ベビーシッターになるには

ベビーシッターになるには

正社員のベビーシッターは少ない

ベビーシッターは、正社員としての募集はあまり多くないのが実情であり、大半は「アルバイト・パートや契約社員として働いています。

多くの場合、まずはベビーシッターサービスを派遣する会社に応募し、自分が希望する勤務条件を伝え、スタッフ登録を行います。

その後、条件に見合う仕事が入れば会社から紹介を受けて、依頼者の家庭に向かうといった形で働くことになります。

一方、数はあまり多くありませんが、民間の保育所や企業内託児所に就職し、正社員あるいは契約社員として働く人もいます。

働く女性が増えている都市部ではベビーシッターのニーズが高まり、仕事が比較的豊富にあるとされていますが、地方でベビーシッターを募集しているところはあまり多くないようです。

ベビーシッターとして働くための主な流れ

1.ベビーシッターの求人情報を探して応募する
2.書類(履歴書等)を提出する
3.説明会に参加し、面接を受ける
4.合格後、研修を受ける(1日から一週間程度)
5.スタッフとして登録され、仕事をスタート

ベビーシッターの派遣を行う会社はいくつも存在し、求人情報は、これらの会社のWebサイトや求人誌、ハローワークでも見つけることができるでしょう。

また、直接会社に電話をして問い合わせてみるという方法もあります。

ベビーシッターが活躍できる場は?

ベビーシッターは、お客さまのニーズに応じて、さまざまな場所で働きます。

依頼者の自宅を訪れて子どもの面倒を見るだけでなく、ベビーシッターの自宅で子どもを預かるケースもあります。

さらに、民間の託児所や家庭保育園、企業内の託児施設、デパート・ホテル・イベント会場等でも活躍しています。

ベビーシッターに試験はある?

ベビーシッターの求人に応募すると、まず「履歴書の送付」を求められ、説明会を兼ねた登録会を行うことが多くなっています。

その場では同時に面接も行われ、希望の勤務条件や経験、資格などについて会社に伝えます。

そこで問題がなければ合格となりますが、仕事をスタートする前には、各会社が用意している研修を受けるのが一般的です。

研修では、依頼者のご家庭に向かうときの心構えや態度、注意点などを学び、研修期間は1日から一週間程度のところが多いようです。

これらの内容をきちんと理解できたらベビーシッターとして登録され、仕事を始めることができます。

ベビーシッターの資格・難易度

保育系の資格があると有利

ベビーシッターは、特別な資格が求められる職業ではありません。
また、保育士や幼稚園教諭とは異なり、特定の専門学校や大学等を出ていなくても、ベビーシッターと名乗り、仕事をすることは可能です。

しかし、いざ仕事として保育に関わっていくのは、そう簡単なことでもありません。

そこで、保育士の資格や幼稚園教諭の免許状を取得していたり、ベビーシッターの民間資格である全国保育サービス協会の「認定ベビーシッター資格」を取得していると、ベビーシッターとしての就職先を探すときに有利になったり、お客さまからの信頼も集めやすくなります。

また、子どもの急な体調変化があった場合に備えて、「看護師」の国家資格を持つ人も優遇されることがあります。

資格を取得しておくべき?

ベビーシッターは、仕事としては未経験でも子育て経験や、集団保育の経験がある人が優遇されることが多いです。

近年はベビーシッターの需要が高まっているため、経験がなくても採用されることも増えていますが、「子どもの世話をする」というのは、決して簡単なことではありません。

ベビーシッターとして働いてみたいけれど不安もあるという人は、民間のベビーシッター養成講座を受けて基礎的なことを学んだり、ボランティアや短期アルバイトとして保育の現場を経験してみたりすると、安心して仕事を始められるかもしれません

ベビーシッターになるための学校の種類

医師には医師免許、教員には教員免許といったようにベビーシッターになるために必須の資格はありません。

したがってどのような学校からでもベビーシッターを目指すことが可能です。

ベビーシッターを目指す人は乳幼児の保育に関心を持ち、その分野での活躍を目指すことから、保育士の資格を取得するための大学・短大・専門学校などで学ぶのが一般的です。

その他、幼稚園教諭、小学校教諭、看護師、助産師といった資格を取得できる学校を卒業した人も業界では有資格者として活躍しています。

ベビーシッターに向いている人

まず「子どもが好き」であることが大切です。

しかし、ただ「かわいい」と思うだけでなく、「大事な子どもを守る」という責任感を持てる人であることが求められます。

また、仕事ではさまざまな個性を持つ子どもの面倒を見ることになるため、明るく、やさしく、親しみが持てるタイプの人が望ましいでしょう。

ベビーシッターの面接で確認されること

資格の有無

資格はなくても働けますが、保育士・幼稚園教諭、看護師などの資格があると有利です。

子育て経験、集団保育経験

ある人の方が有利といわれていますが、努力や熱意次第では、経験がない人も活躍しています。

喫煙・ペットの有無

タバコを吸わないことは、子供のいる家庭では重要視されます。

またペットを飼っている場合、依頼主がアレルギー体質の人の場合には断られます。

ただし、ペットの扱いに慣れている人の場合、ペットを飼っているご家庭から依頼される機会が増えることもあるようです。

ベビーシッターのキャリアプラン・キャリアパス

共働きの家庭が増えている中で、保育園や幼稚園不足による待機児童の問題はまだ解決されておらず、子どもを安心して預けることができるベビーシッターの需要は増大しています。

