家庭裁判所調査官の1日のスケジュール・生活スタイル

家庭裁判所調査官の業務スケジュール

定時で働ける

家庭裁判所調査官は、平日8:30〜17:00の勤務が一般的です。

定時で働くことができ、週休2日制となっているため、仕事とプライベートを両立している人が多いです。

残業せざるを得ない場合であっても、超過勤務手当などの制度が整っているため、安心して業務を行うことができます。

スケジュールの自己管理が必要

家庭裁判所調査官は、担当する事件に対して個人で調査を進めることが多い仕事です。

そのため関係者との面接、調停や審判など多くの業務を抱えるため、業務をスムーズに進めるための自己管理が必要となります。

たとえば並行して8つの事件を担当することもあり、1日に複数の事件の調査を進めながら、1週間でそれぞれの事件に必要な時間が取れるようなスケジュールを組まなければいけません。

また心理的な調査業務というと、室内で質問をするような活動を思い受かべることが多いかもしれませんが、実際の家庭裁判所の業務の基本は、少年や保護者との面接です。

少年鑑別所や学校など関係機関への外出、またときには少年の行動観察のためにボランティア活動など、外出することが非常に多くなります。

少年事件を扱う家庭裁判所調査官の1日

ここからは、非行を起こした少年を更生することを目的にした「少年事件」を扱う家庭裁判所調査官の1日についてご紹介します。

8:30 出勤・始業
登庁したらメールのチェックや、スケジュール確認を行います。
9:00 定例会議
会議では部内で扱う事件・調査について、抱えている問題点や悩みなどを共有して、上司や先輩からアドバイスを受ける貴重な場です。
10:00 少年鑑別所で少年と面接
少年鑑別所で担当する少年と面接を行い、生活環境や育成歴について質問し、事件を起こした背景について調査します。
12:00 昼休み
外出することも多いので、外でお昼を食べることも少なくありません。
13:00 試験観察中の少年と面接
少年事件の審判前に、どのような審判が適切かどうかを検討するため、継続的に少年の生活状況を観察し、必要な助言指導を行います。
15:00 裁判官、書記官とのカンファレンス
担当する少年について、裁判官や書記官と打ち合わせを行い、どのような審判が適切かどうかなど、それぞれの職種から意見を出し合い、チームで取り組みます。
16:00 試験観察経過報告書作成
試験観察中の少年の面接内容を踏まえて、調査結果を整理・分析し、裁判官への報告書を作成します。
17:00 勤務終了
事務作業などがスムーズに終われば勤務終了です。

家事事件を担当する家庭裁判所調査官の1日

つづいて、離婚裁判や子どもの親権争い、養子縁組の許可などの家庭内の問題について扱う「家事事件」を担当する家庭裁判所調査官の1日を見ていきましょう。

8:30 出勤・始業
出勤したらメールチェックを行い、1日のスケジュールを確認します。
9:00 学校へ訪問
親権を争っている子どもの意見を聞く場合は、年齢を考慮して子どもが話しやすい学校に訪問します。
9:30 学校で面接
両親に気を使って表面上は元気にふるまう子どももいるので、言葉にならないメッセージも含めて、今の気持ちや今後両親とどのような関わりを持ちたいのかをキャッチすることが大切です。
11:00 学校と情報交換
学校側からも子どもの日常の様子を聞き、情報交換を行いながら援助態勢を整えておきます。
12:00 帰庁・昼休み
ランチタイムには同僚と一緒にごはんを食べて、雑談をしながらリフレッシュする時間です。
13:30 離婚裁判の当事者との面接
双方の意見が食いちがっている離婚裁判の調査では、当事者それぞれと面接を行い、気持ちを受け止めながら事実関係を整理し、解決方法を一緒に考えます。
15:00 面接の報告書作成
調停の進め方やその家族にとって最適な解決法についての意見を報告書にまとめ、裁判官に提出します。
16:30 研修準備
来週行われる研修準備を進め、事務作業なども完了させておきます。
17:00 勤務終了
翌日のスケジュールを確認したら、業務終了です。

チームや先輩との意見交換が活発

個別に案件を抱えて調査を進める家庭裁判所調査官ですが、家庭裁判所では裁判官や裁判所書記官といった他職種のメンバーと、チームで事件の解決に向けて取り組む体制が整っています。

そのため、日常的にカンファレンス(会議)や定例会などが活発に行われているのが特徴です。

自分の調査内容や業務がうまく進まないときには、チームメンバーや先輩調査官などからアドバイスを受ける機会が多いため、ひとりで抱え込まずに業務を行うことができるでしょう。

家庭裁判所調査官の勤務時間・休日