「救急救命士」とは

救急車に同乗し、医師の指導の下で救急救命処置を実施。一刻を争う事態に最善を尽くす。

救急救命士は、主に救急車に同乗し、病院までの搬送中に心肺停止などの緊急事態が起こったときに、医師の指示の下で救急救命の処置を行う仕事です。

身分は消防士であり、地方公務員となります。

救急救命士になるには、1.救急救命士養成校を卒業して消防署に勤務する、2.消防署に勤務後に講習を受ける、の2つのルートがあります。

いずれにしても、消防官採用試験に合格することが必要となり、救急救命士への道のりは簡単ではありません。

救急救命士は処置できる行為が限定されているため、救える命を救えなかったという事例もあります。

救急救命士への期待は高まっており、より広い範囲の救命行為を行えるよう検討が進められています。

「救急救命士」の仕事紹介

救急救命士の仕事内容

救急車で傷病者を無事に病院へ搬送する

救急救命士は、救急車に同乗し、傷病者を病院まで搬送する間に救急救命の処置を行う仕事です。

救急救命士には、必要な場合に限り医師の具体的指示と家族への説明・同意のもと、医師にのみ許された医療行為を行うことを許可されており、これを特定行為といいます。

一定の研修を終えた看護師(認定看護師)にも特定行為は許されており、看護師の場合は心肺停止状態でなくとも必要ならば静脈路確保などができます。

結果的に多くの命を救えるため、認定看護師と救急救命士、双方の資格を取る人が増えています。

それ以外の場合でも、すべての救急救命処置は必ず医師の指示の下で行われ、手遅れになることのないよう最善を尽くして必要な医療行為を施します。

出動指令が出たらすぐに現場へと駆けつけるため、勤務中は片時たりとも気を抜くことができません。

いかなる状況にも対応するための救急訓練や、応急手当等の啓発活動、救急講習、救急車の設備確認等も救急救命士の仕事の一部です。

救急救命士の就職先・活躍の場

消防署がほとんどだが、別の就職先も

救急救命士の仕事は、医療機関の外で具合が悪くなった人を無事に医療機関まで届けるのが第一の仕事ですので、多くの救急救命士は消防署勤務となります。

それ以外にも、テーマパークや介護タクシー会社などに勤務する人もいるようです。

とくに知名度の高いテーマパークでは、救急救命士が常駐していることが多くあり、テーマパーク内で倒れた人などを適切に処置しながら、素早く医療機関へと搬送する手伝いをします。

また、介護タクシーでお年寄りと同乗したり、病院のICU専門職員として働く人もいます。

救急救命士1日

24時間、要請があれば随時出動する

救急救命士は、24時間いつでも要請があれば職務をまっとうするために、常に待機状態で仕事をしています。

ここでは消防署勤務の救急救命士の1日を例に見てみましょう。

消防署勤務の救急救命士のスケジュール


08:30 点検
通勤するとまず車両に異常がないか点検を行います。

09:00 事務処理
事務的な仕事をしながらも、要請があればすぐに出動できるよう待機状態です。

12:00 昼休み
昼食をとります。ここでも待機状態は続きます。

13:00 訓練
毎日必ず消防活動の訓練を行います。
もちろん、訓練中も要請があればすぐに出動できるよう待機状態です。

18:00 夕食・風呂
交代で風呂に入り、夕食をとります。ひとときも気を抜けません。

19:00 事務処理
再び、事務処理をこなしながら待機です。

23:00 仮眠
仮眠をとりますが、出動要請が来たらすぐに飛び起きます。

06:00 待機
何もないときは待機ですが、日々どこかで救急要請が入るので、その都度出動します。
他の救急要請が来てもいいように待機を続ける人員も必要です。

08:30 帰宅
本日出勤の人と入れ違いで帰宅します。

09:30~翌8:30 休み
消防署では、24時間勤務と休日が交互に来ることが多いです。

救急救命士になるには

救急救命士の国家資格を取得する

救急救命士として働くには、国家資格である救急救命士の資格取得が必要です。

高校卒業後に救急救命士養成所で2年間学ぶことで、国家試験の受験資格が得られます。

また、平成3年8月15日時点で看護師免許を取得していた人、または看護師養成所に在籍しており、その後看護師となった人は、手続きを行うことで救急救命士の国家試験受験資格を得られます。

