高校教師への転職・未経験採用はある?

高校教師への転職状況は?

学生時代に高校教師を目指して教員免許を取得したものの、教員採用試験に不合格となったため、結果的に一般企業に就職する人は少なくありません。

社会人経験を積むなかで、やはり教育者として働きたいと思うようになり、高校教師への転職を考えるケースがあります。

また、一般企業で教育関連の仕事に携わっているうちに高校教師に憧れを抱くようになり、働きながら通信制で教員免許を取得し、教員採用試験にチャレンジするといった人も見られます。

社会人から高校教師を目指す人のなかには、夢を捨て切れずに毎年採用試験を受験している人もいます。

最近では、教員採用試験の受験可能年齢を引き上げる自治体も増えているため、社会人経験を積んでから高校教師への転職を目指すことも十分に可能です。

高校教師の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

未経験・社会人から高校教師になるには

高校教師への転職は可能とはいえ、各自治体での採用枠はそこまで多くなく、狭き門となっています。

とくに働きながら教員採用試験合格を目指すとなると、一次試験の筆記試験対策が難しくなるでしょう。

大学生と比べると勉強する時間が思うようにとれず、苦労する人が多いです。

一方、私立高校の教員募集に関しては、「卒業生枠」と「外部枠」の二つがあり、もし縁のある高校であれば、書類選考や面接時に有利に働くことも少なくありません。

たとえ縁がなくとも、競争倍率は公立の試験と比べると低い傾向にあるため、まずは自分が住んでいる地域の私立高校の求人を探してみるとよいでしょう。

高校教師への転職に必要な資格・有利な資格

高校教師を目指すのなら、新卒者・既卒者ともに、高校の教員免許の取得が必須です。

そのうえで、教員採用試験に合格しなくてはなりません。

社会人からの受験が新卒と比べ厳しいといわれるのは、学生のように勉強に割ける時間がとりにくく、筆記試験通過が難しいからです。

教員採用試験の勉強には時間がかかるため、働きながら高校教師に転職を考えている人は、仕事と両立しながら計画的に勉強を進めることが必要です。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

高校教師への転職に役立つ職務経験は?

教育とはあまり関係のない一般企業の会社員が、高校教師に転職することもあります。

教師になるうえでは、コミュニケーション能力、問題解決能力、洞察力、管理能力などさまざまなスキルが求められるため、自分が今までしてきた仕事と照らし合わせ、生かせる部分がないかを考えてみましょう。

どのような経験・スキルでも、「〇〇の経験・スキルを教師として、どんなふうに生かしたいか」としっかり理由をつけて話すことができれば、自己PRになります。

高校教師への転職面接で気をつけるべきことは?

民間企業できちんと働き、社会人として成長した経験は、面接では有利に受け止められると考えておいて問題ありません。

ただ、教育とはまったく関係ない企業からの転職となると、どうして高校教師に転職したいのかは確実に問われます。

そこでしっかりとした理由を話せるかどうかが、合否にも影響してきます。

「なんとなく」や「憧れているから」など軽い気持ちではなく、誰が聞いても納得できるような、明確な志望動機を語れるように考えておきましょう。

高校教師に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

自治体が実施する教員採用試験の年齢制限は、自治体によって異なります。

近年は社会人や民間企業を経験した人の採用が活発化しており、年齢制限は撤廃されつつあります。

ただ、一部の自治体では「40歳になるまで」などの制限を設けているところがあるため、希望の自治体の情報を調べておきましょう。

未経験から高校教師の転職での志望動機

未経験から高校教師へ転職する場合、新卒と同じような志望動機では「弱い」と感じられてしまうかもしれません。

一度社会へ出た経験をどのように生かすのか、社会人として教師という職業をどのように見ているかなど、新たな視点を取り入れることで、ほかの人と差をつけることができるでしょう。