考古学者のつらいこと・大変なこと・苦労

歴史の謎を解き明かす裏で、考古学者は多くの苦労を抱えています。もちろんそこにやりがいを感じる人もいるでしょう。しかし、大変な仕事であることはたしかです。

本記事では、考古学者の仕事をこなすなかでつらい・大変と感じることを紹介します。

考古学者のつらいこと・大変なこと

考古学者にとって、活動の基本となるのが発掘調査を中心とするフィールドワークです。

何もないところから遺跡や遺物を見つける作業は一見とても楽しそうですが、実際は過酷な現場であることがほとんどです。

真夏は炎天下で、真冬は凍えるような思いをしながら、作業を進めていくこともあります。

また、海外での調査を行う場合は、日本とはまったく違う生活環境の中で滞在しなくてはなりません。

調査期間はだいたい事前に決められており、その期間で効率よく作業を進めなければなりません。
制限のある中で最大限の成果を上げるには、深い知識や経験、実力が求められますから、常に勉強を続け専門性を高める必要があります。

同時に、思うような成果が出ないときにも根気よく、諦めずに作業を続けてなくてはならず、苦労が絶えない仕事です。

考古学者の悩み

テレビや映画で見る考古学者の姿に憧れて、将来は自分も研究をやってみたいと思う人も多いかもしれませんが、実は考古学者として職に就くのは簡単ではありません。

考古学を専門に学び、その知識を生かして仕事をしたい場合は、以下のようなを働き方を目指します。

  • 博物館の学芸員
  • 大学の教授
  • 教育委員会の文化財保護課などへ就職

しかし、これらの職場における採用募集人数はかなり少なく、大学で学んだ考古学の知識だけで大きく優遇されるケースはあまりないというのが実情です。

希望する仕事が見つからない場合、アルバイトをして最低限必要なお金を稼ぎながら発掘調査に携わる人もいますが、残念ながら夢を諦めてまったく別の道に進む人も少なくありません。

考古学者として成功したい場合は、大学院に進み、有名な教授の下で論文を書いたり、研究に深く携わったりするなど実績を残す努力が不可欠となります。

それでも、一般的に1年や2年で大きな成果を上げることはまれで、生活の保証がない中で日々諦めずに地道な努力を続けていくのは大変なことです。

考古学者を辞める理由で多いものは?

考古学を志す人の多くは、就職の段階で躓く人がほとんどです。

大学で考古学を専門にしているところは少なく、さらに考古学を学んだ人が専門知識を生かして就職できる場所は非常に限られるため、まず考古学者になること自体が狭き門です。

また、せっかく考古学を生かせる環境に就職したとしても、思うように研究できなかったり成果を上げられなかったりといった理由で仕事を辞してしまう人が多いようです。

考古学に限ったことではありませんが、現在の日本では特定の研究を続けながら生計を立てるのは非常に難しいのが現状です。

考古学者の苦労のまとめ

考古学者は過酷な現場で、調査期間内に効率よく発掘作業を進めなければなりません。

制限のある中で最大限の成果を上げるには、深い知識や経験、実力が求められますから、常に勉強を続け専門性を高める必要があります。

また、そもそも考古学者になること自体が狭き門で、仮に大学院へ進み有名な教授の下で研鑽を重ねたとしても一般的に1年や2年で大きな成果を上げることはまれです。

考古学者を辞める理由としては、思うように研究できない、成果を上げられなかったといったことが挙げられます。