このサイトは救急救命士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「救急救命士」

仕事内容
救急救命士は、救急車に同乗し、傷病者を病院まで搬送する間に救急救命の処置を行う仕事です。すべての救急救命処置は必ず医師の指示の下で行われ、手遅れになることのないよう最善を尽くして必要な医療行為を施します。出動指令が出たらすぐに現場へと駆けつけるため、勤務中は片時たりとも気を抜くことができません。いかなる状況にも対応するための救急訓練や、応急手当等の啓発活動、救急講習、救急車の設備確認等も救急救命士の仕事の一部です。
なるには
救急救命士として働くには、国家資格である救急救命士の資格取得が必要です。高校卒業後に救急救命士養成所で2年間学ぶことで、国家試験の受験資格が得られます。救急救命士の就職先はほとんどが消防署となるため、あわせて消防官採用試験にも合格する必要があります。なお、免許取得よりも先に消防隊員となり、一定期間の業務を積んで国家試験を受験する道もあります。男性の仕事というイメージがありますが、女性の救命救急士も多数活躍しています。
給料
消防署で働く救急救命士は地方公務員となり、給料は自治体によって異なります。初任給が高卒で15万円、大卒で17万円程度、平均年収は500万円~600万円程度となっています。24時間を交代制で働くため、夜勤や早朝の勤務もあり不規則な生活となりますが、超過勤務手当や夜勤手当はきちんと支給されます。公務員という身分は保障されますが、人の死と向き合わなければならないこともあるため、使命感と強い覚悟が必要です。
将来性
救急医療の充実が課題となっている今、医療現場において救急救命士に期待される役割は 高まっています。子どもからお年寄りまで幅広い世代の人を相手にするため、細やかな気配りや気遣いができる救急救命士が求められています。肉体的、精神的にハードな仕事ではありますが、女性のさらなる活躍も期待されています。各自治体では救急救命士を含めた救急隊員の増加に乗り出す傾向にあり、今後も需要は高まるものと思われます。