市役所職員採用試験の難易度、倍率

3つに区分された試験 市役所職員は、行政の仕事を幅広く行う事務系(一般行政職)と土木・化学・電気など自らの専門分野の仕事を行う技術系(技術職)に分かれます。 職員になるために合格しなければならないのが、職員採用試験です。 … 続きを読む

市役所職員の志望動機、面接

学力より人物重視 面接は、市役所職員の職種を問わず、ほとんどの第二次、第三次採用試験で行われています。 しかも最近では人物重視で採用する傾向にあるため、学力試験より面接に重きが置かれがちだといいます。 市の中には、一次試 … 続きを読む

市役所職員への転職、中途採用

社会人枠の特徴・条件 民間企業から市役所職員への転職(中途採用)を狙うなら、最近、増加傾向にある「社会人経験者対象」「民間企業等職務経験者対象」採用試験の受験が考えられます。 ただし、増えているとはいうものの、すべての市 … 続きを読む