「コンピューター」系の職業・仕事

プログラマー プログラム言語を用いて、コンピュータ上で使われるシステムやソフトウェアを開発する

プログラマーは、プログラム言語を用いてプログラムを組み、システムやソフトウェアをつくる仕事です。システムエンジニアとプログラマーの境界は企業によって曖昧ですが、一般的には、システムエンジニア(SE)がシステムの仕様書を作成し、それに基づいてプログラマーがプログラムを作り上げていきます。プログラマーとして働くためには、大学の理工系や情報処理系の学部、専門学校などで、開発言語の基礎知識を身につけておくと就職に有利になる可能性があります。人材が不足している業界のため、就職状況は悪くありません。中国やインドなどに開発がシフトしているという状況もありますが、依然として需要は高く、スキルの高い人は高い給料を得ることができる仕事です。

ゲームプログラマー ゲームの音やキャラクターが意図した通りに動くよう、開発言語を使ってプログラムを組む

ゲームプログラマーは、ゲームメーカーやゲーム制作プロダクションに所属し、ゲーム作成においてC++やC言語などの開発言語を用いて、プログラミングをする仕事です。ゲームプロデューサーなどが作成した企画書や仕様書に合わせて、意図したとおりに動くようにプログラムを組んでいきます。学歴や資格が必要というわけではありませんが、大学の情報系の学部やプログラミングを学ぶことができる専門学校でプログラミングの基礎知識を身につけておくと、就職に有利になることがあります。大手企業以外ではあまり収入を期待することができませんが、残業代が支払われる場合には一定の給与を見込めます。労働時間は総じて長い傾向にあり、特にリリース直前では、徹夜が続くようなことも少なくありません。

CGデザイナー 映像作品や建築、車などに使用される2次元、3次元のグラフィックスを作成する

CGデザイナーは、コンピューター上で専用のソフトを使って、画面上に2次元または3次元のグラフィックスを作成する仕事です。3次元CGの技術の進歩とともに、映画やゲーム、アニメーションだけでなく、建築や車、機械の設計などにもCGの活用の場が広がってきています。CGデザイナーとして働くために、必ず必要な資格や学歴はありませんが、芸術系の大学やCGデザインの科目がある専門学校で、デザインやコンピューターグラフィックスの基礎を学んでおくと、就職に有利に働くでしょう。スマートフォン向けのゲーム作成などで需要が高まっている職業であるため、技術や経験によっては良い待遇で採用されることもあります。

Webデザイナー 

Webデザイナーは、ディレクターなど他のスタッフとチームを組んで、Webサイトをデザインする仕事です。見栄えの良さだけを追求するのではなく、Webサイトの目的やコンセプトに合うと同時に、ユーザーにとって使いやすく、ユーザーが意図したとおりに行動してくれるようなデザインを作成することが求められます。Webデザイナーになるのに決まった道はありませんが、独学やWeb系の専門学校卒業後にWeb制作会社へ就職し、そこで経験を積んでステップアップしていく流れが一般的です。平均年収は300万円〜400万円程度といわれますが、WebディレクターやWebプロデューサーとしての役割もこなすようになったり、独立して事業が軌道にのったりすれば、さらに高額の収入を得ることもできます。Web業界自体の変化が速いことから、現在のスキルや経験以上に、常に新しい発想ができる人が求められているといわれます。

Webディレクター 

Webディレクターは、Webサイトの制作現場において、監督役として全体の指揮をとる仕事です。クライアントのニーズを把握し、デザイナー・プログラマー・コーダー・ライターなどの制作スタッフをとりまとめ、指示やスケジュール管理を行いながらWebサイトを完成に導きます。活躍の場は、Web制作会社やコンテンツ制作会社などで、まずはアシスタントとして経験を積み、Web制作全体の知識とスキルを磨き、一人前を目指す流れが一般的となっています。若手のうちは年収300万円程度ですが、実力がつくほど収入はアップし、独立して事業が軌道にのれば大きく稼ぐことも可能です。Webディレクターの需要は高まっているものの、変化の激しい世界であるため、常に最新技術などをキャッチアップし、時代のニーズに対応できる人材を目指すことが、この仕事で活躍し続けるためには不可欠です。

