消防士採用試験の難易度・合格率・倍率

消防士の採用試験は自治体ごとに行われる 消防士になるためには、各自治体が実施する「消防官採用試験」に合格することが必要です。 自治体によって試験日程や試験内容などの概要が異なるため、事前に各自治体の消防官採用に関する情報 … 続きを読む

消防士採用の求人・就職の状況

消防士の数は年々増えている 平成30年4月1日時点での消防本部の数は728、消防署は1,719、そして消防職員の数は164,873人となっており、その数は毎年増加傾向にあります。 大規模な災害も日本各地で起こるなか、消防 … 続きを読む

消防士に転職するには?

消防士への転職状況は? 消防士は、高校や大学などを卒業してそのままこの仕事に就く人が多くいる一方、別の仕事をしていた人が転職によってなる人もいます。 転職者の割合は正式にはわかりかねますが、消防本部や消防署によっては、全 … 続きを読む

消防士から他業界への転職はある?

消防士を辞める理由で多いものは? 離職率は? 地方公務員である消防士は、何か問題を起こしたり自分で希望したりしない限りは、基本的に定年退職となるまでずっと働き続けることができます。 しかし、なかには何らかの理由で途中で消 … 続きを読む