数学者に向いてる人、適性

数学を心から愛していること

前項に続き、改めて明言するのも憚られますが数学という学問を心から愛していないと務まらない職業であることは想像に難くないでしょう。

難問に長期間をかけて挑むことは生半可な気持ちではなしえないことです。

過程での苦しさを含めて楽しめるくらいでちょうどいいといえるでしょう。

数学者の多くは「数学は美しい」と声を揃えます。

数学の魅力を誰よりも理解していることが求められます。

基礎を大切にできること

数学者が扱う問題は極めて高度なものです。とはいえ、これらも小学校の算数から始まる基礎能力の上に成り立っています。

どんな超難問も算数の知識なくしては解くことは不可能です。

数学は基礎を疎かにしないことが大前提です。

基礎力の定着が確固たるものであり、大切に思う心は数学者としての基本姿勢であるといえます。

柔軟な思考とひらめき

数学者が挑む難問は通常の思考では太刀打ちできないものばかりです。

基礎を大切にしながらもこれまでの常識を覆すような発想力が必要になる場面が非常に多くなります。

柔らかい頭で自由に問題に取り組む姿勢が求められるといえるでしょう。

あらゆる精神力が問われる

難易度の高い問題の場合、解析までに長期間を要することもあります。

過程で何度も失敗をし、なかなか解にたどり着けないことも珍しくありません。

それでも途中で投げ出すことなく一つの答えに向かって努力を重ねられる精神力が必要とされます。

もちろんそこには集中力や忍耐力も求められるでしょう。

意外と思われるかもしれませんがスポーツ経験のある人がそれまで培ってきた能力を発揮できるという側面もある職業なのです。

自分が正しいと信じてきたものが実は誤りだったり、他の研究者に新しい解析方法を発表されたりと、ある意味で自分を否定されたような気持ちになる場面が少なくない業界です。

まずは誤りを認め、すぐに他の方法を模索する素直さを持ちたいもの。

また、他の研究者の功績であっても数学という学問全体の発展に寄与したことを素直に称える大らかさもあるといいでしょう。

併せて、落ち込み過ぎず、すぐに切り替えられる精神力も欲しいところです。