救急救命士の就職先はほとんどが消防署となるため、あわせて消防官採用試験にも合格しておくことが必要となるでしょう。

救急救命士の資格取得よりも先に消防隊員となり、一定期間の実務経験を積み、国家試験の受験資格を取得する道もあります。

厚生労働省 救急救命士国家試験の受験資格認定手続き

救急救命士の学校・学費

救急救命科で学ぶのが一般的

救急救命科は、医療系の専門学校や大学にある場合が多いです。

また、心理学科、保健医療科、スポーツ保健学科などでも救急救命士に必要な科目を履修できる大学などもあるので調べてみるとよいでしょう。

ただし、消防隊員として実務経験と所定の実習を終え、救急救命士の国家試験を受ける人もいるので、最終学歴はさまざまです。

学費は、専門学校(2年ないし3年)でおよそ250万円~400万円弱、私立大学(4年)でおよそ700万円前後です。

救急救命士の資格・試験の難易度

消防署に入る場合、公務員試験もある

救急救命士の資格を得るには最短で2年間、国家試験の合格率は例年80%台です。

難易度としては、在学中に所定の科目をきちんと修めておけば、合格できる難易度です。

ただ、救急救命士がもっとも多く活躍する消防署員になるためには、同時に各自治体の公務員試験の勉強も必要です。

救急救命士の資格が取れなくても、公務員試験に受かれば消防隊員として勤務は可能ですが、特定行為は許されず、また24時間交代の勤務をこなしながら国試対策をするのは大変です。

救急救命士の国家試験を甘く見ず真面目に取り組み、新卒で合格を目指すのが最もよいでしょう。

救急救命士の給料・年収

消防署で働く場合は地方公務員に準ずる

消防署で働く救急救命士は地方公務員となり、給料は地方公務員に準ずるため、自治体によって異なります。

初任給は高卒で15万円程度、大卒で17万円程度、平均年収は500万円~600万円程度となっています。

24時間を交代制で働くため、夜勤や早朝の勤務もありますが、そのぶん超過勤務手当や夜勤手当が上乗せされます。

その他、保険や福利厚生などに関しては、地方公務員に準ずる待遇を得ることができ、収入も安定しています。

救急救命士のやりがい、楽しさ

命を救えたとき、感謝されるとき

救急救命士の仕事は緊急性が高く、常に緊張感の必要な仕事ですが、同時にやりがいも大きい仕事といえます。

さまざまな要因で命の危険にさらされている人に対し、医師の指示を仰ぎ、特定行為を施したり、医師の診察を受けられるまで患者さんの命を守るためにいろいろなサポートをします。

