「テレビ・映画」系の職業・仕事

テレビプロデューサー テレビ番組制作の統括的な責任者。人員や予算に決定権を持ち、進行状況を管理する

テレビプロデューサーは、テレビ番組の最後に流れるクレジットでは「制作統括」とも書かれるように、番組制作の責任者であり、すべての決定権を持ちます。企画会議、お金の管理、出演者のキャスティングなど仕事内容はさまざまです。制作現場でのリーダー的役割はディレクターが担いますが、プロデューサーは一歩離れたところから全体を常にチェックし、番組を作り上げていきます。ほとんどのテレビプロデューサーは、ADとディレクターを経験しています。キー局は有名大学の出身者の採用が多いですが、番組制作会社の場合は、専門学校卒やアルバイトからの採用もあります。厳しい労働環境のうえに完全実力主義の世界であり、体力と精神力がないとプロデューサーまでたどり着けないでしょう。

テレビディレクター テレビ番組制作現場における監督役。スタッフへの指示出しや演技指導を行う

テレビディレクターは、番組の制作現場においての責任者です。番組作りのはじめから終わりまでの全てを指揮して、自分のイメージ通りに番組を作りあげていきます。スタッフに細かく指示を出しながら番組作りを進め、ドラマの場合には俳優への演技指導もディレクターが中心となって行います。テレビ局の制作部門に入ると、まずはADからスタートすることがほとんどです。そこで数年間、下積みとして番組制作の基礎を学んだのち、ディレクターに昇格することが一般的なルートとなります。ディレクターは、楽な仕事ではなく、厳しいADの時代を乗り越えてディレクターになっても、規則正しい生活や週休二日制が約束されることは、ほとんどないと考えていて良いでしょう。

テレビAD テレビディレクターの手足となって、制作現場が滞りなく進むようあらゆる雑務をこなす

テレビ番組の企画・制作に携わる場合、基本的にまずはAD(アシスタントディレクター)からのスタートになります。プロデューサーが予算や人員などの責任も取る総監督、ディレクターが番組を演出する現場監督とするならば、ADはディレクターの補佐として、彼らの手足となって動く役回りを担います。ADになるためには、基本的にテレビ局か番組制作会社のどちらかに就職する必要があります。テレビ局は、四大卒以上の学歴が求められますが、番組制作会社では専門学校卒の人を受け入れることや、学歴不問でアルバイトを募集することもあります。ADは24時間態勢で動き回らなければなりません。「楽しそう」という気持ちだけでは、体力的にも精神的にも続けることができないでしょう。

ラジオディレクター ラジオ番組の企画・構成を行い、現場監督として制作スタッフをまとめ上げる

ラジオディレクターとは、ラジオ番組の企画、構成や番組内で使用する曲の選曲などを行い、本番でパーソナリティなどへの指示を出す人のことをいいます。多くの人の間に立ち、的確に指示を与えなければならないので、コミュニケーション能力と順応性が求められます。ラジオディレクターとなるためには、ラジオ局に就職する、ナレーター事務所などの制作系部署に所属する、フリーのディレクターになるなどの方法があります。大手のラジオ局の採用は今も高学歴の新卒を採用するケースが一般的のようです。なお、ラジオ局に入社してもディレクター業に就けるかは運次第となります。大手ラジオ局であれば、かなりの給与を期待できますが、ローカル局や下請けの制作会社、フリーランスの場合は、厳しい待遇となります。

放送作家 テレビ・ラジオ番組の企画を考え、各シーンで使われるセリフやナレーションを台本に書く

放送作家(構成作家)は、テレビやラジオの番組の構成を考える仕事です。担当する番組は、バラエティ、音楽番組、ドキュメンタリーなどさまざまで、ドラマや報道以外のすべてのジャンルになります。プロデューサーやディレクターなどと番組の企画案を考え、アイデア出しをし、会議で決まったことを企画書にまとめていきます。放送作家になるために、学歴や資格は必要なく、決まったルートもありません。現在活躍している放送作家の経歴もさまざまです。仕事をもらうためにはコネクションが大事になるので、放送作家の養成スクールで学びながら、人脈をつくるのも有効です。多チャンネル化や、インターネットでの番組配信などにより、放送作家の需要は増えています。

