ベビーシッターへの転職・未経験からなるには?

ベビーシッターへの転職状況は?

ベビーシッターに転職する人の前職は、やはり保育や子どもに関わる職業が多いようです。

たとえば保育士幼稚園教諭として働いた経験を持つ人であれば、子どもと接することに慣れているため、ベビーシッターとしても即戦力になれるでしょう。

ただし、注意したいのは、ベビーシッターは正社員の募集が少ないということです。

もちろん、正社員の募集を行うベビーシッター会社や民間の託児施設もあるものの、全体的に見ると、この仕事は派遣社員やアルバイト・パートとして働く人も多くなっているため、転職したいと思っても、就職先がうまく見つかるとは限りません。

とはいえ、ベビーシッターは近年需要が急速に高まっているため、人手を欲している会社も増えているようです。

ベビーシッターへの転職の志望動機で多いものは?

他の仕事に就いていたけれど、「子どもが好き」といった理由でベビーシッターへの転職を考える人がいます。

また、数年間を育児に費やした後、再度社会に出たいと考え、ベビーシッターを目指す人もいます。

育児経験はベビーシッターにとって最大の武器であるといっても過言ではありません。

女性が働きやすい世の中になってきているとはいえ、結婚や出産を機に職を離れる人は少なくないなか、デメリットになりがちなブランク期間をあえて生かすことのできる業界であるといえます。

また非常勤採用が多いゆえに、時間に融通がきき、家庭との両立が図りやすいこともメリットの一つです。

ベビーシッターの志望動機・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からベビーシッターになるには

もちろんこれまで子どもとはまったく関係ない仕事に就いていたという人でも、ベビーシッターになることができます。

実際、派遣社員やアルバイト・パートであれば「未経験者OK」という会社も多く、各社では事前研修が用意されていますので、研修を受ければ、あとは先輩と一緒に現場に出ながら徐々にスキルアップしていくことができます。

とはいえ、いざ子どもの面倒をみることになれば、育児や健康などに関する知識は欠かせません。

不安要素を少しでもなくしておくために、まったく育児や保育の経験がない人は、民間のベビーシッター養成講座に通ったり、子どもの世話をするボランティア活動をしたりして、基礎的なことを身に付けてから転職するという人も多いようです。

ベビーシッターへの転職に必要な資格・有利な資格

保育士や幼稚園教諭の資格・免許状取得者をはじめ、子どもの世話をすることから看護師の免許を持っている人なども、優先して採用されることが多いです。

また、最近では子どもの世話をしながら、英語などの外国語や楽器、絵画などを教えるベビーシッターの需要も高まっています。

外国語教師やピアノの先生などの経験を持つ人なども、ベビーシッターとして活躍しやすいでしょう。

ベビーシッターへの転職に役立つ職務経験は?

保育士や幼稚園教諭など、子どもと関わる仕事をしていた人は非常に有利となります。

また前職が全くの異業種であっても、家庭内で家事や育児の経験がある人は大きな強みになります。

採用する側もベビーシッターが未経験であっても家事・育児経験のある人には期待を寄せています。

主婦としてがんばってきた経験が転職活動に生かせる業種はそう多くないため、こうした日常の経験が生かせるのはベビーシッター業界ならではの特徴であるといえます。

ベビーシッターへの転職面接で気をつけるべきことは?

ベビーシッターへ転職する際、前職での保育経験や自分の育児経験と同様のことをしたいと話す人は多くいます。

ただし、ベビーシッターとして働く際はその子どもの個性や環境、保護者の要望に沿って働かなくてはなりません。

どれだけ自分がこうしたいと思っても、依頼者が望まないことはしてはいけないのです。

自分の経験を大切にすることは重要ですが、臨機応変に対応することやその子一人ひとりに合った世話の仕方ができることをアピールしなくてはなりません。

ベビーシッターに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

ベビーシッターは何歳でも働くことができ、体力に自信さえあれば60代、70代になっても活躍することができます。

ただし、年齢を重ねてからベビーシッターを目指す場合は、子どもについての知識やそれを取り巻く環境について再度勉強しておいた方がよいでしょう。

子どもに関する知識は世代で大きく異なるため、過去の常識が今の非常識となっていることも少なくありません。

ベビーシッターとして働く場合は、常に最新の情報を得る必要があります。

未経験からベビーシッターの転職での志望動機

志望動機の考え方

ベビーシッターの志望動機として子どもが好きということは大切なことです。

ただし、保護者から大切な子どもを預かると言う仕事は、子どもが好きなだけでは務まりません。

家族と同様に子どもを愛して世話をすること、そして子どもの安全を守ることをしっかりとアピールすることが大切です。

また、未経験者の中には子育て経験をアピールする人も多いですが、自分の子育てとベビーシッターの仕事は違うということをしっかり知っておくことが必要です。

依頼者の要望に応え、企業の方針に沿った働き方ができるということもアピール材料となります。

志望動機の例文

「自分も育児中にベビーシッターサービスを利用させていただきました。

育児中の息抜きや急な仕事なども対応することができ、非常に感謝しています。

子育てがひと段落したいま、自分も同じように人の役に立ちたいと思うようになりました。

さまざまな事情で子どもを預かってほしいという人のニーズに応え、育児経験を活かして保護者からも信頼を得られるベビーシッターとして働きたいと思います。」