その結果、患者さんが無事に命の危機を乗り越えたときには、大きなやりがいを感じることでしょう。

助かった患者さんだけでなく、ご家族やご友人から感謝される場合も多く、そのようなときにも救急救命士としてのやりがいを感じることが多いでしょう。

救急救命士のつらいこと、大変なこと

命が救えないとき、救急車のタクシー化

救急救命士が職務中にかかわる人の中には、命が危うい状況である人も少なからずいます。

そして、どれだけ緊張感をもって、最善の努力を尽くしても救えない命も少なからずあります。

命を助けられなかったことももちろんのこと、そのご家族が悲しみにくれる姿を見るのは、救急救命士としてもつらい局面です。

また最近では、救急車をタクシーのような扱いで考える人もおり、救急車の適切な利用に関する啓蒙や、救急相談センターの全国普及が課題となっています。

救急救命士に向いている人・適性

常に落ち着いて最善の判断ができる人

救急救命士が向き合う命は、多くの場合危うい状況にあり、たった少しの時間差が人の生命を左右する状況であることも多くあります。

そのような緊迫した状況下においても冷静に状況を見極め、最善の行動を取ることができる精神力が必要です。

また、救急車を呼ぶような事態ですと、本人よりもご家族のほうがパニックに陥り、上手く状況の説明を受けられないことも考えられます。

どのような事態でもどっしりと構え、ご家族を落ち着かせることができるほうが、結果的に迅速な対応につながるといえます。

救急救命士志望動機・目指すきっかけ

地域の人々を最前線で守りたい

人の命を救う仕事として考えるならば、医師や看護師などでもかまわないのかもしれませんが、救急救命士でなければできないことがあります。

それは、自らが苦しむ人たちのもとにおもむき、第一線で救助活動をするという点です。

人が突然苦しみだしたり、倒れたりする人がいれば、本人だけでなく周囲の人々も一時パニックに陥ってしまうこともあります。

そのような場におもむき、適切な処置を素早く施しながら、突然のことでショックを受けている人の心に安心感を与えられるのは、最前線で働く救急隊員だからこそです。

さらに、資格のない救急隊員ではできない特定行為を行えることにより、救助できる人も増えます。

そのような救急救命士の特質に魅力を見いだし、その道を目指す人が多くいます。

救急救命士の雇用形態・働き方

正社員が多いが、中にはパート求人も

救急救命士の雇用形態として、もっとも多いのは正社員です。

消防署勤務だけでなく、病院の正職員として働き、救急対応や看護師の補助業務などをする救急救命士もいます。

正規雇用の場合、収入が安定しているほか、職場によって夜勤手当や職務手当もつき、ボーナスが見込める職場もありますが、シフト制で夜勤があることもあります。

また、消防署勤務ですと24時間交代制のことが多く、体内リズムが崩れないように自己管理をしなければいけません。

パート勤務ですと、介護タクシーのスタッフの求人などがあります。

パート勤務の場合は比較的日程や時間の融通が利きやすいですが、収入や待遇は正社員と比べると低い傾向があります。

救急救命士の勤務時間・休日・生活

24時間勤務や2交代制・3交代制など

救急救命士の勤務時間は、勤務する場所によって差があります。

まず、消防署勤務の場合は、大体の場合24時間ごとに交代して勤務することが多いです。

そのため睡眠などのリズムが崩れやすいですが、人命救助を担うため、しっかり体調管理をする必要があります。

病院の救急外来やICU勤務の場合は、勤務形態や勤務先によっても違いがありますが、シフト制で2交代制または3交代制のことが多いようです。

3交代制ですと、2交代制勤務よりは一回ごとの勤務時間は短く済みますが、2交代制と比べても体のリズムが崩れやすいといわれています。

救急救命士の求人・就職状況・需要

「救命救急士枠」に応募できると有利

救命救急士の求人は、消防署の場合、志望者が多いこと、公務員試験を受けなくてはならないことなどから比較的難関であると言われています。

しかし、自治体によっては「救命救急士枠」といって、救命救急士の有資格者の採用枠を設けているところもあり、その場合はかなり就職が楽になるようです。

その他、病院勤務や訪問診療スタッフ、介護タクシーのスタッフ、介護施設スタッフなど、救命救急士を求めている施設は比較的多くあります。

救急救命士の転職状況・未経験採用

病院などに転職する人もいる

救命救急士の養成学校卒業者の多くは、消防署勤務を志望する人が多いですが、はじめは病院などに就職し、そのあと消防署に転職する人もいます。

もともと消防署志望だったが不採用になったため、医療機関などで実務経験を積み、再度就職試験に挑むといったかたちです。

また、看護師免許を持っている人が救急救命士の国家資格も取得し、消防に転職することもあるようです。

救急救命士には許されていないが、特定研修を受けた看護師には許される特定行為があるため、ダブルライセンスで働く救急隊員により、助かる命がより多くなることが期待されています。

救急救命士の現状と将来性・今後の見通し

救急救命士は増加傾向にある

救急医療の充実が課題となっている今、医療現場において救急救命士に期待される役割は高まっています。

子どもからお年寄りまで幅広い世代の人を相手にするため、細やかな気配りや気遣いができる救急救命士が求められています。

肉体的、精神的にハードな仕事ではありますが、女性救急救命士のさらなる活躍も期待されています。

また、今後少しずつ看護師の特定行為の範囲を広げていこうとする動きがあり、看護師の資格を所持した救急救命士も増えることが予想されます。

各自治体では救急救命士を含めた救急隊員の増加に乗り出す傾向にあり、今後も需要は高まるものと思われます。