高校教師への転職・未経験採用はある?

高校教師への転職状況は?

学生時代には高校教師を目指して教員免許を取得まではしたけど、採用試験に落ちて結局一般企業に就職したという方は多いです。

教育関連の仕事に携わっている人の中には、高校教師に憧れを抱いて通信制で資格を取得し、採用試験にチャレンジしている人もいることでしょう。

高校教師への転職の志望動機で多いものは?

教師というのは、公務員のなかでも特別な仕事のため、教師になりたいという強い思いや憧れを社会人になっても持ち続けている人が非常に多いです。

社会人から高校教師を目指す人のなかには、夢を捨て切れずに毎年採用試験を受験している人もいます。

高校教師の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から高校教師になるには

公立高校はまだまだ採用枠が少なく、狭き門となっています。

特に普段は一般企業に勤めている方ならば一次試験の筆記試験対策が難しく、大学生と比べると勉強する時間がなく不利な立場になるためふるい落とされてしまいがちです。

そこでおすすめなのが私立高校です。

私立高校が複数人教員を募集する場合は、卒業生枠と外部枠の二つがあり、もし縁のある高校であれば書類選考、面接の時に有利に働くことも少なくありません。

たとえ縁がなくとも、競争倍率は公立と比べると低い傾向にあるため、まずは自分が住んでいる地域の私立高校の求人を探してみるとよいでしょう。

高校教師への転職に必要な資格・有利な資格

高校教師を目指す場合には社会人になっていたとしても、学生時代に教員免許を取得していることが前提となります。

社会人からの受験が新卒と比べ厳しいのは、学生のように1日に割ける時間が少なく筆記試験が難しいといわれているからです。

教員採用試験の勉強をするには時間がかかりますので、高校教師に転職を考えている方は仕事と両立をしながらこつこつと勉強を進めることが必要です。

高校教師への転職に役立つ職務経験は?

教育とは何の関係もない一般企業のサラリーマンが高校教師に転職することもあります。

教師になる上では、コミュニケーション能力、問題解決能力、洞察力、管理能力などさまざまなことが求められるため、自分が今までしてきた仕事と照らし合わせ、生かせる部分がないかを考えることが必要です。

たとえどんな能力だとしても、「この力や経験を教師として生かしたい」としっかりと理由をつけて話すことができれば、自己PRになるでしょう。

高校教師への転職面接で気をつけるべきことは?

民間企業で働いてきた経験は面接では有利に受け止められるでしょうし、まったく関係ない企業からどうして高校教師に転職する気になったのかは面接でも興味を惹くでしょう。

そこでしっかりとした理由を話すことができれば、かなり好感を持ってもらえるでしょう。

さらに面接官を頷かせるような自己PRや志望動機を話すことができれば、より採用に近づくことができるといえます。

高校教師に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

教員採用試験の年齢制限は、自治体によって異なります。

近年は社会人や民間企業を経験した人の採用も以前より受け入れる傾向にあり、年齢制限は撤廃されつつありますが、希望の自治体の受験要綱をしっかりと調べておく必要があるでしょう。

未経験から高校教師の転職での志望動機

未経験から高校教師へ転職する場合、新卒と同じような志望動機では弱いと感じられてしまうかもしれません。

一度社会へ出た経験をどのように生かすのか、社会人として教師という職業をどのように見ているかなど、新たな視点を取り入れることでほかの人と差をつけることができるでしょう。