検事の勤務時間・休日・仕事は激務?

検事の勤務時間

検事は国家公務員ですので人事院によってさまざまな就業規定が定められています。

1日の労働時間は7時間45分(週38時間45分)、休日は土日・祝日と定められており、民間企業とたいして変わりありません。

始業時間と就業時間は官庁の執務時間(8時30分から17時まで)にサービスを提供できるよう各省各庁の長が定めることになっており、検察庁の始業時間はおおむね8:30~9:00に設定されているようです。

ここまで記した内容は基本的な就業規定ですので、検事の場合は業務量も多いため労働時間は当然長くなるでしょうし、休日出勤対応も多々あるでしょう。

しかし検事の人材不足解消や女性が働きやすい環境整備など、ワークライフバランスへの取り組みも行われているようです。

検事の休日

前記した通り、検事は国家公務員ですので休日の規定も人事院で定められています。

年次休暇(有給休暇)は年間20日以内、育児休業は子供が3歳になるまでまで取得できます。

ほかにも育児のための時間勤務や介護休暇、病気休暇など細かく規定されており、一般的な企業同様、もしくはそれ以上の待遇であるため条件は決して悪いとはいえません。

検事の仕事は多忙を極めるため当然ながら休日出勤も発生しますが、実は休日出勤手当は支給されません。

業務の特徴から、新任検事であっても管理職扱いとなっているため、休日出勤手当のほか、超過勤務手当や夜勤手当も当然支給されません。

検事の残業時間

検事は慢性的な人材不足であるため、いくつも事件を担当します。

人によっては常に10件以上担当することもあり、取り調べや裁判準備、事務処理など激務といっても過言ではないでしょう。

終電ギリギリは当たり前ですし、勤務時間超過、休日出勤も当然の発生します。

定時で帰れることはまれでしょうし、毎日残業をしなければ期日に間に合わない仕事です。

しかし前述したように管理職扱いとなるため残業代は一切支給されません。

検事は忙しい? 激務?

人によって捉え方はさまざまですが、客観的に見れば検事の仕事は激務といえます。

終電ギリギリまで働くこともありますし、帰宅時間は日をまたぐことも多々あるでしょう。

サービス業ではありませんので、繁忙期というのは存在しませんが、常に忙しいのは間違いありません。

被疑者を拘束できる期間は法律で決まっており、休日は加味されません。

世間が休みであろうと関係なく被疑者の取り調べや捜査を行わなければ正しい判断ができないため、担当している事件が終わるまでは忙しさが解消されることはないでしょう。

検事の休日の過ごし方

人材不足も原因ですが、普通に働いていては処理しきれないほどの業務量であると同時に、起訴するか否かの判断は期日内に行う必要があるため、検事は休日であろうとも仕事をすることも多いのが現状です。

完全な休日が取れれば一般企業の人と同様、趣味の時間にあてたり、家族と過ごしたり、友人と外出したり、何ら変わりのない過ごし方をするでしょう。

検事の1日・生活スタイル