このサイトは自衛隊を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「自衛隊」

仕事内容
自衛隊は、「陸上自衛隊」「海上自衛隊」「航空自衛隊」の3つに分かれており、いずれも日本の平和と安全を守り、外部からの侵略に対して防衛することを目的に作られた組織です。それぞれの自衛隊で働く人を自衛官と呼び、その業務範囲は多岐に渡りますが、日ごろから厳しい訓練をして有事に備えます。防衛活動のほか、災害時には警察や消防と連携をとって救助活動を行うことや、国際社会に貢献するための活動も行っています。
なるには
自衛隊に入るには、さまざまな方法があります。なるべく若いうちから自衛官を目指す場合、中学校を出て高等工科学校生徒となり、教育や訓練を受けて自衛隊に入る道や、高校から自衛官候補生となる道もあります。しかし、幹部を目指す場合は大学を出て幹部候補生試験を受ける必要があるなど、同じ自衛官といっても目指すキャリアによって必要な学歴や年齢が異なるため、事前に情報を調べておくことが肝心です。
給料
自衛官の給料は、一般の公務員よりも高めに設定されています。危険を伴う職務であることや、体力的な面から定年退職が早いということがその理由となっているようです。年齢や階級が上がるに従って給料は増え、期末・勤勉手当(ボーナス)、扶養手当など一般的な手当のほか、自衛隊ならではの特殊な手当も複数置かれています。また、自衛隊関連の病院では無料で診察や治療を受けることができるなど、待遇は安定していると言えるでしょう。
将来性
日本の平和と安全を守るために、自衛隊は時代を問わず必要とされる仕事です。特に近年は、災害時の救助活動でも自衛隊への期待が高まっています。ただし、昇級試験に合格しなければ退職を余儀なくされるなど、厳しい面も多々あります。また幹部を目指す場合でも、下から叩き上げでステップアップするか、始めから幹部候補生として入隊するかによって、求められるものや訓練内容も異なるため、まずは自分の目指す姿を考えておく必要があります。