警察官の勤務時間・休日・仕事は激務?

警察官の勤務時間

警察官の勤務体系は、大きく「交代勤務制」と「毎日勤務制」の2種類に分けることができます。

交番勤務など、24時間体制で業務を行わないといけない部署は交代勤務制となり、朝8時半から翌朝8時半まで連続して勤務する当番、当番明けの非番、日勤の3交代で勤務することが一般的です。

当番中の勤務時間内には、合計8時間程度の食事時間や仮眠時間が設けられており、その間は勤務時間に含みません。

ただ、来訪者や事件・事故の対応に追われて、十分に休憩が取れないこともしばしばあるようです。

これに対し、デスクワークを主体とする警察官については毎日勤務制となり、一般的な会社員などと同じように、毎日8時30分~17時15分前後の決まった時間帯で働きます。

なお、警察官は公務員であるため、どちらの勤務体系であっても勤務時間は原則として1週間につき38時間45分と定められています。

交代勤務制の場合、日勤の日を月に数回程度休みにすることで、勤務時間の合計が範囲内に収まるよう調整がなされます。

警察官の休日

交代勤務制で働く警察官の休日は4週間に8日間と定められており、職員で交代しながら休むため、平日が休みであったり土日が休みであったりします。

毎日勤務制の場合は、ほかの行政職の公務員などと同じように、原則として土日祝日が休みとなります。

ほかにも、年末年始休、年次有給休暇、結婚や出産に伴う特別休暇、介護休暇、育児休業など、公務員らしくさまざまな休暇制度が設けられています。

ただ、大きな事件や事故が発生すると、勤務している職員だけでは人手が足らなくなって、休日を取得している職員にまで応援要請が入ることも珍しくありません。

警察官を目指すなら、急に休日返上となるケースもあることを覚悟しておくべきです。

警察官の残業

警察官の業務は幅広く、道案内から交通違反の取り締まり、生活指導、事務作業まで多岐にわたるため、一概にはいえませんが、ほかの職業と比較すると残業時間はかなり多い部類に入るといえます。

事件や事故の処理は、報告書類の作成まで含めて基本的に担当した人間が最後まで完遂しなければならず、次のシフトの職員に引き継いだり、あるいは翌日以降あらためて対応するというわけにはいきません。

このため、たとえば24時間勤務を終えた当直明けであっても、そのまま残業をこなさないと帰宅できないケースもあります。

勤務時間は長くなりがちですので、体力的にはかなりハードな職場といえるでしょう。

警察官の夜勤

警察官は24時間人々の安全を守る使命があるため、当直業務のなかには、夜間時間帯の勤務も含まれます。

交番勤務の場合、たとえ深夜や明け方であっても、さまざまな理由で交番に訪れる人がいますので、来訪者に対応したり、110番通報に備えることが必要です。

もちろん夜勤中には仮眠時間も設けられており、職員が交代しながら休みますが、事件や事故などが起きて人手が足らなくなると、ほとんど睡眠時間を取れず夜通し仕事に追われることもあります。

警察官は忙しい?激務?

事件や事故は24時間365日いつでも発生する可能性があり、また誰にも予測できないため、それらの対応に追われる警察官に暇な時期などはなく、年がら年中忙しいといえます。

とくに刑事課は、警察に数ある組織のなかでもきわめて多忙な部署として知られています。

ひとたび事件が発生すると、一刻も早く犯人を検挙するため、家に帰ることもままならず、数日間不眠不休で働かないといけないケースもあるようです。

また、長時間にわたって聞き込み捜査や張り込み捜査を行ったり、ときに犯人と対峙して危険に身をさらしたりと、肉体的にも精神的にも酷使される激務といえる仕事です。

警察官の休日の過ごし方

警察官は、いつ何時あるかわからない呼び出しに対応するため、旅行などは控えて、自宅やその周辺で休日を過ごすケースが一般的です。

当番明けなど、ゆっくりと長めに眠って体力の回復に努めることもあれば、映画鑑賞や音楽などの趣味に没頭したり、家族や友人と買い物やレジャーに出かけることもあります。

また、柔道や剣道、野球、サッカーなどの警察内サークル、あるいは地域の団体に所属し、稽古や肉体の鍛錬に励む人も少なくありません。

仕事柄、車やバイクに触れる機会が多いため、車いじりやドライブが趣味である警察官は比較的多いようです。

警察官の1日・生活スタイル