システムエンジニア 大勢の技術者が動くソフトウェア開発の現場で、仕様書の作成や開発チームの管理などを行う

システムエンジニアはソフトウェア開発において、開発プロジェクトや開発チームの管理などを行う技術者のことです。まとめ役としての役割だけでなく、プログラムの設計書ともいえる仕様書もつくります。そして、それに基づいてプログラマーがプログラムを記述して開発を進めていきます。新卒の場合、情報処理の知識や技術がない場合でも採用されることがありますが、情報処理について学べる専門学校や大学の学部を卒業しておくと就職に有利です。システムエンジニアは人材不足の傾向にあり、職を見つけやすい状況にあります。給与水準もやや高めとなっています。ただし、時期によっては残業が続くことがあることも覚悟しておいたほうがよいでしょう。変化が早い業界のため、継続的に学ぶことができる人が向いています。

ネットワークエンジニア 

ネットワークエンジニアは、ネットワークインフラのシステム設計・構築や運用管理をする仕事です。仕事内容は大きく「設計」「構築」「運用」「保守」の4つがあり、未経験者は運用・保守など下流の仕事からスタートし、スキルアップするにつれて構築、設計といった上流の仕事に携わっていく流れが一般的です。年収は300万円〜600万円程度が相場とされていますが、経験や実力によって大きく収入をアップさせることも可能であり、なかには年収1000万円以上を得ている人もいます。コンピュータによるデータを快適に送受信できるためのネットワークシステムを作ったり、トラブル時にはすぐに対応できるネットワークエンジニアは、安定した需要がある仕事だといえます。なかでも、主流になりつつあるクラウドに精通したネットワークエンジニアの市場価値は、今後も高い状態を維持すると考えられています。

CADオペレーター 図面作成ソフト「CAD」を用い、建築やアパレルなどの分野で使われる図面を作成する

CADオペレーターは、「CAD」という図面作成ソフトウェアを使って、設計士やデザイナーの指示の下、図面を作成する人のことをいいます。CADを使えば平面図と立体図のどちらも作成でき、建築、機械、電気、アパレルなどさまざまな業界で活躍しています。需要は大きく目指す人も増えているものの、ただ単にCAD操作ができるだけでは就職が難しくなっており、業界の知識や事務処理能力などプラスアルファのスキルを持つ人が重宝されています。派遣社員として働く人が多いですが、経験と技術を身に付けることで正社員になったり、あえて在宅で働く人もいます。納期前は残業に追われることもありますが、「ものづくり」の醍醐味を味わえる仕事です。

データサイエンティスト ビッグデータを分析・解析し、それをビジネスに活用するための知見・情報を引き出す

データサイエンティストは、IT技術の高度化によって扱えるようになった複雑で膨大な情報「ビッグデータ」を分析し、ビジネスに活用できる知見・情報を引き出す専門家です。企業が成長戦略を立てるに当たり、データの活用が不可欠となっている現代。データサイエンティストは、企業の競争力をも左右する重要な役割を担っています。需要急増中の職業ですが、日本ではまだ1000名程度しかおらず、今後は大学等でも専門家の育成に向けた講座が増えていくと予想されています。統計学やデータ分析に関する専門知識のみならず、ビジネスの知識、コミュニケーション力など、高度なスキルが求められる仕事です。活躍の場は増えているため、将来性は抜群と言えるでしょう。

情報システム(社内SE) 

社内SEの仕事には、自社内で使用する情報システムなどについて、IT戦略の策定やシステム企画、設計、運用・保守、ユーザサポートまで幅広い業務が含まれます。社内SEになるには、企業の情報システム部門などで採用されることが必要です。一方社内SEの求人数は少なく、人気のある職種のため、技術スキルだけでなく、コミュニケーション力やベンダー調整力、システムに関係する業務知識などを高めておくことが重要です。社内SEの給与は、一般的に年収は300~700万円程度となっています。一方、IT戦略やシステム企画といた上流工程を担えるだけの技術やマネジメントスキルをもつ場合は高収入を得ることも可能です。企業のIT化は、あらゆる規模あらゆる業種で進んでいるため、社内SEが活躍できる場もますます広がるでしょう。