このサイトは司書を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「司書」

仕事内容
司書は一般的に「図書館司書」と呼ばれ、地域の公立図書館や大学の図書館などで、本の管理や利用者対応などを専門的に行う仕事です。パートなどで働く図書館スタッフの多くは無資格ですが、本や図書館に関する専門知識を持ち、図書館司書の資格を得た人は「司書」として働きます。利用者に快適に使ってもらうため、書架の整理や広報活動、イベント企画・運営、図書館資料の情報を提供する「リファレンスサービス」なども重要な仕事のひとつです。
なるには
司書として働くには、基本的に図書館司書の資格を取得する必要があります。無資格でも図書館で働ける可能性はありますが、その場合は基本的にパートスタッフとしての採用です。図書館司書の資格取得方法としては、1.大学や短大で司書養成科目の単位を修得する、2.大学、短大、高等専門学校卒業後に司書講習を受ける、3.高校卒業後に司書補講習を受けて「司書補」となり、3年以上の実務経験を積み司書講習を受講する、3つが挙げられます。
給料
図書館司書の資格は比較的取得しやすいものであるため、専門職の中では給料は低めとなっています。都道府県や市町村などの公立図書館で働く場合は「地方公務員」となり、給料も待遇も安定しています。ただし、公務員採用試験を受験する必要があるほか、倍率も高くなりがちです。大学や企業の図書館の給料・待遇は職場によって異なりますが、正規職員としての採用であれば、一般的には月収20万円~30万円程度が相場となっています。
将来性
図書館司書を志望する人は多いものの、資格をとっても必ず就職先が見つかるとは限りません。欠員が出ない限りチャンスがないこともままあります。また、もし募集があっても非正規職員での採用ということも多いため、安定した生活を望む人には厳しいかもしれません。インターネットの普及で蔵書管理や検索は楽になり、司書の立場も揺らぎつつあります。司書を目指すのであれば、本が好きというだけではなく、プラスアルファの強みが求めれれるかもしれません。