを待たないといけない可能性が高いかもしれません。