海上保安官のやりがい・楽しさ・魅力

海上保安官のやりがい・楽しさ

日本の海を守る

海上保安官には「海洋秩序の維持」「海難の救助」「海上防災・海洋環境の保全」「海上交通の安全確保」「国内外の関係機関との連携・協力」という5つの使命があります。

どれも海上保安官にしかできない仕事であると同時に、日本の海を守り、国民が安心して暮らすための任務も多いです。

高い技術と知識を駆使して行う任務が主で、大きなやりがいと責任感を持って仕事に打ち込めるでしょう。

仲間を信頼し協力して成し遂げる

先に挙げた5つの使命は決して海上保安官一人で完結できるものではなく、多くのスペシャリストが協力し合うことで日本の海の安全を保っています。

巡視船では船内の仲間はもちろん、時には航空機と通信を取りながら不審船の警備にあたり、海難救助では特殊救難隊はヘリコプターパイロットに命を託すことも多いでしょう。

例えば航空機の整備が仕事であっても、パトロール時は同乗して機内管理を行うなど、常に誰かと協力し合うだけでなく、信頼関係を築くことで任務を成し遂げる達成感があるでしょう。

人命を救う

日本の海を守るのが海上保安官の使命ですが、外からの脅威や犯罪に対応するだけでなく、人命を救うことも多いです。

転覆船や船同士の衝突事故、海上での船舶の故障などさまざまなケースのトラブルが考えられますが、状況に関わらず人命を救うためパイロットや船員、特殊救難隊が力を合わせます。

どのケースも決して楽に終わることはありませんが、助けた際の達成感はほかに代えられないでしょう。

海上保安官の仕事内容

海上保安官の魅力

スペシャリストとして成長できる

大きな責任感と使命のもと任務につく海上保安官は、職種に関わらず各分野のスペシャリストとして高いスキルが身に付きます。

特殊救難隊は困難な状況下での海難救助、航空機やヘリコプターなどのパイロットはどんな状況にも対応できる操縦技術、航海科職員は運航技術、機関科職員は船の心臓ともいえるエンジン整備など、誰もが高い水準で技術を磨くことができます。

活躍できるフィールドが広い

海上保安官は、陸・海・空で活躍できる現場があります。

船であれば操舵や整備、通信を担当するのか、航空職員であればパイロットや機体整備なのかなど自分が目指したい道が多様に用意されています。

組織として当然異動を命じられ、その過程で陸上勤務を行うこともありますが、裏方的な任務にやりがいを感じることもあるでしょう。

なお、海上保安官になるには海上保安大学校か海上保安学校を経由しなければいけませんが、専門的な科に分かれて学習や実践訓練を行うため入学前に自分の将来をある程度決めておく必要があります。

国家公務員としての安定感

海上保安官になるには海上保安大学校か海上保安学校に入学しますが、その時点で国家公務員と認められるため、学びながらでも月給約14万円が支給されます。

なによりも国家公務員としての確かな地位と安定は魅力的といえます。

任務自体は責任も大きく、時に危険な場面もありますが、キャリアを重ねれば好待遇も約束されているため、そうした面でやりがいがあるのも確かでしょう。