女性の入国審査官のキャリアパス・結婚後の生活

女性の入国審査官の現状

入国審査官は「国家公務員」であり、入国審査官は国家公務員の中でも女性の割合が多い仕事となっています。

政府は「男女共同参画基本計画」の中で女性の国家公務員の働きやすさ向上を目標として掲げており、国家公務員における女性採用や女性の幹部登用、育児休業の取得支援などの支援策を提供しています。

入国審査官は他の国家公務員と同じように男女の区別はなく、女性であっても活躍の場は多く、ときには重要な仕事を任されますので女性にとってもやりがいを感じながら働くことができる仕事環境となるでしょう。

入国審査という、日本の安全や利益を守るという重要な役割を担うことは、責任感や正義感の強い女性にとってやりがいを感じる仕事となります。

女性の入国審査官の強み・弱み

体力や運動神経はそれほど問われない

世の中にあるさまざまな仕事の中には「屈強な体」や「優れた運動神経」が問われる仕事もあり、一般的に男性の方が体力や筋力があるので、そうした分野では女性は不利に感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし入国審査官は基本的にそうした能力は問われない仕事であるため、女性でも十分仕事をこなすことができます。

女性の感性が仕事に生きる

入国審査官は、入国希望者とのコミュニケーションによって仕事を進めていきます。

女性ならではの柔らかい感性は、コミュニケーションを円滑に進め、必要な情報を適切な表現で引き出すことができる可能性を高められます。

共感力や受容力のある女性であれば、審査する相手も心を開いてくれやすくなる可能性が高まるでしょう。

入国審査官の結婚後の働き方・雇用形態

結婚や出産に関する休暇制度が充実している

入国審査官は国家公務員であり、国家公務員にはさまざまな「休暇制度」が設けられています。

「結婚」「産前」「産後」といった、結婚や出産などの休暇制度が設けられています。

特に出産は女性にとって確実に仕事に影響するイベントであるため、その休暇制度がしっかりと設定されている点は安心して働くうえで評価ポイントになるのではないでしょうか。

入国審査官のスキルは他の仕事にも活用しやすい

結婚を機に退職する女性も少なくありませんが、国家公務員である入国審査官は「子育てが落ち着いてから、パートで復職する」という働き方はできません。

しかし、仕事に復帰することを考えるのであれば、入国審査官として培ってきたスキルはさまざまな仕事に活用できます。

例えば語学力のスキルを生かして英会話教室や外国人相手の日本語教室などで活躍できるでしょう。

入国審査官は子育てしながら働ける?

育児に関する休暇制度が充実

国家公務員である入国審査官には、さまざまな休暇制度が設けられており、その中には「育児」に関する休暇制度も含まれています。

育児や子どもの看護などにおける休暇制度が充実しているため、育児と仕事を両立しやすい環境が整っているといえます。

シフト制による柔軟な勤務形態

国家公務員は固定的な勤務時間制度であるというイメージが強いですが、入国審査官の多くはシフト制で勤務日や勤務時間が決められます。

入国審査官は女性の多い職場であり、子育てをしている、または経験がある女性も多いのでシフト作成の際には子育てに時間を割きたい事情を考慮してもらえる可能性が高いです。

子育て経験のある女性職員がいれば、自身の子育ての悩みなどを相談しやすいという点もメリットです。

入国審査官は女性が一生働ける仕事?

結婚や育児のしやすい職場環境

国家公務員は「年次休暇20日」「結婚休暇などの各種特別休暇」を取得することができ、各種福利厚生も充実した内容となっています。

女性職員も積極的に採用されている職場であり、先輩である女性入国審査官に、結婚後の環境に合わせた勤務時間や休暇の調整に関しても相談しやすいといえます。

国として女性の国家公務員の活用を目標としていることからも、今後もより働きやすい環境づくりが進められていくことでしょう。

転勤をどう考えるか?

入国審査官として働くうえで無視できないのは「転勤」です。

国家公務員の中では「全国規模での転勤」は少ない方ですが、昇進や人事交流などのため全国、または在外公館へ転勤というケースも考えられます。

「結婚や育児によって転勤は難しい」という事情が考慮されるケースもあるようですが、いざ転勤になった際にどのように対処していくのかを確認しておくことも重要です。