財務専門官の1日のスケジュール・生活スタイル

財務専門官の業務スケジュール

財務専門官は国家公務員なので、就業時間は原則として1日7時間45分と決まっています。

各財務局、配属課によって差はありますが繁忙期を除き、極端に残業が多くなることはなく、毎週定時退庁日を設けているケースもあるなど、業務終了後のプライベート時間は比較的充実しているようです。

そのため結婚、出産というライフイベントを経験した女性でも仕事を続けやすい環境です。

財務専門官の1日

金融監督課で働く財務専門官

8:30 出勤
出勤後はメールの確認を行い、1日のスケジュールを再確認して段取りを行う。

この日は金融庁から依頼された案件に対応するため、所管する銀行などの金融機関にメールと電話で連絡をして依頼を行う。

10:00 決算分析
所管する銀行の決算書から読み取れる収益構造と経営方針が一致しているかなどを分析し、後日行うヒアリングのための資料を作成する。
12:00 昼休み
この日は持参した弁当を自席で食べるが、リフレッシュがてら週に何回かは職場の同僚と外でランチを食べる。
13:00 届出書類の確認
所管する銀行から届く書類を確認し、法律に基づいた適切な様式で作成されているか、記載もれがないかをチェックを行う。
16:00 研修
金融分野は専門性が高く、高度な知識も必要なため研修を受講する機会も多いのが特徴。

この日は先輩職員が講師なため、堅苦しい研修ではなく質問もしやすく、なごやかに楽しみながら研修を行う。

18:00 業務終了
繁忙期でもないため、ほぼ定時で業務を終わらせ同僚と飲みに行く。

財務課で働く財務専門官

8:30 出勤
出勤後は毎朝、新聞にざっと目を通したあとにメールのチェックを行う。

その後、その日にやるべき業務を確認し、優先順位と自分で完結できるもの、先輩や上司に聞いた方がよいものなどある程度整理しておき、始業後のタイミングを見はからって聞きに行く。

10:00 電話対応
所管する市町村からお金の借入について電話がかかってくる。

対象となる事業の詳細を丁寧にヒアリングし、理解を深めた上で専門家として適切な対応を行う。

12:00 昼休憩
ほぼ毎日外食をする。

仕事を忘れて、同僚と楽しみながらのランチは貴重なリラックスタイム。

13:30 書類準備
貸し付けたお金が申請内容通り、適正に使われているかを確認するため、数日後に市町村の担当課に行かなければならない。

その準備として資料収集と書類作成を行う。

15:30 課内の意見交換会
定期的に行われている課内の意見交換会に出席。

上司に直接自分の考えを伝えるとともに、業務改善にもつながる貴重な会議。

17:30 業務終了
明日は休みということもあり、先輩と飲みに行くことに。

コミュニケーションを取りやすい職場であるため、アフターファイブも充実。

財務専門官の勤務時間、休日