検事のつらいこと・大変なこと・苦労

検事のつらいこと・大変なこと

責任の重さ

検事は大変重い責任と権限を持った職業です。

検事のやりがいでもある反面、その責任がつらさになる場合もあります。

起訴すれば間違いなく被疑者の人生を左右しますし、被害者やその家族、被疑者の家族などにも影響を与えます。

万が一にもあってはいけませんが、無罪の被疑者を起訴してしまえば社会的な影響も大きく、関係者すべての人を傷つける事態にもなります。

そうならないために捜査と取り調べは慎重に慎重を重ねますが、精神的にもつらい日々の連続になるのが検事のつらさといえます。

勤務時間が長く、転勤も多い

勤務場所にもよりますが、基本的に検事の勤務時間は長いです。

終電間近になることは頻繁にあるでしょうし、休日に出勤することもあります。

全体的に検事は人手不足といわれており、一人当たりの担当事件が多いためどうしても勤務時間は長めになってしまうようです。

また検事は転勤が多いのも特徴です。

2年ごとに転勤する機会があるため一カ所に腰を落ち着かせて働くことが難しい職業です。

ある地域に長くいることで特定勢力と密な関係になることを防ぐためでもありますが、本人の苦労はもちろん、家族にも負担をかけてしまうのが悩みでもあるようです。

検事の悩み

検事の仕事上での悩みは、重い決断の連続であることが第一に挙げられるでしょう。

上司や同僚、検察事務官にも相談しつつ判断を下すわけですが、最終的な起訴権限は担当検事が持っています。

自分の判断に誤りがないか日々悩み続けるのが検事の仕事といえます。

ほかに挙げるとすれば効率的な働き方をしなければいけないのも検事の悩みでしょう。

人によっては20も30も事件を担当するため、それらすべての捜査や被疑者取り調べ、裁判での立証を行います。

加えて資料作成や起訴状作成、取り調べのための調査や裁判準備など、事務仕事も多く検事にのしかかってきますのでいかに効率よく仕事をこなしていくかも悩みのひとつといえるでしょう。

検事を辞める理由で多いものは?

検事を辞める理由はほかの職業同様、人それぞれです。

理由を挙げるとすれば、冒頭でも書いたように責任の重さと激務がつらくなり辞めるケースは多いでしょう。

多方面からのプレッシャーがずっと続くのに耐えられないのは検事に限ったことではありませんが、人の人生を左右する判断を下すには相当の覚悟が必要でしょうし、プレッシャーも大きいでしょう。

長時間勤務や転勤の多さなども重なり、検事をやめる人もいるようです。

ほかにも上司や人事への不満、家庭の事情なども理由として挙げられ、やめるきっかけはおおむね職業を問わず似ているといえます。