また、幼児教育熱が高まり、「一人ひとりの子どもに合った教育を受けさせたい」と考える保護者も増えています。

「育児経験がある」というだけでなく、教育に関する専門知識や英語力や楽器演奏など特殊技能を持ったベビーシッターは、これからさらに需要が伸びていくものと考えられます。

ベビーシッターを目指せる年齢は?

ベビーシッターは、何歳からでも目指すことができます。

子育て経験が生かせるため、子育てが落ち着いた主婦がその経験を活かして仕事をすることも少なくありません。

ただし、資格がなく子育て経験のみの場合は、医療の進歩や考え方の違いにより誤った知識を身に付けていることもあるため、しっかりと保育について勉強しなおすことが必要です。

ベビーシッターは高卒から目指せる?

専門の学生であれば可能な場合も

大学や短大、専門学校で保育士や幼稚園教諭の資格を取得できるコースを専攻している学生であれば受け入れている事業所もありますが全てではありません。

学生の間にベビーシッターの経験を積むのは場合によっては狭き門になることもありえることを心得ておきましょう。

自治体によっては子育てサポーターとして学生の登録を呼びかけているところもあります。

この場合、利用者が安心してシッティングを依頼できるように独自の研修を設け、修了者が登録されるという流れになっています。

ただし、学生不可としている自治体も多いのが実状です。

子育てサポーターへの登録を希望している人は自身の在住している自治体が学生を受け入れているかどうか調べる必要があるでしょう。

意外にもフリーが活躍の近道であることも

ベビーシッターの肩書きを名乗るのに学歴や資格は不要であるため、学生であってもフリーランスで活動することは可能です。

ベビーシッターのマッチングサービスを閲覧してみると多くの学生が登録していることが分かるでしょう。

中には保育とは関係のない分野の学生も多数シッター登録しています。

メリットとデメリット

利用者の立場で考えた場合、年齢も若く、経験の浅い学生にシッティングを依頼することに抵抗感を持つ人がいるのも現実です。

その不安感を埋めるために前述のような資格取得予定の学生であることを明示する必要が生じてくるわけです。

一方で子どもたちと歳の近い学生シッターはシッティング中に良好な関係を築きやすいため、リピートして依頼されることもあります。

学生ベビーシッターが成功する一例として、普段母親には言えないことをシッターにだけは話せるといったような信頼関係を構築できた場合が挙げられます。

時として敬遠されがちな男性シッターが重宝されることも珍しくありません。

まずはボランティアから

ベビーシッターの採用条件の筆頭は育児経験の有無です。

したがって学生の立場でベビーシッターを行おうとすることは非常に不利であるといわざるを得ません。

将来のための経験としてベビーシッターの経験をしておきたいのであれば、子育て支援施設や児童館などでボランティアとして子どもとの関わり方を学んでいく道も選択肢に入れるとよいでしょう。

ベビーシッターは男性でもなれる?

ベビーシッターは女性が中心

ベビーシッターを含む保育業界は女性が圧倒的に多いのが大きな特徴です。

シッティングを行う事業所の中には男女比が9対1というところも珍しくなく、男性シッターが在籍していないというところもあるほどです。

また、男性保育士、男性幼稚園教諭の割合も全体の10%にも満たないのが現状です。

ただし、これまでの「保母」という呼称が「保育士」に変わったこともあり、男性の保育従事者は増加してきています。

育児は女性のものという昔からのイメージが根強いのも事実ですが、そもそも子育ては男女が協力して行うもので、男性にしかできない育児の方法もあり、男性の育児参加は今後もどんどん推奨されていくことは間違いありません。

人気の高い男性シッター

男性のベビーシッターを是非頼みたいと考える依頼者も多く存在します。

体力面での強みがある男性シッターは子どもへのアプローチも非常にアクティブで、特にやんちゃざかりの男の子の保育の依頼を受けることが多くなるようです。

母親には見せない一面を男性シッターには見せられる、という側面があるのも人気の理由の一つです。

また男性ベビーシッターを頼むメリットとして、力仕事や機械のメンテナンスなどといった女性が苦手とする家事の代行もオプションとして頼むことができるということが挙げられます。

もちろんメインのシッティング業務に支障をきたさない範囲の軽いものになりますが、働く女性にとっては嬉しいポイントとなっています。

男性ベビーシッター人気が高まる反面、男性では信頼を置ききれないと考える依頼者が一定数いるのも事実で、事業所の中には無資格の男性シッターは登録不可とするところもあります。

まだ男性ベビーシッターは女性に比べると採用のハードルが高いことは覚悟しておかなくてはなりません。