研究者の仕事内容

研究者の仕事とは

研究者は、主に科学技術分野において、新たな発見を求めて研究を行う仕事です。

現代社会で生きる私たちは、昔に比べると格段に便利で豊かな生活を送ることができています。

それを支えているのは、長い歴史の中で生み出されてきたさまざまな科学技術です。

たとえば、病気やケガを治療することができる優れた医薬品と医療技術、安全な乗り物を実現するための運転制御システム、安全な食品を作り出すための食品加工技術などは今や生活に欠かせません。

また、地震大国である日本においては、地震や噴火という自然災害に立ち向かうための研究も、人々の命を守る上で必要不可欠です。

こうしたさまざまな分野でそれぞれの研究を行い、新たな知見を発表し、現代社会に生かしていくのが研究者のつとめです。

研究者の業務の内容

研究者の専攻分野は、理系文系に関わらず非常に細かく分かれているのが一般的です。

たとえば、工学ひとつでも「安全工学」「遺伝子工学」「宇宙工学」「海洋工学」「原子力工学」「食品工学」「耐震工学」と、数十にも及ぶ分野に細分化されています。

このように細かく分かれた専門の中で、さらに自分だけのテーマや達成すべき課題を決めることからスタートし、実験をしたり調査をしたりしてデータを収集しながら、新たな発見につなげていきます。

膨大な予算や長期的なスパンでのスケジュールを組みながら研究を行うことになるので、思うような成果が出せないときには丁寧に計画を見直すことが必要です。

優れた発見をした場合は学会で発表したり学術誌に投稿したりするなどして、大々的に世間に成果を発表することもあります。

近年では日本からもノーベル賞の受賞者が相次いでおり、若い研究者たちにとって大きな刺激となっています。

研究者の役割

真理の探究

人間はもともと「もっと新しいことを知りたい」「これまでにないことに挑戦したい」という欲求を持っています。

こうした「真理の探究」という知的欲求は、どれだけ技術が進化し続けても人間の根底にあり続けるものです。

そして研究の成果は、人間全体の財産として、文化的・科学的な面から日常生活を支え、わたしたちの暮らしを豊かにしていきます。

学術研究は、人間の知的欲求を満たすものであるとともに、人類全体の発展につながるものです。

世界の学術研究の向上

日本における研究水準は、世界的にも高く、最先端の技術を扱う研究所や、その分野の第一線で活躍している研究者も多くいます。

こうした研究者の活躍は日本の研究水準を向上させるだけでなく、世界全体の学術研究の推進に大きな役割を果たします。

日本の研究者は、自身が所属する大学や研究所だけでなく、日本全体、果ては世界全体の研究の発展に貢献しているのです。

研究者の勤務先の種類

大学や国立研究所などの研究機関に勤めている人もいれば、医薬品メーカーや製薬メーカー、食品メーカーなどの民間企業に勤めながら研究をしている人もいます。

たいていの場合「研究者」という求人はなく、勤務先や所属に関わらず研究職に就いている人のことを「研究者」と呼んでいます。

研究者の就職先・活躍の場

研究者の仕事の流れ

研究者にとって主な仕事は、研究内容を論文にまとめ、発表することです。

実験や研究を行い、その結果を論文にまとめることで、世間に広く知ってもらいます。

研究者の研究をもとに、新たな製品がつくられたり、これまでにない知見が発見されたりします。

研究者自身は、発表した論文が評価されることで地位が上がっていきます。