海上保安官に向いている人・適性・必要なスキル

海上保安官に向いている性格・適性

責任感のある人

海上保安官の仕事は誰かを助けたり、領海を守ったりするのが基本で行う業務はすべて「誰かのため」に行うものです。

一つひとつに対し大きな責任を伴うため、いい加減な気持ちでは務まらず、多大な迷惑もかかるため自分の仕事に責任感を持てる人が向いているでしょう。

協調性のある人

海上保安官の仕事は常に誰かと協力し合う必要があります。

巡視船は数人から数十人で運航させ、航空機もパイロットと機関士が同乗し、潜水士や特殊救難隊はバディとともに行動し、命を預け合う関係といっても過言ではないでしょう。

このように海上保安官はスタンドプレーを行っていては仕事にならず、協調性がないと務まりません。

海が好きな人

決して楽とはいえない海上保安官の仕事ですが、モチベーションを保つために海が好きなことは大きな要因かもしれません。

海を身近に育った、小さいころから海で遊ぶのが好きだったなど理由はさまざまですが、大好きな海を守りたいという気持ちは海上保安官にとって必要な要素の一つといえます。

海上保安官になるには

海上保安官に必要なスキル・能力

水泳能力

海が現場となる海上保安官ですので水泳能力は少なからず求められますし、特に潜水士を目指すのであれば、高い水泳能力は必要です。

しかし泳げなくても海上保安学校には入学でき、現に何割かの生徒は泳ない状態で入学しています。

しかし年間100日以上の水泳授業があるほか、5km以上泳ぐ遠泳訓練もあり、一定の水泳成績を残さなければ卒業できないため必ず泳げるようになる必要があります。

強じんな体と精神力

海上保安官が出動する現場は楽なことが少なく、体力に自身がないと務まらないでしょう。

海難救助、不審船への対応などは当然ながら、パトロールであっても一度船に乗れば数日帰らないケースもあるため過酷な現場に耐えられる体は必要といえます。

また過酷な現場であっても正しい判断を下すには何事にも負けない精神力も求められます。

語学力

語学力は必ず必要というわけではありませんが、外国船を相手にすることも多い海上保安官は持っていて損はないスキルです。

また、国際捜査官やJICA専門家、外交官といったキャリアプランを考えている場合は必要に応じた言語を習得するとよいでしょう。

海上保安官に向いていないのはどんな人?

前記した性格・適性から外れている人は、あまり海上保安官に向いていないといえるでしょう。

責任感がなければ海上保安官としての使命は当然果たせませんし、スタンドプレーが好きな人は周りに迷惑がかかるだけでなく、仲間の安全も脅かすため非常に危険です。

そもそも海が嫌いな人は海上保安官を目指さないと思いますが、仮になったとしても毎日がつらくなります。

ただしあくまでも一例として挙げた適性ですので必ずしも向いていないとは言い切れません。

海上保安学校や海上保安大学校で学び、寮生活を行うことで責任感が生まれ、仲間を守るための協調性が生まれる可能性もあります。

諦めることを先に考えるより、どうやったら自分を変えられるかを第一に考えることが大事です。