官僚のやりがい・楽しさ・魅力

官僚のやりがい・楽しさ

日本を動かしている仕事

官僚が働く中央省庁はまぎれもなく日本を動かしている組織ばかりです。

各種法律案を考えたり、国家予算を立案したり、国家プロジェクトのメンバーに招かれたり、日本の行く末を左右する案件に多く関わるため、ほかの職業とは違うやりがいもあるでしょう。

当然ながら大きなプレッシャーの中で仕事をするため強い精神力が求められますが、自分が携わった仕事の成果として、国民が安心して暮らすための制度が後世にも引き継がれることを考えると、使命感と責任感も計り知れないほど大きいでしょう。

官僚にしかできない仕事

前記したように官僚は国家を動かす行政機関で働いているため、手掛ける仕事は非常にスケールの大きなものが多いです。

何十億、何百億というプロジェクトも多く、大企業のトップビジネスマンや専門機関の研究者といった日本を代表するようなプロフェッショナルとチームを組んで仕事を進めることもあります。

そうした経験ができるのも官僚として日本の中枢で働いているからです。

公共のための仕事

日本を動かす仕事に大きなやりがいを持つ一方、責任も並大抵ではありません。

例えば法律案を考えた場合、各所の意見をまとめ、アイデアを考え内容を落とし込み、最終的には国会で成立され施行されます。

任されたからには、利用する人が喜ぶか、制度に不備がないかなど、考えることは山ほどあるでしょう。

しかし一つひとつの仕事は公共のためであり、携わった仕事に成果が出るとモチベーションも上がり、また次の案件に意欲的に取り組めることでしょう。

官僚の仕事内容

官僚の魅力

専門性を伸ばせる

外務省や文部科学省、財務省などそれぞれ専門的な役割を持っている機関です。

当然官僚も高いレベルの専門知識が必要ですので、常に情報収集をするだけでなく日々勉強する姿勢も必要でしょう。

研究者をはじめとした特定分野の有識者と仕事をしたり、議論をしたりする機会もあり、相当高いレベルでの知識も求められますが、自分自身も大きく成長できる機会に恵まれているといえます。

国家公務員としての安定

官僚は国家公務員という立場であるため、抜群の安定性は魅力の一つです。

当然ながら福利厚生や休暇制度が充実しているほか、育休などで一旦現場を離れても復帰しやすい職場環境が整備されています。

民間企業とは違い業績に大幅に左右されることはなく、将来的な不安もなく働けるためライフプランも立てやすいでしょう。

高収入を得るチャンスも魅力

国家公務員の中でもエリートがそろう官僚ですので、キャリアを積んでいけば年収1,000万円を超えることも可能になります。

忙しい日々も多く、特に若手の時期は並大抵の苦労ではありません。

加えて優秀な人材も多い官僚の中で地位を上げていくのも大変な努力も要します。

そうした環境を勝ち抜くと高収入を得られるだけでなく、社会的に地位のある肩書も得られ、誇りを持って働けるでしょう。