脚本家 映画や演劇などのストーリーを考え、登場人物のセリフや動きをシナリオとして書き上げる

脚本家(シナリオライター)は、映画やテレビドラマ、演劇、ゲームなどの脚本を書く仕事です。脚本は、ストーリーや登場人物を設定し、セリフや心理描写、登場人物の動きなどを加えて作成していきます。一人で考えるのではなく、監督やプロデューサーなど、各方面の関係者と話をしながら脚本をつくります。脚本家になるための決まったルートもありませんが、シナリオスクールに通っておくと、脚本の基礎技術を学ぶことができるだけでなく、マスコミ関係者とのコネクションをつくるきっかけを得ることができます。脚本家として仕事をすることは容易ではありませんが、テレビの多チャンネル化やインターネットでのオリジナルドラマの配信などにより活躍の場は広がっています。

演出家 映画や舞台などの作品づくりにおいて、照明、音楽、演技指導などの演出を行う

演出家とは、ドラマや映画、舞台などにおいて、照明、音楽、舞台装置、演技指導などの演出を手がける仕事です。演出家になるには、専門学校などで演出の基礎を学んでおくと現場に出たときに役にたちます。演出家としての募集は少ないため、まずは制作会社や劇団でアシスタントとして働き、現場で経験を重ねていくことが必要です。独自の世界観や感性が要求されるため、日頃から多くの作品に触れ、センスを磨いていくことが求められます。また、多くのスタッフを支持する立場となるため、リーダーシップもなければなりません。収入は不安定であり、名前が売れるようになるまでは、アルバイトをしながら続けている人も数多くいます。

映画監督 ストーリー作りからキャスティング、演技指導まで、映画制作のあらゆる面に責任を持つ

映画監督とは、映画を撮影する上で全ての決定権と責任を持っています。映画の撮影だけでなく、脚本家との打ち合わせや俳優への演技指導など、あらゆることに指示を出します。映画監督になるために学歴や資格等は必要ありませんが、専門学校などで映画撮影の勉強をしておくと、現場に出たときに役に立つでしょう。映画監督になるためには、まずは制作現場での下積みから始まり、助監督などをすることで経験を重ねていくことが必要となります。かつては長い修行期間が必要とされていましたが、近年は撮影機材の低価格化やインターネットの普及などにより、自主制作の映画をプロデュースしやすい環境が整いつつあり、若手監督の活躍も目立つようになりました。

映画宣伝 映画の公開に合わせて効果的なプロモーション活動を行い、映画の魅力を広く世に伝える

「映画宣伝」は、映画が新規公開される際に、観客動員が増えるようにプロモーションプランを立案・実施していく仕事です。通常はチームでプロモーションを行います。新聞、雑誌、テレビ局などのマスコミに直接映画を売り込む「パブリシティ」、さまざまな企業と共同でプロモーションを行う「タイアップ」、テレビ、雑誌などに広告を出稿する「メディアバイイング」、宣伝物を作成する「クリエイティブ」、そしてそれらを統括する「宣伝プロデューサー」などに分かれています。大手配給会社の映画宣伝部は、倍率も高く、採用されることは困難ですが、契約社員やアルバイトで成果を上げて、正社員となるケースもあり、まずは映画業界に携わることが大切です。かなり多忙な日々となりますが、映画好きには非常に魅力的な仕事です。

映像クリエイター 

映像クリエイターは映像制作のスペシャリストです。テレビのコマーシャルや映画、CG(コンピューターグラフィックス)技術を駆使したゲームやアニメ、アーティストのミュージックビデオやゲームなど、さまざまな映像を制作しています。映像制作専門の企業やテレビ局、広告代理店などで働いており、人気や実力が収入に直結する職業です。大手企業の正社員や、知名度や実力があるフリーランスの映像クリエイターは高収入を得ることができます。仕事をする上で特別な資格や免許は必要ありませんが、芸術的なセンスや最新の機器を使いこなすテクニックは欠かせません。美術系の大学や映像の専門学校で勉強してから就職をめざす人も多くいます。豊富な映像コンテンツがあふれる現代社会において、ますますの活躍が期待されている職業です。

テレビ局社員 

テレビ番組を視聴者に届けるために働いているのがテレビ局の社員です。番組を作る「ディレクター」や「アナウンサー」「記者」「カメラマン」以外にも、CMのスポンサーを探す「営業」や「経理」「広報」「人事」などの職種があり、多くの人たちが放送の裏側を支えています。就職には四年制大学以上の学歴が必要となることが多く、試験は倍率が高いことで有名です。高収入の業界として知られていますが、近年では若者を中心としたテレビ離れが加速し、テレビ局はどこも苦戦を強いられているという現状があります。厳しい時代の中でもテレビへの情熱を持って新しいことに取り組みたい、という志がある人がチャレンジすべき業界といえるでしょう。