「警察官」とは

国・都道府県の警察組織に所属し、事件や事故の捜査や取締りを行って社会の治安を保つ。

警察官は、国民の安全を守る仕事です。

警察の組織は、国家に関わる公安や警察組織全体の調整を行う警察庁と、各都道府県が管理する警察組織で、その地域で発生した事件を担当する都道府県警察に分かれています。

警察庁勤務はキャリア警察官と言われるもので、勤務するためには国家公務員試験に合格することが必要です。

都道府県警察で働くためには、各都道府県で実施される警察官採用試験において、採用されなければなりません。

採用倍率は10倍以上あります。

警察官の勤務体系は、交番勤務の場合、昼間勤務、夜勤、24時間勤務、休日といったように、変則的な勤務となります。

一方で、寮が用意されているほか、各種手当があり、福利厚生は充実していると言えるでしょう。

「警察官」の仕事紹介

警察官の仕事内容

警察官は、国民の安全を守る仕事です。

警察の組織は、国家に関わる公安や警察組織全体の調整を行う警察庁と、各都道府県の地域で発生した事件を担当する都道府県警察に分かれています。

都道府県警察には、110番対応やパトロールを行う地域警察部門、ストーカーや少年の非行などの犯罪に取り組む生活安全部門、白バイに乗って速度違反の取り締まりや交通規制を行う交通部門などがあり、多くの警察官たちが毎日全国各地で活躍しています。

警察官になるには

「キャリア」と言われる警察庁勤務の警察官を目指す場合、国家公務員採用試験を受ける必要がありますが、倍率も難易度も非常に高く、総合職の採用者数は毎年10名程度とわずかなものとなっています。

一方、都道府県警察は各都道府県警察本部が実施する警察官採用試験を受け、合格後に採用されることで地方公務員として警察官になります。

高卒、短大卒、大卒で受験区分が分かれているため、自分が目指す警察官の応募資格をよく調べておく必要があります。

警察官の給料・年収

国家公務員である警察庁勤務の警察官よりも、地方公務員として都道府県警察に勤務する警察官のほうが給与水準は高くなっています。

これは、一部危険を伴ったり勤務体系が特殊な「公安職」としての俸給表が適用されるためです。

また、警察官の給料は年齢や階級に応じて上がっていきます。

さらに寮が用意されていたり、期末手当・勤続手当(ボーナス)、宿直手当、夜間緊急招集手当など、各種手当などの待遇も非常に充実しています。

警察官の現状と将来性・今後の見通し

警察官は自ら退職したり、不祥事を起こしたりしない限り、定年まできちんと働き続けることができる職業です。

安定性は抜群と言えますが、さらに自分の努力や希望、適性が認められれば、刑事など専門的な業務に携わるチャンスもあります。

近年、捜査活動では科学技術が取り入れられる機会も増えており、今後はハイテク分野に強い人や、外国人犯罪者に対応できる語学力や国際感覚を身につけた人の需要も高まっていくものと考えられています。