裁判官の給与・年収

裁判官の給料 裁判官の給料は、「裁判官の報酬等に関する法律」で定められており、具体的な支給金額については法2条別表に掲げられています。 これを見ると、一番低い額は簡易裁判所の17号および判事補の12号で、月額22万7,0 … 続きを読む

裁判官の勤務時間、休日

裁判官の勤務時間 裁判官には、一般の会社員や他の公務員のように、所定の労働時間が定められているわけではありません。極端に言えば、自分の担当の裁判が開廷されるまでに法廷にいれば、それ以外は基本的に自由に執務に当たることがで … 続きを読む

裁判官の生活

裁判官の日常生活上の制限 裁判官になれば、何か日常生活に制限があるのではないか、と考える人もいるかもしれません。 たしかに、裁判官は人を裁く職業であることから、常に品行方正で公平であるべきだ、との考え方もあるかもしれませ … 続きを読む

裁判官の異動・転勤

裁判官の転勤 裁判官になると、おおむね3年ごとに配属先が変わります。通常は、3月末の年度の境に転勤を命じられることが多いようです。 裁判官の採用区分は「全国」ですから、たとえば定年まで関東地区内でぐるぐる転勤する、という … 続きを読む

裁判官は激務?

裁判官の拘束時間は長い 裁判官には、一般の会社員と異なり、「○時〜○時まで」といった拘束時間が決められているわけではありません。 極端に言えば、自分の担当する裁判の時刻までに法廷に出席しさえすれば、問題はないとされます。 … 続きを読む

裁判官の定年、退官

裁判官の任期と定年 高等裁判所の長官、判事、判事補、簡易裁判所の判事などの下級裁判所の裁判官の任期は、憲法で10年と定められています。 下級裁判所の裁判官の任命は、最高裁判所が指名した者の名簿によって内閣が行うこととなっ … 続きを読む